夢中文庫

欲情証明~今夜、鬼上司をお持ち帰りして誘惑します~

  • 作家涼川凛
  • イラスト海月あると
  • 販売日2020/10/09
  • 販売価格800円

文具メーカーの企画開発部で働く千鶴は、恋愛をしたいと思うものの、男性に不慣れなあまり冷たく接してしまう天邪鬼な性格。男性に対して鉄壁のガードを崩さない姿から、いつの間にか『千鶴の恋愛対象は男性ではない』という疑惑が広がっていた! これじゃ一生恋愛できない!? 焦った千鶴が思いついた方法は……信用できる人ナンバーワンの鬼上司・天野に噂を払拭してもらうこと! ――「課長、うちに来ませんか」お酒の力を借りて、天野を逆お持ち帰りする千鶴だったが……「俺をその気にしてみろ」誘惑ってどうすればいいの!? 戸惑う千鶴を天野は熱っぽく見つめるばかりで――

一章 クールビューティ?
「おはよう」
 静かなオフィス内に渋めの声音が響いて、部署の入口付近がにわかにざわめき始めた。
 その声と社員の反応で、誰が来たのかすぐに分かる。待ち焦がれていた人の出社に、朝倉(あさくら)千鶴(ちづる)の胸は途端にそわそわとして、落ち着かなくなった。
 ──課長だ……!
 パソコンのモニターから目を離して振り返ると、焦げ茶色のスプリングコートを羽織った課長がツカツカと自席に向かってくるのが見える。
「おはようございます、課長」
 通りざまに挨拶をすると「ん」という短い言葉が返ってくる。こんなふうに、笑顔もなく視線も合わせないのはいつものことだ。
 勤め始めて間もない頃は無視をされたような気がして落ち込んだりしたけれど、五年も経った今は慣れてしまってなにも感じない。
 ──課長が笑顔だと、却って不気味だものね……。
「課長、出社早々にすみません。後程ご相談したいことが……」
 千鶴の背後にいる男性社員が話しかけると、課長は腕時計をチラ見して「じゃあ十六時に」と簡潔に受け答えた。
 方々からかけられる声に対して短めな受け答えをしながら、足早に自席に向かっていく姿は、仕事のできる男性特有のオーラが漂う。全身が自信に満ちていると言うべきか、一分も隙がない。
 颯爽とコートを脱いでビジネスバッグから書類を出すのもそこそこに、すぐにパソコンを立ち上げた。
 課長が姿を見せただけで、職場の空気が一変する。
 青一色の布の上に白い糸をぴんと張って置いたような、静かだけれど確かな存在感は、どんなに無視しようとしてもそれを主張してくる。さっきまで猫背だった男性社員も、自然と背筋が伸びてしまうくらいに、程よい緊張感を職場に与えるのだ。
 それは管理職にありがちな雰囲気だけれど、課長の場合は群を抜いていると思う。仕事に厳しく、『鬼』と言われるほどの迫力には、社内に敵う者などいない。唯一、社長が対抗できるくらいか。それほどの強さを持っている。
 現在午前十一時を回ったところ。事前に連絡されていたスケジュールよりも少し遅めの出社は、訪問先で想定外のトラブルがあったのだろうか。
 課長の出社を待ち焦がれていた理由は、彼に恋をしているとかそういうことではなく、確認してほしい書類があるためだ。
 千鶴はパソコンモニターを見るふりをしながら、こっそり課長の様子を観察した。
 ──今、話しかけてもいいかな。
 タイミングを見計らわなければ『後で見る』ことになって、すぐに返事がもらえないかもしれない。課長は多忙ゆえに『後で』になると、返事を催促するのも一苦労する。
 それに、たしか今日は会議があるはずだ。加えて『男性社員からの相談』があれば、ますます午後は体が空かないだろう。
 眉間に寄るシワとパソコンモニターを睨むようにしている目はいつもの表情だけれど、今日は時間だけでなく心理的にも余裕がないのか……。話しかけてもよいのか、判断に迷う。

オススメ書籍

「強引社長の溺愛」って、こんなに甘い香りなんですか!?

著者桐野りの
イラストゆえこ

顔が真っ赤だぞ、君は本当に可愛いな。そんな甘い囁きをもらう日が来るなんて考えたこともなかったのに!――謙虚で優しい芦田ゆりは花のこととなると真剣そのもの。花屋を一人で切り盛りし、丁寧に美しい花束を生み出していく。大きな花輪も小さなコサージュも心を込めて。その姿を見かけた上坂拓郎。上場企業の社長である彼はゆりに「君を買いに来た」と言った。驚くゆりだがあるオーダーを受け、とても楽しくその仕事に励む。上坂がゆりをデートに誘ったことから急接近!の筈が、氷のような女性がゆりに嫌がらせを始めて……?淫らな悦楽を上坂に与えられ、ゆりは困惑する。女性の影が見え隠れするのにゆりの体に愛を刻む上坂の本心とは――?

この作品の詳細はこちら