夢中文庫

やんちゃなワンコの育成係!?

sakurakei02_s
  • 作家佐久良慶
  • イラスト桐矢
  • 販売日2016/11/01
  • 販売価格300円

「それでこそ、俺の美琴さんです……!」──容姿も仕事も地味な社会人四年目の平社員、古田美琴。そんな彼女の元にやんちゃな新入社員、高山勇斗がやってきた!苦手なタイプである彼との関わりを避けたかった美琴だが、なぜか勇斗の育成係に任命されてしまう!?突然の任命に落ち込む美琴だったが、何故か彼は美琴を慕っている様子。しかし仕事をしていくうちに、勇斗の人懐っこさや一生懸命な姿勢に惹かれ、二人の距離は少しずつ縮まっていく。──もしかしたら私、彼のことが好きかも?と勇斗への気持ちを自覚した矢先、可愛らしい女の子と歩く勇斗を見かけてしまって……?! わんこ系男子になつかれる、オフィスラブストーリー。

地味な見た目で、細かい仕事をコツコツとこなす入社四年目の女性社員。ちなみに、一応宣伝部のクリエイティブディレクター……という名の雑用係。それが私、古田美琴(ふるたみこと)。新卒でこの会社に入社してから、ずっとこの宣伝部で働いている。昔から人とのコミュニケーションが少し苦手なせいで、同期や先輩、上司とは微妙な距離が出来てしまっているのだけど……。
 まあ、たまにからかわれるくらいでそんなに辛いこともないし……重要な仕事は任せてもらえないけど、こんな私でもそれなりに役に立てている。新卒で入った会社がここで良かったなぁ。
 と、今日までは思っていました。
「えー、彼が今日からうちに配属になった、新卒の高山勇斗(たかやまゆうと)くんだ」
 七月。うちの会社では三ヶ月の研修を終えた新卒が、それぞれ配属された部署でOJTを始める時期になる。
 でも、宣伝部は私が配属されてから新卒は受け入れてこなかった。てっきり、これからもそういう方針で行くのかと思っていたのに……。
「大学ではテニスサークルに入っていたスポーツマンだそうだ」
「よろしくお願いします!」
 朝のミーティングで部長に紹介された高山くんは、さわやかな笑みを浮かべて挨拶をする。背は普通よりは少し高めだろうか。明るくてちょっと長めの茶髪からして、チャラい雰囲気を感じた。顔は整っているほうだろう。同じ部署の女性社員が、彼を見て微笑んでいる。
 もう何年も前の話だが、私が通っていた大学のテニサーは、いわゆる飲みサーばかりだった。当然所属している男子もチャラいやつらばかり。そしてそういう人たちは、私が一番苦手としている人種といっても過言ではない。
 今まで、こういうタイプは企画営業部に行くのが定石だったはずなのに、なんでうちに来たんだろう……?
「ほら、うちって他の部署と比べると少しおとなしいイメージだから、こういう元気で若い力が必要だと思ってね」
 まるで私の疑問に答えるかのように、部長はそう言った。
 いやいや、私からしたら、みんな十分元気だしキラキラしてますよ……!
「元気だけが取り柄ですけど、なるべく早くみなさんの役に立てるように頑張ります」
「ま、そういうことだから、みんなよろしく頼むよ。久しぶりの新人くんだから、困ってたら助けてあげるように」
 周りにいた私以外の社員たちは、彼を見て結構嬉しそうにしている。ビビってるのは、私だけか。出来れば、あまり関わりたくないなぁ……。
「それで、これから三ヶ月高山くんのメンター……育成係を務める人なんだけど……」
 あ、そっか、新卒だから育成係がつくんだ。誰なんだろう?
 企画営業の経験もある六年目の浅野(あさの)さんとか、大手から中途で入社した五年目の東江(あがりえ)さんあたりが適任な気がするけど……。
「入社四年目で、一番歳が近い古田さんにお願いしてもいいかな?」
「へ……?」
 今、なんと……?
「古田さんは細かい仕事も得意だし、新人育成に向いてると思うんだ。これまで君がやっていた雑務とかも高山くんに引き継いでしまっていいからね。それじゃ、よろしく! というわけで今日のミーティングはこれで終わり。みんなは仕事に戻って。浅野くんたちは午後に大事な会議があるから忘れないように」
「はい」
「は、はい……」

ご意見・ご感想

編集部

地味な見た目で周りから地味子の「ミーコ」と呼ばれる美琴ちゃん。
人とのコミュニケーションは少し苦手だけれど、
細かい仕事を地道にこなしながら入社4年目に突入。
そんな時、美琴ちゃんの部署に配属された新入社員。
明るくて元気で、いかにもリア充な勇斗くん…

う~ん苦手なタイプ…
できれば関わりたくないなあ(^_^;)と思っていた美琴ちゃんですが…

なんと、その新人君の育成係に任命されてしまうのです!!!

そこから始まる、波乱?!の日々──。
人懐っこくて明るい彼は、実は○○○だった?
メンター(育成係)として一生懸命頑張る美琴ちゃんと、
そんな美琴ちゃんを翻弄する勇斗くん、ふたりの恋の行方をぜひ見届けてください★

2016年11月1日 1:00 PM

オススメ書籍

ishiinorie01

四半世紀のキス

著者いしいのりえ
イラストいしいのりえ

幼いころから共に育った、淳子と蒼甫。どんな人と付き合っても長続きしないのは、美形で優しい蒼甫と比べてしまうから――。10代のころに交わした蒼甫とのファーストキスを忘れられずにオトナになった淳子。ほろ苦い過去の恋を現在進行形で抱きつづける淳子の恋の行方は……。

この作品の詳細はこちら