夢中文庫

イケメン坊主と淫らな修行

hanabusakannon01s
  • 作家花房観音
  • イラスト雨野森
  • 販売日2012/9/21
  • 販売価格200円

「淫らな方ですね―そんな女性を極楽往生させるのも我々のつとめなのです」栄徳はそう言って、顔を彩音の股の間にぴったりと密着させた……結婚まで考えていた恋人に別れを告げられれ、ひとり傷心旅行に来ていた京都の寺で、彩音はまるでこの世の人ではないかのような、清廉なオーラをまとっている美青年僧に出会う。栄徳に宿泊を許されたお寺の本堂で、湯あみを終えた彼女を待っていたのは、礼節のあるうら若い美僧たちだった!

澄んだ瞳、艶やかな肌、薄い口びる――遊ばず、ひたすら修行にあけくれ、一心に仏様に仕えているから、こんなにも清廉せいれんな雰囲気を彼らはまとっているのだろうか。

裸になり、私にまたがって腰を動かしていながらも、その清らかさと美しさは変わらない。

「ぁあっ! いいぃっ! おかしくなっちゃうっ!!

私だけが、我を失い、理性なんてほとんど無くなりかけて、大声を出している。

つかれるたびに、奥に届いている感触があり、声がうらがえってしまう。

恥ずかしい――

しかも、こんなに乱れている私を見つめている清浄な空気をまとった男は、私の中を貫いている目の前の人だけではないのだ。

「さぁ、皆も極楽浄土へ導いてさしあげましょう――」

私の上で腰をふる男が、そう言うと、周りの男たちが、いっせいに手を伸ばしてきた。

私の胸や腕や足に――仏様を拝むような光を瞳にたたえた男たちが――

オススメ書籍

ayuzakiharuka03_muchu

恋人ごっこ~強引副社長と思わせぶりな秘め事~

著者あゆざき悠
イラスト炎かりよ

「彼女の振りをしてくれ」高校の時に恋人の振りを頼まれた杏奈。卒業と同時に終わったはずの関係が、六年を経て再び「恋人の振り」をすることに。密かに思いを寄せていた慧斗に対し、杏奈は複雑な想いを絡ませる。それだけでも充分悩みの種だというのに、親友朋子の様子がなんだかおかしい。朋子になんでも相談したいのにできない、そして何も相談してもらえない。どうしてこんなことになってしまうのだろうと悩むけれど答えは見つからず……。そんな折、慧斗が突然「もう遠慮はしない」と宣言。仕事中なのにキスの嵐。どうしよう、頭が急展開に追いつかない――熱っぽい彼の視線にドキドキさせられっぱなしの杏奈はついに――。

この作品の詳細はこちら