夢中文庫

曖昧上司~きっちり女子がゆるゆる惑わされてます~

  • 作家里崎雅
  • イラスト駒城ミチヲ
  • 販売日2018/03/02
  • 販売価格500円

「曖昧にしておく意義なんてわからない」──物事をうやむやにするのが苦手、きっちりした性格の朝美。ある日、同棲していた彼氏の浮気が発覚。朝美はポリシーに従ってすぐに同棲解消。しかし家を出たはいいけれど、泊まるあてがなかった。そんな時、上司の彰人が近場でいい部屋があると提案してくれるのだが、実はそれは彰人のマンションの一室。最初は拒んだ朝美だったが、新しい部屋を見つけるまでと一緒に住まわせてもらうことに。職場ではきちんと仕事をこなす彰人のプライベートでみせる曖昧さと、自分への好意に戸惑う朝美だったが、彰人のペースに巻き込まれて少しずつ変わっていく自分に気づき…。曖昧に溶かされるラブストーリー。

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

──人のスマホを勝手に見るのは犯罪行為だと知っているけれど、この場合でもアウトだろうか。
 テーブルの上に置きっぱなしのスマートフォンから軽やかな通知音が鳴り、画面にはメッセージが現れる。それをじっと見つめながら、糸川(いとかわ)朝美(あさみ)はそんなことを考えていた。
“さっきはありがとう”
“会ったばかりなのに、もう会いたくなってる”
“誠(まこと)のことを考えると、胸がきゅんきゅんしてくるの”
“本当に大好き”
“ねえ、明日も仕事の後に会えるかな?”
 このスマートフォンは朝美のものではない。半年前から同棲している彼氏のものだ。
 立て続けに鳴る通知音と、表示される甘いメッセージ。頭が真っ白になったのは最初の数秒だけで、朝美はすぐに冷静になった。メッセージをつぶさに確認しつつ、いざという時のためにと自分のスマートフォンで撮影を繰り返す。
“彼女より私の方がずっと好きって言ってくれたの、すごく嬉しかった”
“信じて待ってるからね”
 そのメッセージの直後に「マリがスタンプを送信しました」の表示をもって、通知音は止まった。
 同棲中の彼氏はここ最近、帰宅するや否やスマートフォンの通知を切っているようだった。それが少し引っかかってはいたものの、問い詰めるほどの理由もなかったので気にしないようにしていた。
 これが原因かと、納得する。
 どうやらメッセージの相手は、彼女としての朝美の存在も承知の上らしい。同棲していることだって知っているかもしれない。それでこれだけしつこくメッセージを送って来るということは。
「……これって、宣戦布告?」
 ぽつりとそう口にした次の瞬間、風呂に入ったはずの彼氏が慌てて脱衣所から飛び出してきた。
「……どうしたの?」
「あ、いや、その……会社から、連絡来るはずだったと思ってさ」
 引き攣った笑みを浮かべながらスマートフォンに手を伸ばした彼氏を、朝美はちらりと見上げた。
「メッセージ、めっちゃたくさん来てたよ」
「ほ、本当? 多分、会社の同僚かな……」
「マリって人から。会ったばかりなのにもう会いたいって。彼女より私の方が好きって言ってくれて嬉しかったって。信じて待ってるらしいよ」
 淡々とメッセージの内容を告げると、彼氏はぎょっとしたように目を見開いた。
「お前……人のスマホ、勝手に盗み見たのかよ! 卑怯だな」
「盗み見た、は語弊があるんじゃない? 通知音が何度も何度もしつこく鳴ってたから、何か大事な連絡でもあったかと画面を見てただけ。私はあなたのスマートフォンには全く触っていない。ここは二人で住んでいる部屋だよ。どこを見ようと私の自由。テーブルの上に隠しもせず置いてあったものに目がいっただけなのに、それを盗み見ただの卑怯だの言われる覚えはない」
 一息でまくしたてると、彼氏の表情はみるみる険しくなっていった。眉間に皺を寄せたその表情が、何を言いたいかはすぐわかる。
(あー、可愛くない女だって思っているよね。これ)
 それがわかっても、この状況をうやむやにはできなかった。
 カーペットの上にきちんと座り直すと、眉の上でふつりと切りそろえた黒髪の前髪が微かに揺れた。一度も染めたことのない真っ黒なストレートの髪は、気が強そうに見えると友達に言われたことがある。きっと今は三割増しでキツく見えているだろうな、と自覚しつつ、朝美は鋭い目つきで彼氏を静かに見上げた。
「浮気だって、みなしていいよね。言い逃れできない状況なのはわかるよね?」
「それは……わかる……けど、俺の言い分を聞いてくれても」
「私を言い負かせるだけの自信があるんだったら、その言い分を聞いてもいいけど。場合によっては火に油を注ぐだけかもよ」
 ぴしゃりと言いのけると、さらに彼氏の表情は険しくなった。
 正論を言い負かすだけの言い分などあるはずがない。そう判断したのは当たっていたようで、ただ無言で朝美を睨み付けてくる。
「とりあえず、お風呂に入ってきたら? 盗み見た、なんて言われるのはもう嫌だから、スマートフォンの通知はできれば切っていってほしい。そしたら私も見ないから」
 そう言って彼氏に背を向けると、乱暴な手つきでスマートフォンを掴みバスルームに向かった気配がした。

オススメ書籍

【藍川せりかベストセレクション】恋のジレンマ=小悪魔の純情

著者藍川せりか
イラスト炎かりよ

男性ならば誰もが放っておかないような、華やかで美しい容姿の女性たち。
しかし彼女たちはその恵まれた容姿が災いし、さまざまな悩みや葛藤を抱えている……。
ある女性は自分の本当の姿を隠しうそぶき、ある女性はわざと憎まれ役を演じる。
そして、本当の気持ちとは裏腹に口を開けばキツイ言葉ばかり出てきてしまう女性。
──たった二文字なのに、言葉にするのがこんなにも難しいなんて──
いつの間にか難しくなってしまった、本当の姿を見せること、正直な気持ちを伝えること。
果たして彼女たちは、本当に愛しい男性へ気持ちを伝えることが出来るのか……
恋のジレンマに揺れる、小悪魔な女性たちの不器用なラブストーリー3編を収録。

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら