夢中文庫

美人キャスター“ナマ”放送―本番中に本番されて―

sakuraimakoto01s
  • 作家桜井真琴
  • イラスト
  • 販売日2012/5/29
  • 販売価格200円

ある地方ラジオ番組最終回。スタッフたちは、番組打ち切りの原因を作った玲子に復讐を開始する。パーソナリティは股間を足で、プロデューサーは舌を這わす。そして、堪えきれなくなった美人アナは生放送中に「イクっ!」と…。

『今日で番組は最後なんだよね、玲子ちゃん』
『そうなんですよ。二年間リスナーのみなさんには聴いていただいて……』
MCふたりのいつもの軽快なかけあいとは違う静かな声が、深夜のラジオから流れてくる。
こじんまりした収録スタジオの中、最後の台本を前に女子アナ、杉崎玲子はハンカチを目元に当てながら番組の内容とは違うことを考えていた。

……こんな地方ローカルのラジオ番組など、早く終わればいい、と。
類い希な美貌とモデル顔負けのスタイルの良さ。さらにはFカップの美巨乳でインターネットから人気に火が付き、地方の女子アナウンサーだった玲子は、一躍時の人となった。
全国ネットのテレビ番組、そのアシスタントに抜擢されたのは三週間前のこと。四月からはじまる番組のことで頭がいっぱいだった玲子は、深夜のローカル番組など眼中になくなっていた。台本すらまともに読んでこなかった。
だが。春らしい薄ピンクのブラウスと、自慢の健康的な太ももを披露したミニのフレアスカートを纏った玲子には、確かにタレントの華やかさがあった。

オススメ書籍

asahiyurine_hokora05_muchu

信じる愛、結び尽す 闇の花5 ~祠☆闘士シリーズ~

著者朝陽ゆりね
イラストもなか知弘

「突然だが、田神が退職する」三係長の金本が突然告げた田神涼の辞職。警視庁捜査一課の優秀かつ熱血刑事なだけに、周囲は動揺し理由を知りたがった。恋人相田透子の除霊の仕事を手伝いたい、もっと深くあちらの世界を知りたいという純粋な思いだったが、涼の大学時代の親友にある疑いがかけられ――。自らの誇りを賭けて親友の無実を証明しようと試みるが、黒幕に術者の影が…。涼の身を案じる式神の様子に不安を覚える透子。なにを賭しても絶対に離れない、神から与えられた全てを以て護っていく──胸が張り裂けそう。涼──愛してる…。“水の闘士”透子と“水の祠”涼、人を救い、自らを救う戦いのクライマックス!

この作品の詳細はこちら