夢中文庫

恋人(偽)は潔癖上司~なんちゃって同棲始めます~

  • 作家百瀬実吏
  • イラスト期田
  • 販売日2018/8/17
  • 販売価格500円

「なんで私、服を着てないの……!?」──彼氏の浮気現場に遭遇しその場で破局を迎えヤケ酒していた夏川麻美は、目覚めるとホテルのように綺麗な見知らぬ部屋のベッドの上。隣で同じように裸で眠っていたのは、毎日会社で顔を突き合わせている上司・一ノ宮翼。そしてそこは彼の部屋だった。会社で見せる顔とは違い、翼の潔癖気味な言動に麻美が戸惑っているところ、翼の父が現れる。咄嗟に恋人として麻美を紹介してしまった翼。すると、翼の父から今日から一緒に暮らすよう命令され、逆らえない翼は、断れず……。真逆なふたりがウソの恋人関係で同棲を続けるなか、少しずつ距離が縮まっていくのだが──愛は潔癖を超えられる!?

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

1話:一晩の過ちじゃありません!
「どこ……ここ……?」
 目をさますと、知らない場所にいた。
 知らない、ベッドの上。
 しかも。
「え……?」
 知らない、男の、隣。
「だ、誰……!?」
 真っ白なシーツからは全く知らない柔軟剤の匂いがするし、というか、こんな手触りの柔らかいシーツなんて触ったこともないし、絶対に私の部屋じゃない。ホコリひとつない床や、生活感を感じない室内を見渡しても答えは変わらない。少し離れたところにあるガラス製のテーブルには、赤ワインの瓶と、グラスが二人分置かれていた。
 私の部屋じゃ、ない。それに。
(な、なんで私、服きてないの……!?)
 なんで、なんて、この状況で行き着く答えはひとつしかないんだけど。
 たぶん、ここはホテルで。
 たぶん、私は一晩の過ちってやつを犯してしまった。
「やぁってしまったぁ~……」
 柔らかなシーツに頭を埋めて、唸る。それから、そもそもどうしてこうなったんだっけ、と昨晩の記憶を手繰り寄せた。
「昨日は、仕事が予定より早く終わったからヒロを驚かせようと思ってこっそり帰宅して……」
 そうだ。それで。
「それで、浮気現場に遭遇して、別れる! って家を飛び出して……」
 あろうことかヒロは、同棲している部屋に他の女を連れ込んでいた。私が扉を開けると、真っ最中の二人がそこにいて──
「それから……どうしたんだっけ」
 別れる! と叫んで家を飛び出してから、妹を呼び出して愚痴ろうと思ったのにデート中で断られて。お姉ちゃんは結婚してるから当然無理で。同棲を反対していた両親の元には帰りたくなくて。友達にはまだ仕事が残ってるって言われて。仕方なく駅前のお店に入って、一人で飲んで。
「……だめだぁ、そこから全然思い出せない」
 どれくらい飲んだのかもわからないくらいお酒を注文しまくったのはおぼろげに覚えているけど。
「うぅ、お酒のこと思い出したらなんか頭も痛くなってきた……」
 そこから先は結局思い出せなくて、そっと起き上がる。シーツで身体を隠しながらベッドを下りて、そこに眠っている男性の顔を覗き込んでみた。
「えっ、この人……」
 見覚えのあるその顔に、私の思考は停止する。
(いやいやいやいや、まさかそんな、いやいやいやいや)
 まさか。そんなわけない。他人の空似だ。
 私はぎゅっと目を瞑って、それから、もう一度その男性の顔をまじまじと覗き込んだ。
 ふわり、と私の髪の毛が肩から落ちて、その男性の頬に触れる。その、瞬間。
「は?」
 その男性はパチリと勢いよく目をさまし、開口一番そう言った。
「……何を、しているんだ、夏川(なつかわ)麻美(あさみ)」
「い、いい、一ノ宮(いちのみや)、課長……!」
 やっぱり。
 私の隣で、しかも、あろうことか私と同じように裸で眠っていたのは、毎日会社で顔を突き合わせている上司の、一ノ宮翼(つばさ)だった。
(あ、頭が……っていうかもう、めまいが……)
 意味のわからない事態に、頭が混乱する。たっぷりと私を睨んだ課長も、
「なっ……え、おま……どういうことだ!」
 状況を理解した様子で、見る見るうちに表情が変わっていく。
「ち、違います! 違いますよ! わ、私じゃないです、たぶん」
「たぶんってなんだ!」
「お、覚えてないんです、すみません~……」
「謝罪の語尾を伸ばすな!」
「は、はいっ」
 まさかホテルで男性と朝を迎えて、裸で直立してお説教を受ける日が来るなんて。ブツブツと小言を言っている課長を見ながら、小さくため息をつく。

オススメ書籍

マリッジ・ブルーの片恋

著者玉紀直
イラストゆえこ

結婚を控え幸せな時期であるはずの彩夏は、なぜか不可解な不安に襲われる毎日を送っていた。――本当に、彼と結婚していいんだろうか……そんなとき彼女の前に十歳年下の従弟、亮輔が現れる。婚約者とはまったくタイプの違う彼に抱いた不埒な感情。初めて感じる、もどかしい欲情。マリッジブルーが見せる蒼い夢は、なにかを確認させようとするかのように彩夏を追い詰める。結婚を間近に控えた女性の、淫らで不確か、なのにプラトニックな片恋の物語。

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら