夢中文庫

吉田行

デビューは2013年。ほぼTL小説一筋。欧風中世から中華、現代ものまで幅広く興味があります。華やかな世界のお話が好きです。生まれは新潟、現在は多摩住まいです。コーヒーと甘いもの、散歩が好き。健康のため筋トレを始めました。好きな作家は森茉莉と半村良。

作品一覧

国王は夜ごと淫らに寵妃を愛でる

著者月森あいら
イラスト不破希海

「ひどいこと、しないで」「しませんよ。……ただ」故郷に居場所をなくした第十王女ロキサーヌは貿易相手の国へ後妻として嫁ぐことが決まっていた。しかし彼女のもとに届いたのは婚約者の訃報。未来への不安を抱くロキサーヌを迎えてくれたのは、見目麗しい青年。彼は、嫁ぐはずだった国王の息子オディロン――。そして現時点での国王だった。繰り上がりのように婚姻話が進んでいく中、彼への気持ちが大きくなっていくロキサーヌ。あくまでお互いを護るための契約……それでも触れられた肌の熱は容易に冷めてはくれなくて……!?愛を確信できずにいる中、ロキサーヌに届けられたある情報によって、国を巻き込んだ恋物語は急速に動き出す――!

この作品の詳細はこちら