夢中文庫

お月さまに願いごと三回~幼馴染との恋は不器用で~

  • 作家桜木小鳥
  • イラスト龍胡伯
  • 販売日2020/12/29
  • 販売価格300円

「いつまでも昔のままでいられるわけないだろ」──小さな商店街にある酒屋の看板娘・美月と、大手不動産会社に勤めるエリート・佑真は小学一年生のころからの幼馴染。背も伸びエリート街道を走るようになっても、佑真はちょくちょく美月の店に顔を出す仲。しかし、商店街が再開発でショッピングモールに!? その計画を進めているのが佑真の勤める会社だと知った美月は愕然。佑真に「あんたなんか大っ嫌い!」と思わず口にしてしまう。美月は商店街を守りたいと必死に頑張るが……。二十年以上、近くにいた佑真と初めて感じる心の距離。ずっと変わらない想い、変わらないと進めない関係──幼馴染との不器用な恋をほどいて……

「泣かないでよ」
 小さな沖永(おきなが)美月(みつき)が同じくらい小さな男の子に言った。
 小さいと言っても彼女らが小学一年生の頃だ。
 男の子の名前は斉木(さいき)佑真(ゆうま)と言う。
「お母さんが入院しちゃったんだ。もしかして死んじゃうのかな?」
 目を真っ赤にした佑真が言った。その口から出た言葉に、美月は子どもながらにぎょっとしたことを今でも覚えている。
「えっ!? まさか、し、死ぬわけないじゃない」
「だって……。お母さんが急に倒れて、それでお父さんが慌てて病院に連れて行って、そのまま入院するって……」
 佑真の男の子にしてはぱっちりとした大きな目から、また涙が溢れてくる。
「もう、泣かないで。佑真は男の子のくせに泣き虫なんだから。困ったなあ。大地(だいち)にいじめられたんなら助けてあげられるけどさ」
 そもそも美月がこの泣き虫の転入生と話すようになったのも、同級生の中で一番のいじめっ子だった土屋(つちや)大地から助けたことに始まる。
 困った美月は空を見上げた。青空に白い月が浮かんでいる。夜でもないのに、その時はやけにはっきりと見えた。
 この時、美月は家の近くにある公園のジャングルジムの一番上に居たから、いつもよりも空が近いように思えた。
 その瞬間、美月は祖母から教わった言葉を思い出した。
「ねえ、知ってる? お月さまに三回お願いすると願いが叶うんだって。おばあちゃんが言ってた」
「……本当に? 流れ星じゃなくって?」
「本当よ。わたしが一緒にお願いしてあげる。わたしの名前、美月って月がついてるんだから、ばっちりだよ」
 疑い深そうな佑真に、美月が大きく頷く。
「佑真のお母さんが元気になりますように!」
 空に向かって大きな声で叫ぶこと三回。
 その願いを本当にお月さまが聞き入れてくれたのか、その後、佑真のお母さんは無事に退院した。と言うか、実は出産で入院しただけだった。
 佑真のお父さんはそのことを伝えたが、本人がちゃんと聞いていなかったらしい。まったく、人騒がせなヤツだ。
 あの頃の佑真はどこか抜けていた。
 でも今思えば、あの頃が一番良かったかもしれない。
 そう美月は思った。
 ***
「おい、店番しながら寝るなよ。不用心だろ」
 あの頃よりずっと低くて、そして呆れたような声が美月のすぐ近くで聞こえた。
 いつの間にか閉じていた目をふっと開けると、やっぱり呆れ顔の佑真がそこに居た。さっきまでの子どもの佑真じゃなくて、大人の男だ。
 イケメンのエリートサラリーマン。
 あの頃から二十年以上が過ぎ、佑真はそんな大人になった。
 美月を見下ろす佑真の目は少し冷たい。
 いつからこんな顔で美月を見るようになったのだろう。
 少なくとも小学生の時は、いつもキラキラとした尊敬のまなざしで見られていた。美月がいじめっ子からいつも助けてやっていたからだ。

オススメ書籍

身がわり王女の偽りロマンス

著者北條三日月
イラスト龍胡伯

ラスヴィニア国の王女クレアと姉妹同然に育てられたユリア。いつか、国王家族に育ててもらった恩返しがしたいと思っていた。そんな時、残虐で冷酷非道と恐れられている隣国アトランティーダの王より、王女との婚姻の申し出が。国の平和ため、この婚姻は断れない……。大切な国王のため、王女のため、ユリアは、自ら身代わりとなり“王女クレア”として嫁ぐことを申し出る。ところが、アトランティーダの王カインは、噂とは全く違っていた。「君だけを愛すると誓うよ」──政略結婚のはずなのに、身も心も隅々まで愛され、彼に惹かれていくユリア。次第に、王を騙していることが心苦しくなって──?

この作品の詳細はこちら