夢中文庫

10年ぶりに恋、始めます~年下上司の一途な愛情~

  • 作家加地アヤメ
  • イラスト千影透子
  • 販売日2020/07/10
  • 販売価格600円

霜鳥晴、30歳。恋より男より、ぬか漬けが好き。恋愛はしたい相手が見つかったらすればいい。そう思って10年、恋人はおろか好きな人もできない。そんな晴のもとに、28歳の上司・白砂が赴任してくる。そしてある日を境に、晴は白砂から頻繁に誘いを受けるようになって……「霜鳥さんは、年下の男はお嫌いですか」──突然始まった、年下の上司・白砂からのしつこいほどの猛アプローチ! 恋愛する気はないときっぱり断ったはずの晴だったけど、気持ちは次第に白砂へと傾いていき……? 平穏だった晴の日常に突如訪れた、10年ぶりの恋の気配。白砂の一途な想いに、凝り固まった晴の心も次第にほぐれていくかのように思えたけれど……

一 霜鳥晴、三十歳。恋より男よりぬか漬けが好き
 霜鳥(しもとり)晴(はる)(三十歳)の朝は、鋳物の鍋を火に掛けることから始まる。
「さあ、美味しいごはんになれ~」
 わくわくしながら蓋をし、炊いている間に味噌汁の準備に移る。
 煮干しと鰹節でとった出汁に、冷蔵庫の余り野菜を入れ信州味噌を溶く。麹入りの甘めの味噌で作る味噌汁は、寝起きでぼんやりする頭を目覚めさせてくれる……ような気がして、晴の朝ご飯には欠かせない。
 そして最後に、今、晴が、どハマりしているこれ──そう、ぬか漬けだ。
 冷蔵庫から取り出したのは、スーパーで売っている乳酸発酵させたぬかが入ったビニールの袋。そこに昨夜入れておいたきゅうりと、蕪と人参。それらを流水で洗い、適度な大きさにカットする。
 切ったついでに端っこを食べると、いい塩梅に漬かっていて、美味しくできあがったことに自然と頬が緩んだ。
(あー、うま……)
 着替えを済ませテレビを観ているうちにお米が炊けた。ぬか漬けと味噌汁をそれぞれ漬物皿とお椀に盛り、リビングの小さなテーブルに運び準備は完了。
 正座をして、いただきますと両手を合わせ、ご飯茶碗を手に持った。
「美味しい……」
 炊きたてのご飯の、その美味しさに体から力が抜ける。
(やっぱ朝はこれじゃないとね)
 鍋で炊いたご飯とぬか漬けの美味しさにハマってから、晴の朝ご飯はずっとこれだ。
 食事を終えた晴は出勤の準備に入る。デンタルケアをした後、顔にはナチュラルメイクを施し、肩より少し長い髪はきっちり一つ結びが晴の定番スタイルだ。
 長年このスタイルを維持している晴だが、別にこうあるべきというポリシーがあるわけではない。ただ単に自分の外見にあんまり興味がないからだ。
(人を不快にさせない程度に清潔感のある格好を心がけています)
 家を出て早歩きで最寄りの駅に行き、電車に揺られること三十分。勤務先である飲料メーカーの本社に到着した。
 晴が所属する部署はマーケティング部。新商品の売れ行きや、消費者へのアンケートを実施してデータを収集し、それを元に営業部と販売戦略を練るという役割を担っている。
 大学を卒業後、新卒で入社して数年経つが、この会社の居心地はいいと晴は思う。
「霜鳥さんおはようございます」
「おはようございます」
 部署に到着し、数名の社員と挨拶を交わす。
 同じ部署の社員は、部長と課長数人を除くとほとんどが晴よりも若い社員で、男女の比もほぼ半々だ。
 若い社員が多いというのは、部署内に活気があっていい。
 ちなみにこの会社は社内恋愛を禁止していないので、交際をオープンにしている社員もちらほら存在する。同じ部署にも何組か交際中のカップルがいる、という情報だけは晴の耳にも入っている。が、実際のところはどうなのか、正直晴はよくわかっていない。
 というのも。
「晴はさ、もっと自分からぐいぐいコミュニケーション取りに行かないと! だからまだ若いのにお局(つぼね)扱いなのよ~」

オススメ書籍

溺愛王子のレプリカ・ドール~生まれたばかりの無垢な想い~

著者月森あいら
イラストまろ

レプリカ・ドールとして生を受けたエルミールは、人間になるという願いを胸に街に出る。行くあてのない彼女を拾ったのは、褐色の髪に蒼い瞳の青年クリストフ。ドレスに礼儀、食事にダンス。同時に甘い恋も教えられる。人間になりたいという思いは高まり、そんな中同じレプリカ・ドールだった仲間に出会う。なんと彼女は人間になっていた。人間になるには人間からの愛が必要だという。「あなたを愛してくれる人間はいないの?」互いの愛は確信しているのに、人間になれないエルミール。最後のピースを見つけたとき、彼女を待つ運命は?永遠を生きる人形が、愛する人のために取った行動とは?生まれたての心が送るピュアラブストーリー。

この作品の詳細はこちら