夢中文庫

黒王の純情、白百合の挑発~恋の手ほどきはお姫様の手で~

adomadoka03_s
  • 作家アドウマドカ
  • イラスト炎かりよ
  • 販売日2016/9/7
  • 販売価格600円

『さぁ、婚儀はつつがなく終わった。一緒にディーダーン国へ行こう』頭痛に腹痛、セクハラ……ブラック企業に悩む百合が医務室へ行くとクリシュナと名乗るアラブ系産業医に全てを打ち明ける。検査の結果なんとお祓いが必要だと言われ、会社の屋上にそびえ建つカーバ神殿に連れていかれることに!?言われるがままカーバ神殿を抜けると、そこは異世界ディーダーン!?いつの間にか婚約の儀を済ました百合は、文化の違いに戸惑いつつも、なかなか手を出してこない彼に業を煮やし、ついには自ら挑発しようと奮闘するのだが――!?寂しい!会いたい!放っておかないで!!お互いを思いあう心が優しくすれ違う、癒し系異世界ファンタジー!

第一章 産業医クリシュナ・アズーサ
 部屋の中がやけに湿っぽくて目が覚めた。
(あ、雨がふってる……)
 暑苦しかった昨日の夜とは一転して、肌寒いぐらいだ。
 薄い掛け布団から手を出して、目覚まし時計を持ち上げると、あと一分でベルが鳴る。
(起きなきゃ)
 無理に身体を起こそうとして、キンッとする痛みに顔をしかめ、四つん這ばいになって頭を抱えた。
「いったぁーい」
 沢崎百合さわざきゆり二十二歳の春は、頭痛とともに過ぎて行き、間もなく本格的な夏を迎えようとしている。
 新卒で念願のテレビ番組制作会社に入れたはいいが、同期に女性はいなくて朝から晩まで下働きばかりしているし、会社に紹介された徒歩で通えるアパートは、値段のわりに広くてお値打ちだけれど、夜になると盛大な家鳴りがして眠れない。
「寝不足の頭痛かなぁ……もうっ、あのパンパンっていうのが、頭の中で鳴ってるみたい」
 ううっと呻うめいて寝不足の目をこする。後頭部が重苦しい。
 もしかしたら事故物件なのかもと、気がついてはいるのだが、おどろおどろしい事件のサイトを巡って特定するのも恐ろしくって、ほったらかしのままここに住んで、間もなく四か月がたつ。部屋じたいはとても気に入っているから困ったものだ。
(オバケだったらやだなぁ……)
 不眠のせいだと思われる偏頭痛で、こめかみもずきずきと痛む。
 それでも支度をして会社に行かなければ、ロケの手配がまだ終わっていない。
 なんとかベッドから降り、這うようにして冷蔵庫を開けると、缶コーヒーの蓋を開けてゴクッと飲む。冷たさと甘さが胃に広がる。
 カフェインは頭痛の対策に有効なはずだ。
「くぅ~、無理やりだけど目が覚めるぅ。本当なら、朝は一人暮らしのステキな部屋で熱いアラビックコーヒーを飲むつもりだったのになぁ」
 壁に掛けてあるカーバ神殿の油絵に目をやって、ほぅっと溜息ためいきをつく。それは、百合が高校生の時に絵画部の作品として描いたものだ。
 百合はアラビア半島全体に興味があって、このカーバ神殿なんて見ているだけでうっとりしてしまう。インテリアも食べ物もアラブと名がつくと目の色が変わるし、アラブの歴史も興味津々だ。
 壁面にペルシャ絨毯じゆうたんを飾って、クッションも金糸の入った更紗にしてと、初めての自分の城は、アラビアンナイトのお姫様をテーマにした。そんな、ちょっと自慢できるインテリアもだいたい出来上がっている。
 仕事が始まったら新しく食器や小物も買い揃えようと、期待に胸を膨らませた新生活だったのだ。それなのに、入社以来、あまりの忙しさと精神的な苦痛で休日は模様がえもできずにぐったり寝て過ごしている。今や、それさえ不気味な家鳴りに阻害されている。
 大好きなアラビア雑貨の店も、アラビアンカフェも、すっかりご無沙汰だ。
「お買い物に行く余裕もコーヒーを楽しむ時間も無いって、どんだけブラック企業なのよっ」
 株式会社レインボーは、番組制作会社の中でもかなりの大手で、都内の一等地に自社ビルがある。就職難なのに第一志望の会社に入れて、運を使い切った気分でいたら本当に人生の運なんてもう残っていなかった。

ご意見・ご感想

編集部

大人な恋愛……
それは相手を尊重し、見守り、仕事が忙しそうなら邪魔をしないように距離を置くこと……?

えっ?本当に??それだけ???

百合ちゃんの目の前に現れたクリシュナさんは、獰猛そうな見た目に反してとっても紳士的♪
気遣いはもちろん、体調面も考慮してくれるし、意地悪上司にも大人な対応。
聞き上手でカッコよくて、そのうえ異世界のシーク様(´ω`*)

全てが完璧!
なかなか百合ちゃんに手を出さないことを除けば―――!!

将来異世界を担う王子様はもしかして「アスパラベーコン系男子」!?
それではいけないわ!とクリシュナさんへの挑発を試みる百合さん、見どころです!
彼女のパワフルさに元気が湧いてくること間違いなしの今作☆
是非、お楽しみください( *´艸`)

2016年9月7日 3:25 PM

オススメ書籍

miyukimayu04_muchu

恋する声はコトノハの星~誘惑の甘い囁き~

著者深雪まゆ
イラスト繭果あこ

「こんなにしちゃった責任、取ってくれるよね?」爽やかな笑顔を見せ、凛々花の視線を釘付けにする男性──それは凛々花が八年間熱烈なファンとして追っていた声優の涼宮智浩だった…。ある日友人の莉亜とカフェでお茶をしていた凛々花は、思いがけないハプニングで、涼宮にコーヒーをかけてしまう。服も台本も汚してしまったお詫びに、なんでもしますと告げた凛々花が連れていかれたのは、なんと涼宮の自宅マンションだった!困惑する凛々花をよそに「俺の相手役、やってもらえる?」と台本を渡す涼宮に台詞通り甘く迫られる…。触れるだけのキスが媚薬のようなディープなものへと変わり、凛々花は彼に翻弄されていき――!?

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら