夢中文庫

恋焦がれる生真面目王子との淫魔な夜

  • 作家こいなだ陽日
  • イラスト吉崎ヤスミ
  • 販売日2020/07/28
  • 販売価格600円

一途な王子から想われ続けていたようで困りました!? 体力が自慢の男爵令嬢ターニャは家族のため城への出仕を決意。トントン拍子に採用された先で待ち受けていたのは特別な仕事──なんと、淫魔憑きの第二王子・ベルスラフに生気を分け与えること! 破格の条件で引き受けるが、彼は二年前に出逢った女性を思い続けている模様。その女性の正体が自分だと気付くターニャ。ベルスラフは生真面目で好感を持てるけれど、平凡な幸せを願うターニャには王族の妻になるなど厄介。当時の姿とは違うし、気づかれぬよう祈るが……ああ、食べられてる──快楽を与えられ、生気を淫らに貪られ、行為も毎晩エスカレートしていき……

プロローグ
 砂塵が風に舞い、雲ひとつないはずの空が鈍(にび)色に淀んで見える。
 十六歳になったばかりのターニャ・バルツァルは、砂塵を吸いこまないように口元をしっかりと布で覆いながら、腐った材木を乗せた孤輪車(ひとつわぐるま)を押していた。
 自慢の銀髪は砂で汚れ、くすんだ茶色になってしまった。薄紅色で形のいい唇は布で隠され、意志の強そうな緑色の瞳だけがターコイズのように鮮やかな輝きを放っている。
 周囲の材木や汚泥を運んでいる者たちは、みんな男性だった。女性で力仕事をしているのはターニャくらいだ。
 今ターニャがいる場所は、大規模な水害があったばかりの村である。連日の大雨で川が氾濫(はんらん)し、村人たちは高台に逃げて一命をとりとめたものの、水に呑みこまれた村の状況は酷いものだった。
 建物は壊れてばらばらになり、あちらこちらに木材が散らばっている。水と泥を吸った木材はところどころ白いカビが生えていて、とても再利用できそうにない。
 今、大勢の者が後片付けにあたっている。とはいえ、そのほとんどがこの村の者ではなく、災害で心身ともに疲れきった村人たちの代わりに働くボランティアたちだ。災害後の後片付けが難航しているとの噂を聞き、集まったのである。
 もっとも、なんの見返りも求めない、善意のボランティアはほんの一握りだ。ここにいるボランティアたちは、皆同じ目的を抱いている。
(これで何度めのボランティアかしら……。もうそろそろ、我が家の貢献度も高くなって、貴族の一員にしてもらえるかもしれない)
 孤輪車の把手をぎゅっと握りながら、ターニャはそんなことを考える。
 ターニャが生まれるより前、この国は近隣諸国と大きな戦争をしていて、国中の至る所が荒れ果ててしまった。その戦争も無事に終わり、復興に向けて国は動いているものの、優先されるのは王都や国境・港付近の貿易都市である。
 それ以外の土地は、生活するのに不便がないよう簡易的に整えただけで、大雨や強風など、自然が猛威を振るえば簡単に危機にさらされた。国もなんとか対策を練っているが、国内のすべての場所を整備するのには膨大な時間と資材、人材、資金がかかる。人口が少ない村は、どうしても後回しになってしまうのだ。
 川側や崖下など危険そうな場所に住む村人に対して、設備の整った大きな村に移住するようにと積極的に勧めているが、長年慣れ親しんだ土地を離れる者は少ない。
「今までここで暮らしてきて大丈夫だったんだから、問題ないだろう。ご先祖様の墓から離れるわけにはいかない」
 そんなことを言って、同じ土地に住み続ける人が大半だ。
 何事もなく慣れ親しんだ土地で一生を終える人がいる一方、予想外の災害で壊滅状態に陥ってしまう村も多い。今ターニャが片付けを手伝っているこの川沿いの村も、初めて氾濫したそうだ。
 戦後の土地整備が終わっていないこの国は災害が多く、復興のために人手を欲している。そこで国が打ち出した政策が、ボランティア制度だった。
 この国には、貴族と庶民、ふたつの階級がある。たとえば国に仕える役人は、同じ仕事をしていても庶民と貴族では給与に差があり、貴族にしか許されない特権も沢山あった。貴族になりたいと望む庶民は多い。
 そして、国が雇用する庶民階級の文官や騎士が優秀な功績を収めた場合、男爵位を与える習わしがあった。よって、国に登用された庶民たちは貴族になるために励んでいる。

オススメ書籍

恋するカラダを抱きしめて

著者乃村寧音
イラストもなか知弘

一年ほど前から彼氏に冷たくされ続け、心も身体も寂しい美羽。ある日、居酒屋で女友達にそんな悩みを話していたら、取引先の大手不動産会社に勤務する真面目なイケメン男子・圭吾に、たまたま話を全部聞かれてしまう。後日「毎晩寂しいんだ。俺のソフレ(添い寝フレンド)になってよ」と持ちかけられ、冗談だとばかり思っていたのに、部屋まで連れていかれ、壁に押し付けられてキスされて……。ソフレはキスもセックスもしないはず、話が違う、と逃げようとしたけれど、自分の本当の気持ちに気が付いてしまった美羽は……。

この作品の詳細はこちら