夢中文庫

秘密の龍と狙われた姫ぎみ~平安ふしぎ奇譚~

tukimoriaira02_s
  • 作家月森あいら
  • イラスト炎かりよ
  • 販売日2016/12/08
  • 販売価格500円

「それでは、あなたをお守りする…永遠に」小日向家の姫、鳩子は十八歳になるのに結婚もせず、男のひとりも通わせていない。彼女の理想は「実があって誠があって、馬や弓を操れて、風雨などものともしない男丈夫」運命のであいを信じる彼女は、ついに流鏑馬の儀で理想の男に巡り会う。彼を恋い、占いの女から手に入れた恋の叶う香を沁み込ませた文を送ったが、彼――蘇芳は文の返事もなくいきなり鳩子のもとに訪れてきて…!?「鳩子さまに危機が迫っているかも知れないと思うと。いても立ってもいられなくて」彼を恋う鳩子は、思わぬ運命に巻き込まれていく…。やがて想いを通わせようとするふたりだったが、そんな中鳩子に魔の手が伸ばされて…?

序章
 青褐(あおかち)族、と呼ばれる一族がいる。
 かつてはこの国を支配した一族だという。天から降りてきた龍の血を引いており、その瞳は皆、微かに青みがかっている。
 昔々、龍の血が濃いころには、青褐族はいわゆる神通力を使うこともあったという。今では血は薄くなり限りなく人間に近いけれど、それでも青褐族の者たちは、己の引く血の源流を誇りとしている。
 今や、数も少なくなった青褐族。その迎える花嫁は、清く澄んだ者でなければならない。
第一章 中のきみ、鳩子
 鳩子(はとこ)は、小日向(こひなた)家の中のきみだ。
 姉の桐子(とうこ)は、三人の男たちを通わせる二十歳。しかし鳩子は、十八歳になってもひとりの男をも通わせてはいなかった。
「だいたい、きょうびの男ぎみたちは、軟弱すぎるわ!」
 力を込めて鳩子が言うのに、彼女に仕える女房の百合(ゆり)は、苦笑するばかりだ。
「まともに馬にも乗れない、弓も引けない。できるのは歌くらいで、それも女人を口説く道具としか思っていないのよ」
「まぁ……、そうですわね」
 ため息とともに、百合は相槌(あいづち)を打つ。
「桐子さまのお相手は、そのようなかたばかりのようにお見受けいたしますけれど」
「でしょう!?」
 鳩子は、目の前の文机をどんと叩(たた)いた。硯(すずり)の中の墨が一滴、跳ねる。
「いずれのかたがたも、やたらになよなよしちゃって。いやだわ。男なら女人のもとに通うのに、雨の中風の中、言い訳などせずにやってくるべきよ」
 もう一度鳩子は、机を叩いた。
「それを、しおたれる我が袖、なんて気取っちゃって。要は、自分の衣が濡(ぬ)れるのがいやなだけでしょう?」
「まぁ……、そうですわね」
 百合は、困ったように同じ相槌を打った。そんな百合をちらりと見て、なおも鳩子は憤りを吐き出し続ける。
「お姉さまも、あのような男たちなんか、相手にしなければいいのに。どうしていつまでも通わせているのかしら」
「まぁ……、桐子さまには、もうお子もおありですし」
 もっともなことを、百合は言った。
「お子さまが、父(てて)なし子になられるのはお気の毒ですしね。お子さまのことを思って、ご縁をお切りにならないのかもしれませんわ」
「それは、そうかもしれないけれど!」
かわいらしい姪(めい)のことを思い、鳩子の勢いは少し緩くなった。
「でも、雨くらいでお約束を破るようなかたを、わたしは通わせたくないわ」
「鳩子さまは、桐子さまを悲しませる男ぎみが許せないのですね。お姉さま思いですこと」
「そ、そういうんじゃないわ」
百合の言葉に、鳩子は照れた。照れを隠すために、そしてなおも、姉の夫への怒りをつのらせて、鳩子は続けた。
「わたしのお相手の男ぎみは、実(じつ)があって誠があって、馬や弓を操れて、風雨などものともしない男丈夫がいいわ」
「そうですか……」
 百合は、戸惑ったようにそう言った。

ご意見・ご感想

編集部

約束を簡単に破る軽薄な男たちを見てきた小日向家の姫・鳩子さまは、
実があって誠があって、馬や弓を操れて、風雨などものともしない男丈夫
と理想の殿方を待ち続け早18年…

そんな鳩子さまですが、ある日!目の前に!まさに理想の殿方が…!
ワーイ♪\(^ω^\)( /^ω^)/ワーイ♪
これはもう、絶対にお近づきにならなくてはっ♪

趣向を凝らした香を占い師にもらったりして…
恋をすると普段なら絶対にしないようなことをしたり、
気になったりしてしまいますよね(*´艸`*)
鳩子さまだって、運命の人に出逢えばまじないだって試します!
でもまじないの効力は、思わぬ形で発揮されて――?

私の傍にいてくれるのは義務だから?
あなたにとってが私だけという確証は?

言葉少ない蘇芳さまに翻弄されてしまう鳩子さま…
通じ合っていそうで、ふとした瞬間にすれ違ってしまうおふたり…
少女としてのあこがれしか知らなかった乙女が、蘇芳さまへの恋心に
一喜一憂しながらどんどん一人の女性へと成長していくお姿は必見です!

ドキドキハラハラの平安ファンタジー!
ぜひお楽しみください☆

2016年12月8日 12:16 PM

オススメ書籍

aimirui01b

ドSな上司と不純なカンケイ。

著者逢見るい
イラストnira.

おとなしくて真面目がとりえだけど、いわゆるドジっ子のわたしは、大手老舗文房具メーカーに入社して1年になる総務OL。憧れのイケメン有能課長には、仕事のミスを連発して毎日叱られてばかり。だって課長があまりに素敵過ぎてついつい見惚れて緊張しちゃうせいで、余計にミスが増えちゃって…。イケナイ子でごめんなさい。だけど課長と私の間では、一年前の新人歓迎会の夜から、会社のみんなに秘密のカンケイが続行中。今日も朝から課長の“命令”をちゃんと実行して出社してきたのに…。そう言えば課長はわたしのこと、いったいどう思っているんだろう。やっぱりただの遊びなのかな? それとも…。ツンデレ上司×小動物系OLのどきどきオフィスラブストーリー!

この作品の詳細はこちら