夢中文庫

執着CEOの強引な溺愛前提プロポーズ

  • 作家花音莉亜
  • イラスト春楡いちる
  • 販売日2020/11/02
  • 販売価格700円

「待ってた分、今夜は感情を抑えられそうもない」──突然、奈々に舞い込んだお見合い話。両親を亡くして以降、大事に育ててくれた伯父夫婦への親孝行のつもりでその話を受けた。しかし現れたのは若くして成功した有名なIT企業のCEO・一条康介。甘いルックスで華やかなオーラを放ち、奈々をとても気遣ってくれる。自分は不釣り合いだと思った奈々は縁談を断ろうとするが、優しく真剣なまなざしの康介からの強引なプロポーズに思わず頷いてしまう。心を開いてくれるまで待つと、寝室を別に始まった新婚生活。康介の優しさに触れるたび惹かれていく奈々は距離を縮めたいと願い──蕩けるような時間、溺愛される日々に満たされて……

「奈々(なな)、お見合いをしてみないか?」
「え?」
 義父からの突然の提案に、私はしばし呆然とする。なぜなら二十六歳の私にとって、見合いは少し早い気がするし、その必要性もないからだ。
「お相手はね、父さんの会社の取引先の息子さんなんだ。奈々も会えば、きっと喜んでくれると思うよ」
「お父さんの? そうなんだ……」
 そしてなぜか、それ以上のことを教えてくれない。どうやら、相手の男性は会うまでのお楽しみらしい。どんな人と見合いをするのか、分からないのでは引き受けようもない。とはいえ、相手が誰であっても気乗りはしないだろうけど、断ることもためらわれた。なぜかというと、私の結婚が決まることで義父が安心するならそうしたいからだ。私は十三歳のときに、交通事故で両親を亡くしている。
 中学生という多感な年頃の私を、父の兄である伯父夫婦が引き取って育ててくれたのだ。子供のいない養父母は、本当の娘のように私に接してくれ慈しんでくれた。その二人が望むなら、親孝行のつもりで受けてみてもいい。
「分かったわ。お見合いをしてみる」
 そう返事をすると、義父はホッとしたように表情を和らげた──。
「奈々さんは、とても控えめな方なんですね」
 見合い場所は、鹿威(ししおど)しの音が室内にまで聞こえてくるほど静かな和食の店だ。張り替えられたばかりの天然イグサの香りがする和風の部屋で、暖かな日差しが控えめに差し込んでいる。日曜の昼下がりなのに、ここが街中にあるとは思えないほど、車や人の声が聞こえてこない。見合いをするには抜群の場所だけれど、余計に緊張感が増していた。
「いえ……。単に人見知りなんです……」
 小さく微笑むと、私の向かいに座っている一条(いちじょう)康介(こうすけ)さんが穏やかに笑みを返してくれた。
 義父が話してくれなかった理由が、彼と直接会ってよく理解できる。なぜなら彼は、IT企業『リボーション』のCEOだったからだ。
 リボーションは康介さんが創った会社で、サーバ開発で一躍有名になった企業だ。様々なプラットフォームを開発し、SNSや通信販売などネット環境を利用した事業を手掛けては大成功を収めている。
 セキュリティの高さも評判がよく、様々な企業のホームページ作成なども請け負っていて、つい最近もテレビで取り上げられていた。
 康介さんは三十歳の若さで、二万人以上の従業員を纏めている。経営手腕が高い有能な人というだけでなく、甘いルックスと長身で華やかなオーラを放つ人だけにメディアで頻繁に紹介されていた。
 そんな人が見合い相手なのだから、紹介されたときは呆気に取られたほどだ。さらに、彼のお父さんも社長をしており家柄も立派だった。
 そういう人だとあらかじめ分かっていたら、気圧されて見合いを頑(かたく)なに断っていたと自信を持って言える。
 でも、こうやって康介さんを目の前にしたら、とりあえずこの場をやり過ごそうと考え方を変えた。

オススメ書籍

暗闇で愛して~華奢系肉食男子がわたしを襲う理由~

著者乃村寧音
イラスト炎かりよ

空間デザイン会社で事務方をしている地味顔の理系女子、理沙(りさ)。彼氏いない歴も8年目に入り、寂しさからお気に入りのぬいぐるみと抱き枕が放せない日々。ある日、地下倉庫でデザイナーの敏哉(としや)と探し物の最中に停電に遭い、いきなりの暗闇の中で動転した理沙は誘われるままに敏哉と結ばれてしまう――。以前から敏哉は優しかったが、理沙にはその理由がわからない。そんな中、敏哉は二か月間の長期出張に。「帰ってきたらデートしようね」という言葉に、次に会うまでには綺麗になっていたいと、エステやネイルに通い、可愛い服も揃えた理沙。それなのに! 敏哉は他の女の子とランチデートを……。すれ違いの初恋ストーリー。

この作品の詳細はこちら