夢中文庫

彼方紗夜

2018年に「触って、抱いて、もっと愛して。臆病な令嬢は貴公子の一途な熱情に蕩かされました」(ティアラ文庫さま)でデビューしました。チョコレートとコーヒーが執筆のおとも。紙モノも好きで、メモやらレターセットをちまちまと集めています。

作品一覧

宮廷薬剤師の過保護な執愛~花開く幼馴染の煌めく祈り~(上)

著者吹雪歌音
イラスト甘海老りこ

宮廷でも評判のオートクチュールを扱うメゾン・アルバートル。先代の母のあとを継ぎ、クチュリエール(女性裁縫師)となったチャーリーはアトリエで多くのお針子を抱え、さまざまな顧客と向き合う毎日。そのメゾンを古くから贔屓にしてくれているブルーエ公爵家の子息・ジェラルドとは幼馴染。彼は士官学校に進んだが今は宮廷薬剤師となり、チャーリーの家に居候している。チャーリーの胸には彼への想いを閉じ込めた小瓶が──『貴族に深入りしては駄目よ』亡き母の言葉にとらわれながらも、ジェラルドに迫られ距離は縮まるばかりで……。その一方、メゾンではなにやら不穏な空気が流れはじめ……!?

この作品の詳細はこちら