夢中文庫

冬島六花

2018年、エブリスタ小説大賞受賞作『禁断恋鎖 お義兄さまと私の異常な愛欲』(プランタン出版ティアラ文庫)にてデビュー。
冬をイメージしたペンネームだが、寒さに弱い。
植物、鉱物、手紙、編み物、紅茶、お菓子が好きで、よく小説に登場させる。

作品一覧

お嫁さんにしてあげる

著者立花実咲
イラストnira.

吉村陽菜《よしむら ひな》(20)はお隣に住んでいるお兄さん、藤沢祐樹(28)にずっと片想いしていた。「大人になったら結婚しようね」と小さな頃誓ったことを陽菜は健気に覚えていた。けれど彼はいつまで経っても一人の女として見てくれない。それもそのはず。祐樹が好きなのは陽菜の姉である彩夏だったのだ。その後二人が付き合うことになり大ショック。けれど数年後二人は別れてしまい……陽菜は姉に未練のある祐樹を気にしながらも自分の抑えきれない想いを伝える。ところが「高校生になったら考えてやる」と言われ……。今度は皮肉なことに教師しかも担任と生徒という立場になってしまう。「二十歳になったら……」と言われてしまい撃沈。もうそれは彼の常套句。きっとこれからも相手にされることないんだと陽菜はようやく祐樹とは縁がないことを諦めることにした。それから二十歳になった陽菜は、新しい恋をしようと決意をしていたのに、なんと彼は成人式に乗り込んできて「約束だ。連れていくぞ」と陽菜の手を引っ張る。一体どういうつもり!?【大人になったらお嫁さんにしてくれる? その約束は叶えられるの? ピュアラブ&エッチなストーリー】

この作品の詳細はこちら