夢中文庫

図書館で玩ばれて~痴漢美少年の甘い指先~

  • 作家深志美由紀
  • イラスト夜桜左京
  • 販売日2013/3/1
  • 販売価格200円

奈美さんは、痴漢されるのが好きなんだね…囁かれながらローターが秘部にあてられる。だめ、人に見られてしまう―しんとした館内で、奈美は図書館司書として勤めていた。人付き合いが苦手で、あまり会話を必要としない職を選んだのだ。そんな奈美には密やかな楽しみがあった。高校生の賢治くんがいつも本を借りるときに声を掛けてくる。応えているうちになんだか男の人にも慣れてきた。でも痴漢されているところを彼に見られて……。

(あ……っ。ま、また……)

足音を消して背後に立つ人影に、私ははっと息を飲んだ。

「はぁ……」

頭の後ろから聞こえる熱い息遣いに、書籍を本棚に戻す手が凍りついたように動かなくなった。背後から伸びてきた手のひらが、本の背表紙を支える私の手の甲にそっと重ねられる。指先同士が触れた瞬間、身体の芯がぞくりと震えた。

ぎゅっと瞳を閉じて俯く。かぁっと頭に血が上って頬が熱くなる。私を包み込むように、熱を持った身体が背後へぴたりと張り付いてきた。

スカートの上から、腰の丸みをやんわりと撫でる指。

(や……いや)

重ねた手に後押しされて本が棚へぎこちなく収まり、指が絡め取られる。背中に感じる男の人の胸板。本棚へ押し付けられるようにして肉体同士が密着し、腰からお尻へと続くカーブを確かめるように指先がうごめく。

(や、やめて……やめてって、言わなくちゃ)

そう思うのに、私の身体は震えるばかりでちっとも思い通りに動いてくれない。もともと人前で喋ることが苦手な私にとって、異性に強くものを言うことなど不可能に近かった。

「……なんで、抵抗しないの? いつも」

背後の人影が、かすれた声で問い掛ける。

少しずつスカートを捲り上げられて、ショーツに包まれた膨らみが空気に触れた。私は泣きそうな気分で、ぎゅっと身を硬くすることしかできない。

指先が足の付け根へ滑り落ちて、布越しに私の一番大切な場所に触れる―。

「ねえ、本当は、待ってるんでしょ。俺にこうされるの。いつもいつも、待ってるんでしょ」

―違う。

否定は声にならない。

そして長い指が、いつものように、私を掻き乱してもてあそぶ―。

オススメ書籍

契約恋愛~カラダから始まるロマンス~

著者鮫島礼子
イラストnira.

カラダの関係から始まった二人。カラダを重ねる度に心が揺れて私は淳也さんを好きになってゆく。地味なOLの私が父親の借金返済のために会社に内緒で始めたアルバイトは交際クラブのコンパニオンだった。毎週決まって土曜日に現れる淳也さんは店の大切なお客様なのに気がつくと私は彼の事ばかりを考えている。ホテルの部屋のベッドで彼と肌を合わせている時だけは嫌な現実を忘れられる。気がつくとお金だけでは割り切れない感情を私は抱えていた。本気で好きになってはいけないと頭の中では理解しているつもりなのに心は乱れてカラダは彼を求めてしまう。彼は私のことをどう思っているのだろう。そんな事ばかりを考えてしまい……。

この作品の詳細はこちら