夢中文庫

傲慢CEOからセレブなお世話係に任命されました

  • 作家吉田行
  • イラスト繭果あこ
  • 販売日2017/11/14
  • 販売価格600円

お前みたいな女初めてだ、付き合ってくれ――都合のイイ妄想は〇・五秒で打ち砕かれた。そんなことあるわけないし、独り言を聞かれていたなんて恥ずかしい……。派遣社員の咲菜はCEOの明憲に憧れているが、成果を出せない自分では到底届かない人だと諦めてもいる。なのにまさか、彼の部屋の留守番を任されるなんて!頑張ろうと気合いを入れたのも束の間、恋人と旅行中の筈の彼が初日に帰宅するというハプニング。今しかチャンスがない咲菜は、思いきって素直な想いを明憲に告白する。初心な咲菜と経験豊富な明憲は恋愛観も生活パターンも違うが、いつしか明憲は献身的な咲菜の気持ちを心地良く感じ始め……咲菜の片想いは明憲に届くのか!?

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

1 CEOとインスタと私
 世間は甘くないと知った時にはもういい大人だった。
 秋川(あきかわ)咲菜(さな)は大学で英文学を学び、院まで行ったのにいざ仕事を探すとそんな経歴はまるで役に立たなかった。
 論文ばかり読んでいたのでリスニング力が弱く、TOEICの点数も低かった。英語関係の仕事に就きたかったが面接で落されまくって、咲菜は一旦就活を止(や)めた。
 しばらく勉強して英語力をブラッシュアップし、能力が生かせる仕事につきたい。
 しかし大学にも行かず家で勉強しているだけでは肩身が狭いし、もうお小遣いをもらう年でもない。目標点に到達するまで派遣で働くことにした。
 東武伊勢崎線の春日部に住んでいるので、通勤しやすい日比谷線で探したところ、六本木にあるIT企業に採用された。
(凄い、私が六本木に勤めるなんて)
 少し浮かれた気分で初出社した日、咲菜は周りの雰囲気に圧倒されてしまった。
 今急成長中の会社に勤める社員たちは男も女もキラキラしていた。特に女性の正社員は頭だけではなく顔も審査基準になっているのかと思うほど美人でお洒落だった。
 それに比べて派遣社員たちは平凡な制服を支給され、部屋の隅にあるオペレーションルームでひたすら入力する日々だった。
「なんであの人たちは毎日お洒落が出来るんでしょう?」
 同じ派遣で仲良くなった同僚に聞いてみた。
「そりゃあ、私たちよりお給料も高いし、親が金持ちなんじゃない?」
「あんな高いヒールで通勤出来るの凄いですね」
「皆近くに住んでるみたいよ」
「六本木に?!」
「そこまで近くないけど、代々木とか中目黒じゃない? 終電逃してタクシーで帰ることもあるようだから」
「はあ~」
 春日部から通っている自分からは夢のような話だった。
「六本木に住めたらいいですね」
 ぽつりとそんなことを漏らした咲菜に同僚がにやりとした。
「じゃあうちのCEOと付き合えばいいんじゃない?」
 とたんに咲菜の顔は赤くなる。
「馬鹿なこと言わないでください! そんなの無理に決まってるじゃないですか」
「だって秋川さんフリーなんでしょ? あたしは彼氏がいるから無理だけど。まあCEOなら乗り換えるけどね」
 今フリーどころか、実は彼氏いない歴=年齢の咲菜だったが、さすがにそんなことは告白出来ない。
「そもそもうちのCEO、恋人いるじゃないですか」
 咲菜はスマホを取り出し、インスタを開いた。フォローしているアカウントの中から一人を選び出す。
「ほら、昨日も会ってたみたい」
 それは有名な読者モデル、鳥山(とりやま)リリナのアカウントだった。若い華やかな女性向け雑誌に何度も載って、表紙を飾ったこともある。
 彼女のお洒落な私生活に憧れてインスタのフォロワーは何万人もいた。咲菜もその一人だ。
 だが、咲菜の目的はリリナのコーディネートやコスメ情報ではなかった。
 最新の更新は、薄暗いレストランで彼女が自撮りしている写真だった。片隅に男性の肩が映っている。ダークグレーのスーツだった。
 そこに映りこんでいる男性こそ咲菜の勤めるIT企業のトップ、山路(やまじ)明憲(あきのり)だった。
 彼は名門大学に通いながら会社を立ち上げ、卒業後二年で上場させたやり手だった。
 さらにその甘いマスクと百八十超えの身長で、一時期は様々なメディアに露出していた。
 最近は経営に集中するため露出は控えているが、鳥山リリナと付き合い始めたので彼女のインスタで動向を知ることが出来る。
(素敵だなあ)
 咲菜はリリナのインスタを上へスクロールした。古い記事に映っている二人の生活はまるでお伽噺だった。

オススメ書籍

自堕落オトメに偽恋レッスン

著者玉置真珠
イラストキグナステルコ

七歳年上の直音は、奏にとって初恋の相手。自分に自信がない奏の恋愛はそれっきりだったが、入学した大学で准教授の直音と再会することに! 目を見張るほどかっこよくなり、女生徒にモテる直音に対し、奏は乙女系小説を執筆してサイトにアップするのが趣味の引きこもり系女子。再会に胸を高鳴らせるもののとても釣り合いそうにない。そんなある日、大学で仲良くなった同級生に小説のことを他の人にバラされ!? ますます陰にこもる奏は心配する直音につい胸の内を吐露してしまう。「私も可愛くなりたい!」そんな奏に直音は恋をする練習をしようと持ち掛ける。優しくリードしてくれる直音に、押し込めていた恋心が再び疼き出してしまい――?

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら