夢中文庫

プリプリなのに!~相手にされない若妻なんてありえないっ~

  • 作家大北麗月
  • イラスト角砂糖
  • 販売日2017/10/27
  • 販売価格300円

香織は親戚の紹介で見合いをし、そのままスピード婚した若妻であり新妻。夫の陽介はIT系ベンチャー企業の社長をしている。コンシェルジュのいるハイタワーマンションでの生活も二週間が経ち、ハイソな暮らしにも少し慣れてきたところ。ラブラブな毎日、不満はないけれど、不安なことが一つだけ。それは陽介が求めてこないこと!? 知り合って交際し、結婚した今に至るまで、キスもしていない! どうして!? もしかして陽介って……。香織は幸せな新婚生活を得るべくあの手この手で陽介を誘惑することに。だが、あの手もこの手もうまくいかず……? 悩んで凹んだ香織に陽介が言ったこととは――悩める若妻と思いやり夫の溺愛ラブコメディ。

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入


「香織(かおり)、あっという間にこんなところまで来ちゃったんだね」
 私の新居に初めて訪ねてきた美咲(みさき)は、ソファに深く身を沈めながらため息まじりに言った。心の底から感心しているような、呆れているような、羨ましそうな、いろいろな気持ちが入り交じったなんともいえない複雑な表情だ。
「こんなところって何よ」
 私は苦笑まじりに言い返す。美咲とは小学校から大学までずっと一緒だったけど、こんな微妙な顔を見るのは初めてだ。
 美咲は立ち上がると窓に向かって大股で歩き、高い天井から下がるレースのカーテンを左右にじゃきっと開き、午後の陽光を全身に浴びるとそのまま息を呑んで固まった。
「なにこの景色……」
 ぼそっとつぶやく。美咲の向こう側には、はるか彼方にぼんやりと東京湾、その手前にさまざまなビル群が広がり、高速道路がうねっている。お台場、レインボーブリッジ。東京タワー、東京スカイツリー。詳しい人なら、このパノラマ空間の隅から隅まで指差しながら名前を挙げていけるだろう。私はお台場と東京タワー、東京スカイツリーくらいしかわからないんだけどね。
 と、その絶景を眺めながら美咲が言った。
「まるでバベルの塔の住人ね」
「は? なにそれ」
「旧約聖書の時代に人々が作ろうとした天国に届く塔よ。ところが神様はそれを見て、自分への挑戦だと激怒した。そして、人々の言葉を乱したのね。それまでみんな同じ言葉を話していたのが、急に違う言葉を話すようになってまったく通じなくなった。その結果、人々は混乱し、塔の建設をやめて、世界各地へ散らばっていったというわけ。まあ、人間の傲慢さを戒めるお話ね」
 美咲はそこまで話すと、振り返っていつものいたずらっぽい目で笑った。
「あ、別にそんなに深い意味はないよ。ただ、この景色、神話的なほどすごいってこと」
「……たしかに最初は圧倒されたけど」
「もう慣れちゃった?」
「まあ、毎日ここで生活しているわけだから」
「はあ。私はこの部屋にたどりつくまでにいくつもカルチャーショックを受けたよ。タワーマンションといってもいろいろあるんだろうけど、これは特別だね。だいたいなに、入り口に管理人じゃなくてコンシェルジュがいて、訪問先を確かめてからカードを渡されて、それでエレベーターに乗ったら決まった階にしか行けないじゃないの。きっといろんなところにモニターカメラが仕掛けられていて、さっきのコンシェルジュたちが監視しているのかと思うと、おちおち痒いところもかけないよ。すごい緊張感」
「どこか痒いの?」
「見られてると思うと痒くなってくるでしょ」
 美咲はキッと眉毛を引き上げ、またソファに身体を沈めた。
「すごくくつろぐんだけど、なんか落ち着かない」
「慣れてないからよ。私も最初はそうだった。気がついたら、今の美咲みたいに貧乏ゆすりをしてた」
「あら」
 美咲は組んでいた長い脚を元に戻す。
「さすがに今は貧乏ゆすりはしなくなったけど、でもこの生活にすっかりなじんだかというと……ね」
「どのくらいだったっけ? 結婚してから」
「えと……ここに来てから二週間くらいかな」
「まだ、そのくらいなんだ」
「結婚式も新婚旅行もまだだから、あまり実感がないんだけど。引っ越しも自分のものはそんなに持ってこなかったから大変じゃなかったし」
「全部新品で揃ってたってわけね」
 美咲は腕を組んで、もう一度足を組んだ。
「しかしちょっと引っかかるのよね」
「なにが?」
「彼の名前、何だっけ?」
「陽介(ようすけ)さん」
「なに、あんた彼のこと、陽介さんって呼んでるの?」
「う、うん」
「大丈夫? ……まあ、お見合いしてすぐのスピード婚だからね。無理ないか」
 美咲は少し考え込んで言った。
「あまりにも早すぎて、いろんな段階を踏んでないって感じなのよね」
 美咲は私と違って、恋愛経験豊富だ。私のエ○チ方面の知識はすべて美咲から伝授されたといっても過言ではない。
「なんか、新妻という色っぽさがないんだよねぇ」
 美咲が疑わしげなまなざしを向ける。私の胸がドキッとする。

オススメ書籍

攫われた花嫁は騎士団長の愛に真実を知る

著者木野美森
イラスト角砂糖

継母と義妹の贅沢の末、リディアは年の離れた資産家のもとに援助のかたとして嫁ぐことになってしまう。だが、結婚式が始まる直前、教会に盗賊のような一団が押し入り、リディアは攫われてしまい――!?ようやく自由になったかと思えば、そこは船の上だった!誘拐を目論んだのはオーブランス王国の王子、実行したのは騎士団長。しかし、ここでリディアは人違いだったことが判明してしまう!王子は騎士団長に「コンラート、そなたが責任を持ってこの娘を妻にするとよい」と告げ、当のコンラートもあっさり了解。困惑のリディアは逃亡を図ろうとするが、その意図は見透かされていて……?「私の妻だということを揺るぎないものにしてあげましょう」

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら