夢中文庫

0距離からの初恋模様

  • 作家乃村寧音
  • イラスト中田恵
  • 販売日2016/09/14
  • 販売価格400円

「やっと受験が終わったんだから、こういうのも解禁だろ?ずっと好きだったんだ。俺のものになって」高校時代、同じ特進クラスで3年間を過ごした黒髪眼鏡の真面目男子・河野伊織が、大学の入学式の日、茶髪の超イケメンに変身して現れた!驚いた真凛だがその日のうちに強引に奪われて半同棲生活に突入。0距離からの恋愛で心も身体も伊織に染められていく日々の中、真凛は学校やバイト先でモテモテの彼が心配で仕方ない。『身体に飽きたら男は去って行く』ってホントかな…?そんなある日、女友達に誘われセレブなパーティに出席した真凛も別の男に誘われて…。近くにいるからこそ、見えないもの…初心な2人が織りなす、青春ラブストーリー。

「もー、起きなよ。学校、遅れるよ」
 まだベッドに寝ている河野伊織(こうのいおり)に声をかけた。
 声をかけるのは、これで何度目だろう。
 わたしはアイスコーヒーを飲み、バターロールにハムとキュウリを挟んだだけの簡単なサンドイッチを作って食べ、軽くメイクし髪を整え、着替えも済ませた。
 女子は朝の支度に時間がかかるので、出かける1時間前には起床するのが普通だと思う。朝食も必ず食べることにしているし。
 伊織はまだ上半身裸のままベッドに横になっている。起きる気配はまるでない。枕を抱いたままうつ伏せになっている。
 思わず見つめてしまう。滑らかな肌が剥き出し。夏なので、うっすらと汗をかいている。無駄な肉がまるでない、きれいな背中だ。それでいて骨っぽいところが男子らしい。
 サラッとした茶色の髪も、艶があってとてもきれいだ。ただしこれは染めているのだが。高校時代はきれいな黒髪だった。少し長い前髪で、眼鏡をかけていて。細い顎はあの頃のままだけれど。
 今はコンタクトにしているので、あまり眼鏡をかけた姿を見ることは無くなった。家ではたまにかけているけど。
 あの頃はそれほど意識していなかったが、今更ながら伊織はかなりのイケメンなのだと気が付いた。
(昔のままでも、良かったのになあ。黒髪、眼鏡でも)
 そんなことを思いながらベッドに横座りし、伊織の背中をポンポンと軽く叩(たた)いた。
「ねえ、いくらなんでもそろそろ起きなよ。朝ご飯も作ったよ? もう支度しないと遅れちゃうよ」
 男子の支度は簡単だ。伊織はいつも、顔を洗って髪を濡(ぬ)らして少し整えるだけ。それであんなにカッコよくなってしまうのだから、神様は不公平だ。
(わたしなんか、毎朝気を遣って大変なのに。それでも地味なままで、美人になんかならないのに)
 きっと伊織と一緒じゃなかったら、服も髪型もメイクも、今よりさらに適当な感じで大学に通っていると思う。もともとあまり身なりに気を遣うほうではなかった。
「んー。まずい、起きれない。チューして、起こしてよ」
 伊織は眠そうに寝返りを打ち、仰向けになった。そして薄っすらと目を開けたかと思うとわたしを引き寄せた。
「やだ、やめてよ、放して」
「ん? 別にいいじゃん、なんでだよ。真凛(まりん)は俺の可愛い抱き枕なのにさ、隣で眠ってろよ」
 伊織が笑った。まだ眠っているようなどこか甘い声に少しゾクリとする。
「もう、バカ。何時だと思ってるの、起きてよ」
 そう言いながら腕でちょっと突っぱねたら、かえって引き寄せられてしまった。下手に暴れると抑え込まれてしまうかと思い、わたしはそのまま身を任せた。

ご意見・ご感想

編集部

大好きな人だからこそ不安になることってありませんか?
本当に私のことが好き?
私よりかわいいあの子よりも??

特に今回真凛ちゃんの大好きな人、伊織くんは大学デビューを成功させ、
茶髪!コンタクト!イケメン!へと変貌を遂げ、
超・モテモテになってしまいますΣ( ̄ロ ̄)
人間関係や一緒に過ごす時間も変わっていく中、
真凛ちゃんはモテモテの伊織くんに不安を募らせ…

不安を解決するために真凛ちゃんがとった意外な行動とは……??

真凛ちゃんのことが大好きすぎる伊織くんにも注目です☆
まっすぐすぎるふたりが、すれ違いを乗り越えてさらに愛を育んでいきます♪
甘い青春ストーリー☆是非是非お楽しみください!

2016年9月14日 3:20 PM

乃村寧音

こんにちは。クリスマスも終わっていよいよ年末&年越しですね。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
そんなお忙しいであろう最中ですが……
「O距離からの初恋模様」の番外編SS書きましたのでお知らせします!
わたしのブログに載せていますのでリンク張りますね~~^^
本編では脇役の沙穂ちゃんと山本さんのクリスマス模様と、主人公二人(真凛ちゃんと伊織くん)のゆるふわなクリスマスの情景を楽しんでいただけたらうれしいです!
中田先生の、超可愛いイラスト付きです!!!
http://chiamia.blog.fc2.com/blog-category-41.html
どうぞよろしくお願いします!

2016年12月28日 12:50 PM

オススメ書籍

酔い桜 紅孔雀1 ~祠☆闘士シリーズ~

著者朝陽ゆりね
イラストもなか知弘

「あいにく女に興味はないんだ」冷笑を浮かべ花魁のような女に言い放ったのは日野原有慶、祈祷師一派『朱雀』頭領の次男だ。妖艶な女はあらぬ場所に目を持つ異形のものだった――。編集プロダクションギャロップの新人カメラマン朝比奈彩羽は初めての担当、『日本神話入門』取材のため現役の神主有慶を紹介された。桜回廊と呼ばれる桜の名所で撮影に夢中になる彩羽だったが、そこは封じられた妖魔の巣窟だった。桜に酔うように朦朧とする彩羽、そして祖母まで憑依され事態は一刻の猶予も許さない。自らに宿る力を知らない彩羽は火を従える有慶と周囲の者達により名に込められた意味も悟る。夢に向かう彩羽は新たな一歩を踏み出せるか。

この作品の詳細はこちら