夢中文庫

とろけるような甘いお仕置き

sakuraimakoto09s
  • 作家桜井真琴
  • イラストnira.
  • 販売日2014/5/2
  • 販売価格400円

大手広告代理店に勤める広告デザイナーの夏羽は、入社六年目で仕事に行き詰まりを感じていた。そんなある日、元カレである月島ほたるの経営するギャラリーに立ち寄る。元売れっ子CMデザイナーの彼は、誰にでも優しくて、大人の色気に満ちていて、やっぱり私はまだ彼が好き。年下の可愛い彼氏の光太郎がいるというのに、私は心の隙を突かれてイケない関係に……。年下カレの一途な愛と、大人な元カレの変質的な愛。そんな毎日に溺れていた私は、実はふたりの罠に堕ちていたことに気づかなかった。めくるめく官能の世界についに私は心も体も蕩けさせられ……。甘く危険なノンストップ倒錯ラブストーリー。

「可愛いよ、夏羽なつは……」

 彼は私のショートヘアを指で軽くすきながら、耳元で優しくささやいた。

 身体を壁に押しつけられる。彼のギャラリーに飾ってあった絵画がカタンと音を立てた。

 どこか虚ろげながらも、奥に鋭い光を見せる切れ長の瞳。この色っぽく妖しげな眼差しに見つめられると、不思議と私は身体の力が抜けてしまう。

 微かな柑橘系の香水が鼻先をくすぐる。彼がいつもつけているエルメスのフレーバーだ。

 無造作に伸ばした黒髪、端正な顔がゆっくりと近づいてきて、そっと唇を重ねられる。

 少しだけ煙草の匂いがする。付き合っていたときの懐かしい感触と温もりを思い出し、私は身体を震わせた。

「ん……やっ……んふっ」

 深く口づけされ、抵抗する言葉を押し込められてしまう。当然のように唇のあわいから舌を差し込まれる。

 彼の舌に口中を攪拌され、あふれだした唾液を吸われる。甘くて苦い唾液が口内に流しこまれると、私の身体は早くもジンと疼いてしまう。

「ん……く……」

 熱い舌が首筋をなぞるように這う。ぬめった感触に背中がぞくぞくし、甘い息が上がる。手足が、腰が、痺れ始める。

 彼の指がブラウスのボタンを外しにかかった。

「あっ……月島つきしまさん……っ」

 私は月島さんの身体を押しのけようとするも、その手にすでに力は入らない。細くても、年齢の割に締まった身体をしている彼の力の前に、抵抗など無力だ。

 ボタンを外され、ブラウスをはだけられ、下に身につけていたキャミソールをまくられる。抗う間もなくブラを取られ、乳房がまろみ出された。

「だめっ……月島さんっ……こんなところで」

 まだギャラリーは営業中である。誰かが入って来ないとも限らない。

「そんなこと言って……夏羽はこういうとこでされるのが好きなくせに。ほら、もうこんなに……」

 乳房の先の突起が、熱いものにくるまれた。

「はう……!」

 硬くなった乳首を、ちゅぷちゅぷと唇と舌で弄ばれると、どうにも身体はビクンビクンと反応し、とろけ出していく。

「ほら、後ろを向いて……壁に手をついて」

 甘い声でささやかれると、抗う気力がどんどんと弱まってしまう。

 くるりと後ろを向かされ、腰を後ろからひっぱられると、お尻を突き出した恥ずかしい格好になる。

「この体位が、好きだったよな……後ろから犯されるのがたまんないって……」

「そ、そんなこと言ってませ……あンっ!」

 後ろから抱きすくめられ、ミニスカート越しに硬くて熱いモノがこすりつけられる。身悶えし、出したくもない嬌声きょうせいを漏らしてしまう。

「あっ……はぁ……いっ……はぁぁ……」

 後ろから乳房の膨らみをやわやわと揉まれ、空いたほうの手は、太ももを撫でまわしながらスカートの奥に指を忍ばせてくる。

 服を着たまま、後ろからなんて……本当に犯されているみたい……。

―どうして、私……こんなこと……。

オススメ書籍

aimirui13_muchu

傷を舐めあう閨の共犯者~身体からはじまる恋愛事情~

著者逢見るい
イラスト乃里やな

「奪おう。奪えるものなら、俺たちふたりで――」職場の店長に失恋したイケメン女子な巴菜と、店長の恋人に失恋した中性的な美青年の彰良。男の人はみんな、わたしとは正反対の、小さくて、可愛くて、守ってあげたくなるような子が好きになるんだ……と落ち込む巴菜は、彰良と互いの傷を舐めあうかのように身体の関係を結んでしまう。それでも店長の事が忘れられない巴菜と、複雑そうな彰良。イケ女だって、好きな人に可愛いねって言われたい!切実な乙女心は巴菜に火をつけるものの……?卑屈で虚しいはずの秘めやかな傷の舐めあいは、二人に愛をもたらすのか?

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら