夢中文庫

恋わずらいの処方箋~奥手令嬢の純真は幼馴染みの淫らな診察で暴かれる~

  • 作家冬島六花
  • イラスト壱也
  • 販売日2020/07/21
  • 販売価格500円

「声を我慢できたら、君が純真だと診断しよう」──音楽教師志望の奥手な令嬢クレアの悩み。それは、幼馴染みの医師・アンソニーが頭から離れず、彼との淫らな妄想で体の奥を熱くしてしまうこと。悪い病気なのではと不安なクレアは診察を受けることに。しかし現れた主治医はなんとアンソニー本人!? 自分が淫らでないお墨付きが欲しいとねだるクレアに、アンソニーが準備したものとは──淫具を使った検査! 執拗なアンソニーからの責めに、たまらず声は漏れてしまい……罪悪感とともに彼への思いは膨らむばかり。そんな折、アンソニーの同僚医師・ジェシカはクレアに堂々とライバル宣言! 果たしてクレアの初恋と純真の行方は──!?

プロローグ 深夜のいけない妄想
(ああ、アンソニー。早く、こちらへ来て……)
 寝台の中で、クレアは身を捩る。ある男性のことを思い浮かべながら、自らの下肢にそっと手を伸ばす。
 腰まで届くほどのまっすぐな金髪は、額にしっとりと張りついている。透けるように白い肌は、頬だけぽっと上気したような桃色に染まっている。身に纏った柔らかい木綿の夜着も、汗を吸って皺ができていた。
 月明かりが窓から斜めに差し込み、クレアの顔を青白く照らす。
 クレアはここ数ヶ月、夜になると自分を襲う悪夢に悩まされていた。ある妄想が、頭に張りついて離れないのだ。
(お願い、今すぐに)
 茂みの奥にある秘裂を、クレアはそっと撫でた。
(駄目よ、クレア。こんなことをしては駄目!)
 自らをたしなめる。
 クレアを悩ませる妄想とは、ある男性とともに裸で寝台に入り、抱き合うというものだ。
 細身だがしっかりと筋肉が付いた腕、たくましい胸、端正な顔……。
 その男性は、クレアが幼い頃から仲良くしている人物だ。妄想の中の彼は、どれもうっとりするほどに美しく、クレアはもっともっと、ずっと抱き合っていたいとさえ思う。
 そしてなぜか、下肢が疼いてしまうのだ。
(ああ、どうしたらいいの)
 秘裂を指で擦りながら、クレアは独りごちた。
 その部分は蜜を溢れさせて、指はじっとりと湿っている。
 よく見知っている男性を思い浮かべて、夜な夜なこんなことをしているなんて……。
(早く眠らなければ)
 そう思うのに、クレアは指を止めることができない。
 脚の付け根の秘花は刺激を欲しがって、クレアの指を食いつくように包んでいる。
(ああ、でも……気持ち良い)
 潤んだ秘裂を刺激すると、得も言われぬ快感が全身に広がるのだ。
 それに、その男性に本当に抱き締められているような気さえしてくる。
 だからクレアは、それが止められないのであった。
(ああ、駄目。でも……もっとしたいの)
 クレアは、たまらずに指を動かし続けた。
 甘い痺れが、その部分から全身へと広がっていく。
「っ……あっ……!」
 寝台の中で、クレアは大きく身震いした。
 ──ついに、達したのである。
 全身がじんじんと火照る。快楽の余韻が、女芯から全身へと、じわじわと広がっていく。
(ああ、また今夜も、こんなことをしてしまったわ)
 クレアは、自らの眦(まなじり)に浮かんだ涙をそっと指で拭い取る。
 指は先ほどクレアの秘裂から溢れた蜜のせいで、しっとりとふやけている。
 罪悪感にさいなまれながら、クレアは今宵も、眠りにつくのであった。

オススメ書籍

レンタル彼氏の調教付き極上トップロマンス ~時間貸しお試し契約の恋人はS系社長~

著者加藤文果
イラストnira.

「ま、まさか……社長が指名していたレンタル彼氏だなんて……!?」 本社会議に現れた社長は、以前、優奈が友達の紹介で登録した「レンタル彼氏」サービスからお試し派遣された司さんだった。エッチな恋人タイムを思い出して会議中に上の空になった優奈は、致命的な失敗をして大ピンチ。呼び出されて社長室に行くと予想通り、人事の見直しを宣告される。(わ、私、クビになっちゃうかも……!)「世間知らずでは仕事は務まらない。これは業務指導だ」。オフィス最上階にある全面窓ガラスの密室で淫らな行為を強いられ、スパルタな人事制裁の調教レッスンが始まって……!? エロティックなトップロマンス純愛ストーリー!

この作品の詳細はこちら