夢中文庫

アドウマドカ

東京都在住。ロマンス小説執筆中。読者様を甘く幸せなひとときへご招待します。カフェで食べるご飯が好き、自宅でも作ります。チキンピラフトマト入りが最近の傑作。お買い物大好きなのに断捨離も決行中というジレンマ。できたらトランク一個で暮らしてみたい。皆川博子先生が憧れの人、「少年十字軍」を読んで溜息をついています。みずみずしい文章が本当に素敵。

作品一覧

香水嫌いな王子様の専属調香師に選ばれまして?

著者八朔きうい
イラストにそぶた

「……俺のこと理解するのも、仕事なんでしょ」「そっ、そうですけど……っ」「じゃ、よく味わっといて」調香師・ルナが国王から任命されたのは香水嫌いな第二王子・ソレイユの香水を作ること──!? 最悪な出会いに最悪な課題。二人の相性も最悪かと思われたが、ある事件をきっかけにルナとソレイユは距離を縮め始める。いくらお互いをわかりあったとしても、香水が完成してしまえばソレイユの調香師ではなくなる。そんな事実から目をそらそうとするルナだったが、ソレイユに結婚の話が持ち上がり……。どこか影のある年下王子×香水オタクな調香師の身分違いの恋は成立するのか?

この作品の詳細はこちら