夢中文庫

豹変した幼なじみの恋の罠!?~無敵御曹司の独占欲は想定外です~

  • 作家沢渡奈々子
  • イラスト龍胡伯
  • 販売日2020/08/18
  • 販売価格800円

「灯里を俺のものにするためならなんだってする。それこそ家の力だって利用するよ、俺は」――灯里と礼は生まれた時からずっと一緒の、いわゆる幼なじみという間柄。礼は京条グループの御曹司でいつも無邪気に灯里の後をついてくるような『わんこ』だ。彼女はそんな人懐っこい礼を弟のように思っていた。なのに二十歳の誕生日パーティで、灯里は礼から突然プロポーズされる。庶民の自分に京条家の嫁は無理と断ろうとするものの、実は気づかない内に花嫁教育をされていたのだ。しかも礼の『わんこ』がそのためのお芝居だったと知らされ、灯里は怒りのあまり彼を殴ってしまう。しかし本性を出した礼は灯里に怒涛のアプローチを開始してきて……。

 京条(きょうじょう)礼(れい)は、日本最高峰の私立大・惠鳳(けいほう)大学の中で最も有名な男子学生だろう。
 日本人ならほぼ誰でも知っている大企業・京条グループの御曹司であり、かつ目の覚めんばかりの美貌を湛えているからだ。
 一見すると冷淡に見えるいわゆるクールビューティだが、上品で穏やかな雰囲気も併せ持っているのは、さすが生まれながらのセレブといったところか。
 つやつやとした暗褐色の髪から覗く切れ長の瞳は、理知的で頭の良さが見て取れる。彫り深い目元からすっと通った筋を持つ隆鼻からは強い意志が感じられ。美しい弧を描く口元は上品で、そこから零れる声は多くの女子の脳髄を痺れさせるほどに色っぽく響く。
 礼は見た目だけで多くの人間を魅了するに十分な要素を備え持っていた。その上『京条家御曹司』というバックグラウンドがさらに彼の価値を釣り上げているわけで。
 実際、途轍もない数の女子学生たちが、時には男子までもがあの手この手で礼に取り入り、媚び、どうにかして『京条礼の彼女』もしくは『京条礼の友人』という、光り輝く肩書きを手に入れようと躍起になっている。
 過去にはストーカー行為に出た者もいたが、礼には常にSPがついているため、その都度排除されてきた。
 しかしそんな数多な者たち──特に女子にとっての最大のハードルは、実はSPなどではなかったのだ。
     ***
「灯里(あかり)ちゃ~ん! 袖引っかけてボタン取れちゃったよ~!」
 昼休みの大学の中庭──取れたボタンをぶんぶんと振り回しながら、礼が私の元に駆け寄って来た。辺りを見回すと、ちょうどいいベンチがあったのでそこへ座る。
「あー、はいはい。縫ってあげるからシャツ脱ぎなさい」
 私はため息混じりで、目の前のわんこに向かって手を差し出した。
「はぁい」
 礼が急いで脱いだシャツを受け取り、バッグの中からソーイングセットを取り出す。こんなことは日常茶飯事。だから私が普段持ち歩くバッグには、救急セットやらハンカチ数枚やらいざという時の携行品が常に入っている。
 礼や友達からは「四次元ポケットみた~い」と言われているけれど……友達はともかくとして、礼からだけは言われたくないのよね。
 ぼやいていても仕方がないので、ボタンの色に似た糸を適当な長さに切り取り、針に通してからちくちくとシャツに縫いつけていく。我ながら器用になったものだわ。
 そんな様子を、私を器用にしてくれた礼が目を輝かせて見つめている。ベンチの隣を陣取り、手元を覗き込むようにして。私の一挙手を絶対に見逃すまいとしているみたい。
「さすが灯里ちゃん、手馴れてる~」
「誰のせいよ、まったく。……あぁっ、ちょっと破れちゃってるじゃない。せっかくの高級ブランドのシャツが……」
 一体、このシャツ一枚何万円するんだか。庶民にはそうそう手が届かない代物だというのに、この子はほんとにもう……!

オススメ書籍

10年ぶりに恋、始めます~年下上司の一途な愛情~

著者加地アヤメ
イラスト千影透子

霜鳥晴、30歳。恋より男より、ぬか漬けが好き。恋愛はしたい相手が見つかったらすればいい。そう思って10年、恋人はおろか好きな人もできない。そんな晴のもとに、28歳の上司・白砂が赴任してくる。そしてある日を境に、晴は白砂から頻繁に誘いを受けるようになって……「霜鳥さんは、年下の男はお嫌いですか」──突然始まった、年下の上司・白砂からのしつこいほどの猛アプローチ! 恋愛する気はないときっぱり断ったはずの晴だったけど、気持ちは次第に白砂へと傾いていき……? 平穏だった晴の日常に突如訪れた、10年ぶりの恋の気配。白砂の一途な想いに、凝り固まった晴の心も次第にほぐれていくかのように思えたけれど……

この作品の詳細はこちら