夢中文庫

一夜で恋に落ちました~ちょっぴりSで、とてもやさしい彼と再会らぶ~

  • 作家ひなの琴莉
  • イラストまろ
  • 販売日2016/04/11
  • 販売価格400円

「5年後の今日。美月の誕生日にもう一度、あの駅で会おう。その時、結婚しよう」初めて会った人なのに、こんなに惹かれるなんて…。しかも、失恋した日なのに、彼に心を奪われてバージンまで捧げてしまった。お互いの夢を叶えたら再会することを約束し…5年後――。会うことは、できなかった。お互いの人生が絡み合うことがないと思っていたのに、ひょんなことがきっかけで再会したのだ。「会いに来てくれなくて、俺は傷ついてたんだ。詫びてくれよ」と言われて、身体の関係になってしまう。ちょっぴりSで、とてもやさしくて、しっかり夢を叶えて一人前の男性に成長した絢斗に、再び恋をしたのだけれど…。再会系、甘ラブストーリー。

プロローグ
たくさんの人が行き交う駅前で彼氏の到着を待っているが、約束の時間をすでに30分も過ぎているのに連絡はない。
3月5日──。日が暮れたこの時間は、まだ寒くて指先が冷たくなった。
高校二年生から付き合い、お互いに別の大学に行っても交際は続いている。付き合いはじめた頃から『えっちは、ハタチの誕生日でね』と約束していた。
友達からは「はやくやらせてあげないと、浮気されちゃうよ」と言われていたけれど、強引に迫られたことはないし、ピュアな恋愛を貫き通せると信じている。
今日でハタチになった私は、いつもよりしっかりと化粧をしてお洒落な格好をした。下着にも気合いを入れている。アルバイトしてお金を貯めて購入した、セクシーなヒモパンだ。ミニスカートなので、ヒモが解けてしまわないか内心ハラハラしている。でも、彼が喜んでくれるなら……と、意気込んできた。
スマホに彼から着信があり、やっときてくれたと安堵して通話を押した。
「もしもし、ついた? いま、どこら辺?」
『……まだ、ついてない。っていうか、行かないから』
「え?」
『本当は、美月(みづき)のバージン奪ってから別れようかと思ったんだけど、熱出て無理。さすがの俺もやれないわ』
話の内容が把握できない。
頭が真っ白になり、目を白黒させる。夢でも見ているのだろうか。
『お前さぁ、付き合ってるのに、お預けって何様なの? 悪いけど、美月みたいな女は無理。俺、付き合ってる子いるんだ。じゃあ、元気で、さよなら』
「ちょっと待って!」
電話を切られてしまい、すぐに掛け直すがもう繋がらない。
「……なんで」
人混みの中、私は呆然と立ちすくんでいた。

あまりにも悲しすぎて、どうやってここにたどり着いたかわからない。
気がつけば、バーのカウンターでひとり、初飲酒をしていた。
酔っ払うというのは、こんな風にふわふわして、身体(からだ)が熱くなることをいうのか。この薄暗い照明がアルコールの酔いをはやめている気がするけれど、気のせい?
さきほどまで、お客さんが数組いたけれどほとんど帰ってしまい私ひとりだけだ。
「大丈夫?」
カウンター越しから声をかけてくれたのは、長身でモデル体型なイケメンさん。真っ黒な二重の瞳と凛々しい眉毛。高い鼻に形のいい唇。童顔に見えるけど、顎にさり気なくあるホクロがセクシーで大人っぽい。私より少し年上だろうか?
何も答えないで泣いていると、ほほ笑みかけてくれる。
「もしかして、失恋しちゃったパターン? しかも、人生初の?」
図星だったから、ピクッと眉が動いてしまった。夜のお仕事をしている人って人生経験豊富そうだ。(勝手なイメージだけど……)
「経験、経験! ほら、これ食べて元気出して」
注文してないのに、目の前に美味しそうなナポリタンが置かれる。おそるおそる顔を上げてイケメンさんを見る。
「これご馳走するよ。食べたら元気出るさ」
マスターが彼の隣でにこっとしてくれた。いい人そうだけど信用していいのだろうか。人に裏切られたばかりで、気が滅入っている。
「絢斗(あやと)のスパゲッティーは絶品なんだ。食べてごらん」
お言葉に甘えて、いただくことにした。たとえ、毒が盛られていてもいい。死んじゃってもいい。完全に自暴自棄だ。
口に入れてびっくり。旨味が口の中に広がり、思わず笑みがこぼれた。
「すごい、美味しいれすっ」
酔っ払って、もうすでにろれつが回らない。
ぺろっと平らげた私は、さらにアルコールのおかわりを注文する。
どんどん飲んで嫌なことは忘れてしまいたい。
呆れたような顔をしてマスターがカクテルを出してくれる。
「絢斗、この子ひとりで帰らせると危ないから、送ってあげたら?」
「わかりました」
カウンターから出てきた絢斗さんが、私の肩にパステルピンクのコートをかけてくれる。
「帰るぞ」
「……はぁい」
ふらふらする足取りで歩き出し、絢斗さんとバーを出た。

ご意見・ご感想

編集部

初めて会ってその日のうちに惹かれあう…素敵な運命。*:゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜:。*。
夢を叶えるため、二人とも強い気持ちを持ってるーーー(うっとり)

う、うそ…会えなかったの!?
再会の約束が果たされなかったのも、私達の生活の中に普通に存在する理由だから、
なんだか心が痛くなってきてしまいます(泣)

でも、それだけじゃない!
そこで終わりじゃない!

幸せになろうって思う二人の息遣いを感じながら、ぜひお楽しみ下さい!!
(絢斗さん、なかなかの攻め師です(笑))

2016年4月11日 4:04 PM

ひなの琴莉

作者のひなの琴莉です♪

いつも、読んでくださっている皆様、ありがとうございます!
そして、お初の皆様、どうぞよろしくお願いします!

今回のテーマは『一途&再会らぶ』です。
そして『超絶ロマンティスト』が登場するお話!

作者的には、
ヒーローのちょっと、意地悪な口調が好きです。
でも、やさしくフォローしてくれる☆

で、イケメン☆

イケメン☆ イケメン☆

再会ラブストーリーなので
しっとり系かと思いきや……!!!
キャラクターのおかげで、明るめに仕上がっています☆

ちょっぴりSなヒーローとの、再会らぶをお楽しみください!

2016年4月12日 4:49 PM

オススメ書籍

イケメン坊主と淫らな修行

著者花房観音
イラスト雨野森

「淫らな方ですね―そんな女性を極楽往生させるのも我々のつとめなのです」栄徳はそう言って、顔を彩音の股の間にぴったりと密着させた……結婚まで考えていた恋人に別れを告げられれ、ひとり傷心旅行に来ていた京都の寺で、彩音はまるでこの世の人ではないかのような、清廉なオーラをまとっている美青年僧に出会う。栄徳に宿泊を許されたお寺の本堂で、湯あみを終えた彼女を待っていたのは、礼節のあるうら若い美僧たちだった!

この作品の詳細はこちら