夢中文庫

恋は瞬く間にやってくる~極上な彼の全力疾走する求愛~

  • 作家沢渡奈々子
  • イラスト上原た壱
  • 販売日2020/1/7
  • 販売価格600円

「君のことが好きです。俺とつきあってくれませんか?」──アウトドアショップに勤める絵麻は、客の樹から日々熱心にアプローチをされている。彼は走ることが好きな美形で背も高い。こんなハイスペックな人が何故平凡な自分に? 彼を疑う気持ちが拭いきれない絵麻は、まんざらでもないと思う心を抑えつけて断り続けてきた。しかし樹はその人柄で彼の友人でもあるショップ店長を手始めに、絵麻の弟をも味方に。完全に外堀を埋められてしまった絵麻。ついには樹が大型市民マラソンを三時間以内でゴールしたら彼女になる約束をさせられてしまう。絵麻はできるわけないと高をくくるが……。果たして樹は三時間を切ることができるのか──

「絵麻(えま)は今日も可愛い」
「……どうも」
 うんざりしたようにぼそりと吐き出すと、絵麻は陳列棚の上に無造作に置かれたTシャツを手にした。身体の前面を使って器用にたたみ直していく。
 目の前の男は、棚の向こう側から彼女を満面の笑顔で見つめている。極めて機嫌のよさそうな表情を視界の端っこで認めながら、絵麻は棚から棚へと移動してそこに置かれたものをきれいに整理していった。
「そうやっててきぱき働く絵麻も好きだよ」
「……神尾(かみお)さん」
 つかず離れずでついて来る男に、絵麻は大きくため息を吐く。
「何?」
「お褒めいただくことは嬉しいのですが、私、仕事中なので」
「じゃあ仕事の後でデートしてくれる?」
「その件はお断りしたはずです」
「そうだっけ? ……あ、少し怒ったような顔も可愛い。好きだなぁ」
 とぼけた口調で放たれた台詞に、絵麻は拍子抜けする。きっぱり断ったところで、いつもこんな風にけむにまかれてしまうので困るのだ。
「っと、あぁ……残念。タイムアップだ、行かなきゃ。また来るから、絵麻。デートのこと、考えておいて」
 この男──神尾樹(いつき)が長崎(ながさき)絵麻の前に現れるようになったのは、かれこれ一ヵ月近く前のことだ。
 絵麻が勤務する『GOSH(ゴッシュ=ゴディル・アウトドア&スポーツハウス)』に突然現れては、恵まれた造作の顔に人の好さそうな笑みを貼りつけて、
『長崎絵麻ちゃんだよね? 俺は神尾樹と言います。君のことが好きです。俺とつきあってくれませんか?』
 開口一番、そう言い放ったのだ。
『え……すみません、お断りします』
 見知らぬ男からの告白に困惑しながらそう答えると、
『じゃあ、まずはデートして。俺のことを知ってほしいし、絵麻ちゃんのことももっと知りたいから』
 と、食い下がってきた。
『無理です』
 と言っても諦めてはくれず、それ以来、絵麻が店舗に出ている時を見計らっては、姿を見せるようになったのだ。
 どうして彼女のシフトを知っているのかと尋ねてみても、笑ってごまかされる。
 それからも『好き』『可愛い』『俺とつきあって』などなど──惜しみない愛の言葉のシャワーを浴びせてきて。絵麻に対する好き好き大好きオーラを隠しもしない樹に、絵麻は困っていた。
 ──悪い気はしないのだ、悪い気は。
 何せ樹ときたら、一言で表すと『美形』だ。年齢は絵麻より二つ上の二十七歳。甘めのマスクに艶やかな短めの黒髪、百八十を少し超えた長身、長い脚──スーツがよく映えるスペックを持ち合わせており、女性を軒並み虜にしてもおかしくない。
 おまけに走ることが好きなのか、時折ジョギングウェアで来店するのだが、全身筋肉質でしなやかな身体つきをしているのが見て取れる。
 とまぁ、見た目だけなら文句なしにイケメンなのだ。
 けれど、そんなルックスから発せられる愛情表現があまりにもオープンすぎて、かえってそれを素直に受け取ることができないでいた。

オススメ書籍

ヤンデレ幼馴染から逃げる5つの方法

著者佐久良慶
イラスト繭果あこ

大学生の京子の幼馴染は、スタイル良し、ビジュアル良しの若手俳優・篠崎研哉。小中高さらに大学まで、毎朝一緒に登校し、同じ授業を受ける日々…。ただの幼馴染なのに、まるで恋人同士のような距離感に疑問を持った京子は、そろそろ「幼馴染離れ」をしようと決意する。偶然にも同じ趣味を持つ男子に話しかけられ、新しい友達を作ろうとする京子だったが、そこへ現れた研哉に自宅へ連れ去られ──!?
「俺のことだけを見て、俺だけを頼っていた京子に戻るまで……ここにいてもらう」
彼の目の奥で揺らめく嫉妬の炎…閉じ込められ、強引に刻み込まれる愛のしるし。盲目的で激しい束縛から逃れるために京子が考えた方法とは──?

この作品の詳細はこちら