夢中文庫

吉田行

デビューは2013年。ほぼTL小説一筋。欧風中世から中華、現代ものまで幅広く興味があります。華やかな世界のお話が好きです。生まれは新潟、現在は多摩住まいです。コーヒーと甘いもの、散歩が好き。健康のため筋トレを始めました。好きな作家は森茉莉と半村良。

作品一覧

暴君の恋はいつも過激

著者朝陽ゆりね
イラストまろ

玉那は高校を卒業するまで伊澤グループ社長宅で暮らしていた。シングルマザーの母が住み込み家政婦だったから。そこで仲良くしていた三歳違いのぼっちゃまと、ある時から強引に求められて体の関係に。恋心のおかげでOKだったとはいえ、ぼっちゃまの周りにはご令嬢がいっぱい。家政婦の娘なんて相手にされないどころか迷惑。そう思って大学入学と共に屋敷を出たのに、就職した会社でぼっちゃまと再会! 社長室で迫られて……。

この作品の詳細はこちら