夢中文庫

落とし物で結ばれる御曹司との極上恋愛

  • 作家宮小路やえ
  • イラスト一夜人見
  • 販売日2020/10/07
  • 販売価格500円

OLの柚香は、一人暮らしを始めるため物件探しの日々を送っている。なかなか理想の部屋に巡り合えない中、落とし物を届けたことがきっかけで不動産会社の御曹司・隆一と出会い、物件を紹介してもらうことに。部屋が決まった後も何かと連絡をくれる隆一に、柚香は紹介者として気遣ってくれているのだろうと思っていたのだが……。ある日、柚香は隆一から食事に誘われ、そのままホテルのスイートルームで一夜を共にする。隆一に惹かれながらも、自分ではあまりに不釣り合いという思いから「本気にしたりしない」と強がってしまうのだが、そんな柚香に隆一は「もう恋人だ」と言ってきて……? 平凡なOL・柚香の初めての恋は、極上の御曹司と。

プロローグ 柚香の思い出
 祖母の白い手が、色とりどりの花であっという間に水盆に美しい世界を作っていく。
 五歳の植村(うえむら)柚香(ゆずか)は、祖母と和室で過ごす時間が好きだった。
「柚香は大人しい子だねぇ」
 じっと祖母の所作を見つめている柚香を見て、祖母の和歌子(わかこ)はいつも微笑んでそう言っていた。
 身体も弱くないし、友達もそれなりにいる。だが、外で同い年の子と遊ぶよりも、幼稚園から帰ると祖母といる方が柚香は楽しかった。
「おばあちゃん、ゆずかもやってみたいなぁ」
 祖母のような人になりたい。五歳にして、柚香は貴婦人の鑑のような祖母に憧れていた。
「そうだねぇ」
 祖母が柚香の頭を撫でる。ふわりと、花の匂いがした。
「柚香が六歳になったらね」
「なんでろくさいなの?」
「昔からそういうのよ。大きくなったら、自分で調べてごらん」
 来年が楽しみだねぇ、と祖母が笑った。柚香も、今すぐ稽古をつけてくれないのは残念だったが、つられてにっこりと笑った。
「柚香はどんな大人になるんだろうね。でもこれだけは覚えておいてね。運命の出逢いだけは、何があっても手放しちゃだめよ」
「うんめい? であい?」
「あら、まだ難しかったかしら。でもいつかきっとわかるわ」
 だが柚香が、祖母から手ほどきを受けることはなかった。年の暮れに体調を崩した祖母が、そのまま帰らぬ人となったからだ。
 あれから、十七年──。
 二十三歳の誕生日を半年後に控えた柚香は、災難に見舞われていた。
第一章 喫茶店で見つけたもの
「はぁ……なかなかないなぁ」
 歩き疲れた柚香は、休憩のために喫茶店に入った。
 チェーン店ではなく、アンティーク調の扉に古ぼけたOPENの看板がふと目についた店だった。
 人の多いガヤガヤしたチェーン店は、どうにも落ち着かなくて苦手だった。友人と一緒なら問題ないのだが、一人だと周囲の音が気になってしまう。
 初めて入った喫茶店だが、JPOPをクラシック風にアレンジしたBGMが流れており、多少の談笑は聞こえるが騒がしくない。空調が効いていて、七月にさしかかろうとする暑気でかいた汗が引いていく。
 店内の客は、カウンター席に男性が一人、四つあるテーブル席のうち一つに親子と思しき女性二人。ボックス席は仕切りがあるため、扉からは見えなかった。
 空いているからと、ボックス席に案内された柚香は、ほっと一息をついた。そして、ウェイターにアイスティーを頼んだ。
(実家から通えなくもないけど、やっと一人暮らしを許可されたのに)
 私立の大学を卒業後、柚香は地元大阪の食品会社に事務員として就職した。高校も大学も同じく大阪。親の要望で「実家から通える範囲で」と言われて選んだ進路だった。
 経済的なことではなく、単純に両親が「柚香はおっとりしているから、一人暮らしよりも家から通う方が安心」という、過保護な理由だった。

オススメ書籍

秘密の傷痕をつけた年下のカレに今度こそ奪われました

著者玉置真珠
イラスト

年下のカレの心を傷つけてしまったことをずっと悔やんでいた――高校の教育実習で出会ったカレ。今、どうしているだろう。そんな思いを心の奥底に仕舞いこんで、わたしは社会人として歩み始めた。就職した会社では庶務課に配属……え? 秘書課に異動? しかも副社長付の秘書に? なぜ? どうして? 緊張しながら副社長室の扉を開けたら、そこにいたのは――どうして二十歳のはずのカレが副社長室にいるの!? 驚いているわたしにかけられたのは「ずっと逢いたかった」という言葉。だけど、追加された言葉はとっても上から目線で俺様で――「ほかの会社に働き口を見つけたとしても……我が〈槇本財閥〉の力で、いくらでも握り潰してやる」

この作品の詳細はこちら