夢中文庫

諦め恋のひっかき傷←強引上司に舐められてます

  • 作家桐野りの
  • イラスト一味ゆづる
  • 販売日2017/09/08
  • 販売価格300円

あのひっかき傷は絶対気の強い美女よ――
端正なルックスに完璧な仕事ぶりの麻生誠主任、その首には爪の痕が。
誠のファンであるOL達は爪の長い彼女に付けられたと噂している。
でも薬師寺沙羅はある日意外な姿の誠を目にし傷を付けた犯人を知った、可愛い「カレン」だと。
沙羅は恋をする余裕などないのに、その日以降カレンを預かり誠との距離を縮めてゆく。
カレンに振り回される誠をヘタレ扱いしたため本気モードONにしてしまい、甘くキスをされる。
意地になるほど抑えられない「本当は好き」という気持ち。
遠慮なく責めてくる誠に溶かされ、沙羅はこれ以上本音を隠しておけなくなって?
カレンが引き寄せる素直な恋には思わぬ幸せがもう一つ!

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

◆一話
 薬師寺(やくしじ)紗羅(さら)が昼食を終えフロアに戻ると、主任の麻生(あそう)誠(まこと)が紗羅のシャーペンをつまみ、指先でくるくると回しているのに出くわした。
 キャップトップの猫のオブジェが、誠の鼻先で高速回転している。
「主任、私の猫にゃんに何すんですか。動物虐待はダメですよ」
 紗羅は彼の手からペンを奪った。
「猫にゃん? なんだそれ」
 誠は綺麗な形の眉をひそめた。
「マンチカンがモデルのゆるキャラです。これ、限定商品なんですよ」
 オブジェの猫耳を撫でながら、紗羅はそう説明した。
 このシャーペンは一週間前、ネット通販で手に入れたものだ。
 販売開始30分前からパソコンの前にスタンバイしてゲットしたが、その後10分で売り切れたという、好事家(こうずか)には垂涎(すいぜん)の的なレア物である。
「というわけで『猫にゃんシャープペンシル』は私の宝物なんです。たとえ上司命令でも差し上げるわけにはいきませんから」
 念のために釘を刺すと、誠はムッとしたような表情を浮かべ、紗羅の手元に視線を向けた。
「お前には、俺がこれを欲しがってるように見えるのか……」
「違うんですか?」
「当たり前だろ!」
 そう言うと誠はわざとらしくため息をついた。
「……お前ってさ、いくつだっけ?」
 真剣な目で問いかけられ、質問の意図がわからぬまま、紗羅は答える。
「25ですけど」
「25、ねえ」
 この会社イチのイケメンで、「Mr・電報堂」と呼ばれている、哀愁をたたえた麗しい瞳が、紗羅の机上に落とされた。
 肉球ペン立てにペルシャ猫ノート、肉球肩たたきに、猫耳付箋。
 デスクには三年かけてじわじわと拡大した猫ワールドが広がっている。
「……猫が好きか?」
「それは……答えるまでもないような気がするんですけど……」
 紗羅もデスクに視線を落とす。
 あまりにもファンシーな様相だが、周囲もすっかり慣れてきて、今では誰も突っ込まない。
 猫グッズ集め。
 それは無味乾燥な毎日を彩る、たったひとつの癒やしだ。
 誰しも心の潤いは必要なのだ。
「悪い。確かに愚問だったな」
 誠は己の首筋に手をやると、机上の書類に指で触れた。
「庶務からチェックが戻ってきた。今日中に対応しろ」
「了解です」
 紗羅はぴし、と誠に敬礼した。
 誠の唇が、ふっ、と緩む。
「お前はいつも返事はいいな」
「……嫌味ですか?」
 誠は顔をしかめた。
「褒め言葉だよ。素直に受け取れ」
「ありがとうございます」
 誠は背中を向けると、首を撫でながら歩き始めた。
 自席へと向かう誠の後ろ姿に、違和感を覚えたが、その理由がわからない。
「……なんか変だな……? 一体なんだろ」
 もやもやした気分を抱えたまま、キーボードを叩いていると、先輩の石田(いしだ)がやってきて、机に手を置き話しかけてきた。
「ねえねえ、部長の首、見た? 爪の痕があったよね」
 紗羅ははっとした。
「あ……確かに主任、しきりに首を押さえてましたね」
 違和感の正体はそれだったか。
 しかし理由がわかると、余計もやもやしてしまう。
「Mr・電報堂にもとうとう女ができたか。爪が長くて気が強い美女……だってあれ、絶対マーキングでしょ。ルックスよし、仕事は完璧、性格はちょっとクセがあるけど、トータル的にはレベル100オーバー、引く手あまたの優良物件だもの。唾をつけとかなきゃ不安だよね」
 持論をくり広げる石田に、紗羅はつい突っ込みを入れた。
「たまたま自分でひっかいたんじゃないですか? 寝ぼけてたとか」
 しかし石田は自信たっぷりに首を振る。
「そんなわけない。だってシャツの袖口からも傷跡が見えてたもの」
「マジですか」
「主任って、実はかなりのドMなのかも?」
 そうかなあ、と紗羅は窓際の端正な横顔に目をやった。
(いじめられて喜ぶタイプかな? どっちかといえばドSな気がするけど……)
 長い爪の美女と誠。
 生々しい想像を浮かべてしまいそうになり、紗羅は話題を切り替えた。

オススメ書籍

信じる愛、結び尽す 闇の花5 ~祠☆闘士シリーズ~

著者朝陽ゆりね
イラストもなか知弘

「突然だが、田神が退職する」三係長の金本が突然告げた田神涼の辞職。警視庁捜査一課の優秀かつ熱血刑事なだけに、周囲は動揺し理由を知りたがった。恋人相田透子の除霊の仕事を手伝いたい、もっと深くあちらの世界を知りたいという純粋な思いだったが、涼の大学時代の親友にある疑いがかけられ――。自らの誇りを賭けて親友の無実を証明しようと試みるが、黒幕に術者の影が…。涼の身を案じる式神の様子に不安を覚える透子。なにを賭しても絶対に離れない、神から与えられた全てを以て護っていく──胸が張り裂けそう。涼──愛してる…。“水の闘士”透子と“水の祠”涼、人を救い、自らを救う戦いのクライマックス!

この作品の詳細はこちら