夢中文庫

お隣の騎士との政略結婚作法

  • 作家さえき巴菜
  • イラスト炎かりよ
  • 販売日2017/09/15
  • 販売価格600円

「十年前より、今の君のほうがいいな」――昔、すれ違うように一度だけ出会ったお隣の領主の息子ダグレイ。印象の良くなかった彼との結婚を命じられたエリーシアは、領主の娘の責務と覚悟を決めて受け入れる。しかし、すぐさま迎えに来た彼は端整な騎士に成長していて……。隣地でありながら親しみのない両家を案じ、王に命令された結婚。ダグレイが優しく気遣ってくれるのも、王のため、家のため――わきまえていても、次第に惹かれていくエリーシア。結婚式を済ませ夫となったダグレイは変わらず優しいが、それだけでは物足りなくなってくる。そして彼もまた、独占欲を見せはじめて……?

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入


「は?」と間の抜けた声をあげたエリーシア・ブレナは、パンを口に運ぶ手を止めた。
 普段用の緑色のドレスを着たエリーシアは、下座の端に座っている。前にはふたりの兄と叔父、横には妹のシンシアと母親。そして上座にいるブレナ家の当主の父親。
 その父親に向けパンを投げつけたい衝動を堪えて訊き直す。
「お父様? もう一度お願いします」
「……おまえはダグレイ・ディルソンと結婚をする」
「ダグレイ・ディルソン」
「そうだ」
「結婚」
「うむ」
 白いものが混じったひげを指先で撫でながら、父親は娘の視線を避けた。
「……おまえも十九だ。急ぐのもいいだろう」
「急ぐ?」
 エリーシアの声は、彼女の濃い色をした金髪のくせと同様、くるりと跳ねた。
 香ばしい匂いをまとう焼きたてのパン、果実のソース、薄切りの燻製肉と様々な野菜などの朝食を共にとる家族が、一斉に息を呑む。
 そんな中、青い目をきらめかせてエリーシアは微笑んだ。
「急ぐ必要があるのでしょうか、お父様? しかも相手がダグレイ……ディルソン! ええ、わたしも領主の娘ですから、結婚は義務。わかっております、もちろん。ですがあまりに急なことで、わたし、驚いて言葉もありません」
「では──」
「それでもひと言、申し上げます。わたしはたしか、シェンヌ卿に嫁ぐはずでしたが?」
「いや、それが……」
 父親だけではなく、家族全員が渋い顔をしてそっと目を逸らした。
 やがて父親の目くばせを受け、妹のおさげ頭の向こうから母親が首を伸ばし「エリーシア」と注意を引いた。
「はい、お母様?」
「あのね、あの……シェンヌ卿は、先日、結婚されたのよ」
「は?」
「……宮廷の、あの、なんでしたかしら……なんとかという未亡人と」
「そうですか、それこそ急なことですね」
 驚きすぎてむしろ平坦な抑揚で答えたエリーシアは、シェンヌ卿の青白い顔を思い出しながら、別の女性と結婚したという婚約者に対する感情が湧くのを待った。
(……いやだ、何もないわ)
 若干、怒りは湧いたが、約束を反故にされたこと以上のものはない。
 むしろ安堵で埋められていく。
(そもそも数回、会っただけだもの)
 文官として宮廷勤めだったシェンヌ卿は、一、二度、ブレナ城を訪れていた。
 決められたこととはいえ婚約していたのだから、それなりに話もしたが、これといった印象は残っていない。
 領主の娘として結婚はこんなものだろうと感じていたが、シェンヌ卿を個人的には好きではなかったのだと、今更ながら気づいた。
 しかし家族としては、本人が傷つくだろうと今の今まで黙っていたのだろう。
(さっさと言ってくれれば、気に病むこともなかったのに)
 エリーシアは心が軽くなってきたのを感じたが、あからさまにするのもどうかと思われたので、とりあえず咳払いをして誤魔化した。
(それにしても……)
 シェンヌ卿とのことはどうでもいいが、新しい結婚相手がもう決められているとは。

オススメ書籍

契約恋愛~カラダから始まるロマンス~

著者鮫島礼子
イラストnira.

カラダの関係から始まった二人。カラダを重ねる度に心が揺れて私は淳也さんを好きになってゆく。地味なOLの私が父親の借金返済のために会社に内緒で始めたアルバイトは交際クラブのコンパニオンだった。毎週決まって土曜日に現れる淳也さんは店の大切なお客様なのに気がつくと私は彼の事ばかりを考えている。ホテルの部屋のベッドで彼と肌を合わせている時だけは嫌な現実を忘れられる。気がつくとお金だけでは割り切れない感情を私は抱えていた。本気で好きになってはいけないと頭の中では理解しているつもりなのに心は乱れてカラダは彼を求めてしまう。彼は私のことをどう思っているのだろう。そんな事ばかりを考えてしまい……。

この作品の詳細はこちら