夢中文庫

蕩けるほどに囚われまして─甘い鎖と恋の罠─

towameguru02_s
  • 作家永久めぐる
  • イラストえだじまさくら
  • 販売日2016/11/09
  • 販売価格500円

半年間勤めていた会社を突然解雇になった小川藍奈。大学時代の先輩である森嶋浩貴は、失職して呆然とする彼女を気分転換にと別荘へ誘う。迷った末、誘いに乗った藍奈を待っていたものは、一週間という期間限定の監禁生活。銀色に光る足かせで自由を奪いながら愛していると熱く囁き、「足かせなんて気にならなくなるぐらい、ぐずぐずに甘やかしてやる」と妖しく笑う浩貴。日ごと夜ごと、無垢だった体に快楽を刻み付け、藍奈をみだらに翻弄する彼の真意とは? そして罠に落ちた藍奈が最後に選ぶのは……? 深い森の奥で繰り広げられる、ほの暗く秘めやかなドラマティックラブロマンス。

プロローグ
「は……ぁん……」
 暗い部屋に、甘ったるい嬌声(きようせい)が響く。
 それが自分の口から出たものだなんて、信じられない。いや、信じたくない。頭の片隅、冷静な場所がそう思うけれど、快楽に支配されている体はあられもない声を止められない。
「イイ声だ」
 私を組み敷いた男は、くすくすと忍び笑いを漏らす。彼は私の中に二本の指を埋め、官能のポイントを探すように内壁を擦っている。
 強すぎる快感が怖くて、どうにか逃げようと体をよじるものの、彼の体は重く、強く、まったく逃れられない。彼の指は、逃げようとするお前が悪いと言わんばかりに、私の中を責め苛んだ。
 激しいのに繊細な抽挿、無遠慮なほど的確に感じる場所を突いてくる指先。
 ここ数日で、しっかり躾けられてしまった体は、ダラダラと愉悦の蜜を垂らしながら、彼の仕打ちを喜んでいる。
「やあ! こんな、の……ダメ……」
 わずかながら残った理性だけが、こんな行為は良くないと、これ以上深みにはまってはいけないと悲鳴を上げている。
「何がダメだ。こんなに喜んでいるくせに。──強情なのもいいが、もうそろそろ認めたらどうだ、藍奈(あいな)。俺に堕ちろよ」
 甘い囁(ささや)きが耳朶(じだ)を打つ。
 認めてしまいたい、けれど認めるのは怖い。認めてしまったらきっと──それで全部終わってしまう。
 だから、私は絶対に、認められない。彼の手に堕ちていけない。
 快楽と切なさが入り混じって、頬を涙が伝った。
 彼はまるでそれが甘露だと言うように、舌でねっとりと拭う。
「や、先輩……もう……」
「違うだろう? 何度言えばわかる?」
 涙で霞(かす)んだ視界。そこに見える彼の目はぎらりと底光りをしていた。有無を言わせない迫力に体がふるりと震える。
「あ……あ……」
「それとも、俺にひどくされたくて、わざとやってるのか?」
 意地悪な彼の言葉に、私は違うと首を横に振った。
「じゃあ、ちゃんと呼んでみろよ」
 促すように彼の手がひときわ激しく中を抉(えぐ)った。過剰な快感が体に流れ込んできて、私は耐えようとシーツをギュッと握りしめた。でも、それは気休めにもならない。
「んーっ! や……やめ、浩貴(ひろき)、さんっ」
 がくがくと足が震える。こらえようもない大きなうねりがもうそこまで来ていた。
「イきたい?」
 甘く意地悪な囁きに、夢中で頷(うなず)く。声に出す余裕もなかった。
 彼は満足そうに目を細めると、指の動きを早めた。
「可愛い藍奈。お前がイくところを見せてくれ」
「あっ……ああっ! も、ダメぇ!」
 全身がぴんと引き攣(つ)り、小刻みな痙攣(けいれん)が襲う。膣壁は彼の指をきゅうきゅうと締め付けて、そのたびに彼の指の形を鮮明に感じる。
「は……ぁ……」
 一気に弛緩(しかん)した体をベッドに投げ出して荒い息を繰り返せば、彼は汗にまみれた私の胸に熱い舌を這(は)わせる。珠を結ぶ汗を舐(な)めとられ、ひどく羞恥心を掻(か)き立てられた。
 ぴくりと体を強張らせれば、左足に嵌(は)められた足枷(あしかせ)から伸びた鎖がじゃらりと重たげな音を立てた。
「藍奈……藍奈……」
 彼はうわ言のように私の名前を繰り返す。
「浩貴さん……」
「まだだ。まだ足りない。藍奈……」
 耳鳴りの向こうに熱っぽい声を聞きながら、私はまた彼がもたらす快楽に溺れていった──

ご意見・ご感想

編集部

大切な人だから、手に入れたい──
大切な人だから、失いたくない──

ブラック企業に勤める藍奈ちゃんは、疲労困憊のヘトヘト状態。
しかし、そんな藍奈ちゃんが突然会社をクビに!
戸惑う藍奈ちゃんは大学時代の先輩・森嶋さんからある提案を持ち掛けられます。
それは、先輩の別荘で一緒に過ごすこと!

紅葉を堪能しつつお庭でバーベキュー…なんてあまーい誘惑に惹かれ、
いざ、先輩の別荘を訪れましたが、そこに待っていたのは、
美食三昧の日々ではなく、なんと足枷を嵌められての監禁生活!?

戸惑う藍奈ちゃんにもたらされる、淫らな仕打ちに翻弄される日々…
身も心もトロトロに溶かされるような甘美な監禁生活の行方は? ぜひご覧ください!

2016年11月9日 1:07 PM

オススメ書籍

muchu_220_320

あなたは星のとりこ~ひそやかに乱れる束縛の夜~

著者熊野まゆ
イラストまろ

「嫌じゃ……ありません」天文台を有するホテルでフロントスタッフとして働く殿村亜紀はひとつ年上のテクニカルスタッフ、椋本恒生に片想いをしていた。彼は亜紀が新人のころの指導係だった。就職してから三年が経ったいまも、恒生とは仲がよい。しかし亜紀はあるトラウマから、なかなか彼に想いを告げることができなかった。そんなとき、後輩スタッフである今仲星梨が亜紀の背を押す。バレンタインデーの夜、意を決して恒生に長年の想いを伝える亜紀。すると、思わぬ告白を受ける。「縛るのが、好きなんだ。物理的な意味で」――星が瞬く静寂の夜。恒生の秘めた激情がふつふつとあふれ出す。豹変と束縛、そして執愛のストーリー。

この作品の詳細はこちら