夢中文庫

王子系弁護士は美人が苦手~眼鏡を外した君も好き~

usagawayukari06_s
  • 作家宇佐川ゆかり
  • イラスト桐矢
  • 販売日2016/06/15
  • 販売価格300円

弁護士事務所で働く真衣は、同じ事務所で働く弁護士の亮太から交際を申し込まれた。彼は過去の経験から美人が苦手で、真衣を好きになってくれたのは、真衣が地味な女だから。でも実は真衣は元モデルのそこそこ美人で、地味に見えるのはメイクと眼鏡のせい。以前から彼が好きだった真衣は申し込みを受け入れ、交際はいたって順調だった。問題は、彼の部屋に泊まりに行ったら素顔を見られること。絶対彼に素顔は見せられない!「眼鏡は……明るいところでは外さないでくれませんか」という真衣を彼は不思議そうな顔をしながらも受け入れてくれた。彼の家に泊まりに行くようになった真衣だったけれど、ある日うっかり彼に素顔を見られてしまい!?

藤原真衣(ふじわらまい)は、奥の応接室に依頼人を通し、お茶を出すと一礼して引き下がった。その部屋では、弁護士の渡邉亮太(わたなべりようた)とクライアントが初めての顔合わせを行っている。
(渡邉さん、大変だろうな)
 お茶を出した時の様子を思い浮かべて、真衣は首を振る。
 ドアを閉じる瞬間確認したら、真衣が背を向けたとたん、あの依頼人は必要以上に向かい合ったテーブルの上に身を乗り出していた。真衣の前では、そんな様子を見せないようにしていたようだけれど、亮太に興味を持つ女性が多いのはわかっている。
 ここ、斉藤法律事務所には所長である斉藤成行(さいとうなりゆき)をはじめ、三人の弁護士が所属している。亮太は斉藤が事務所を立ち上げてすぐ入った弁護士だと聞いていた。
 真衣は、事務所設立当時から働いていた事務職の女性が辞めた後任として、この事務所で働き始めた。大学を出てすぐに入って二年目、今年二十四歳になった。
 紺色の地味なスーツに身を包んだ真衣は、少しだけ明るく染めた髪を首の後ろで一つにまとめている。地味な眼鏡に、落ち着いたメイクと控えめな印象だ。
 こういう場所だから、依頼人は問題を抱えた人ばかりだ。真衣は女性としては背が高めで威圧感を与えがちだから、地味な服装を心がけていた。
「……米山(よねやま)さんの件、どうなっているかわかる?」
 もう一人の事務員である大野(おおの)が、お茶を出して戻ってきた真衣に声をかけた。
 彼女は事務所設立当時から働いているこの事務所一番の古株だ。真衣も入ったばかりの頃は、彼女に仕事を教わった。最近では信頼されているようで、少しずつ任せてもらえる範囲が増えてきているのが嬉しい。
「えっと……今日中に必要な書類がそろいます。次、来所されるのは来週に入ってからですね」
 キーボードを叩いて、必要なデータをディスプレイに表示し、現状を確認する。「そう」とだけ言うと、大野は自分の仕事に戻っていった。
 真衣は壁にかけられている時計を見上げた。定時まで残すところ三十分。
 弁護士達は深夜まで残業していることも多いが、真衣のような事務員達はそれほど残業が多いというわけではない。今日は、何もなければ定時で上がってしまおう。
 こまごまとした仕事を片付けているうちに、定時十分前になる。
 今、奥にいるクライアントの話もそろそろ終わるはずだ。大野に何か手伝えることはないかと聞いてみるけれど、彼女も定時で帰るつもりだという話だった。
 所長である斉藤も、もう一人所属している弁護士も、今日は出先から直接帰宅する予定だ。急ぎのものは全て片付けたし、亮太から仕事を頼まれない限り、今日の仕事は終わりにして問題ない。
 やがて、話を終えた依頼人と亮太が会議室から出てくる。依頼人を事務所の出入り口まで送っていった亮太だったけれど、戻ってきた時には額にハンカチを当てていた。

ご意見・ご感想

編集部

王子系イケメン弁護士&元モデル美女!!!
外見が原因で嫌な思い出がある2人が出会ったら……?

弁護士の亮太君は、イケメンすぎるせいで
トラブルになった過去が。
以来、華やか&派手な女性が苦手になってしまった。

同じ職場の事務、地味~な真衣ちゃんに惹かれ、
お付き合いを申し込むけど……

実は、真衣ちゃんは元モデルの美人さん!!
美人が苦手という彼に絶対に素顔は見せられない( ̄□ ̄;)
そこで真衣ちゃんが考えた作戦とは?

是非是非♪
お楽しみください~(゚∇^*)

宇佐川先生からコメントいただきました (v^-^v)
ありがとうございますっ!!
—————————————————–

今回は法律事務所で働く真衣と亮太のラブストーリーです。
元モデルという過去を隠して働く真衣はいたって地味な女性。
対する亮太は過去の経験から女性に対して身構えているところがあって、
とくに美人相手になるとその傾向が強く出てしまいます。
こんな二人が、恋に落ちたらいったいどうなるでしょう。
楽しんでいただけたら嬉しいです。

—————————————————–

2016年6月15日 6:28 PM

オススメ書籍

samejimareiko02_2

ご主人様に狂おしく抱かれて

著者鮫島礼子
イラストnira.

遊びか本気かわからないまま私は愛川さんと体を重ねた。パン屋の店員として働く私とIT企業で活躍する愛川さんとでは住んでいる世界が違う。私以外にも付き合っている女性がいる事は薄々気が付いているけれど私のカラダが愛川さんを求めてしまう。いつも会うまでは不安でたまらないのにベッドの中に入ると大きな安心感に包まれて満たされて……。高校を卒業後にいくつかの職場を転々とした私が足裏マッサージの学校に通い始めたのは、
パン屋でアルバイトを始めたのがキッカケだった。マッサージ師の資格を取って就職をして今度こそ仕事を続けていこうと決めたのにこのままじゃ愛川さんにカラダも心も囚われてしまう。今度こそハッキリさせなくちゃ。

この作品の詳細はこちら