夢中文庫

わたしの隣の、ご主人様 ~不埒な情愛~

  • 作家逢見るい
  • イラストまろ
  • 販売日2015/1/30
  • 販売価格300円

携帯電話販売代理店で働くほんわか系OLのさやかには、誰にも言えない秘密があった。隣の家に住む美形な大学生の幼馴染、優太のペットだということ……。弱虫の苛められっこだったさやかと、生意気な小学生だった優太は、いつしか大人になり、ある日を境にご主人様とペットの関係になる。優太に命じられるがまま、縄で縛られ会社の制服に袖を通すさやかは、トイレで濡れたパンティを脱ぎ、自慰行為の報告メールを送信する。このままずっと、ご主人様とペットのままなのか。この行為に、愛はあるのか――。測りかね、さやかが優太に背中を向けたとき、思いもしなかった優太の想いが明らかになる。サディステックなのに純愛な、心温まる恋のお話。

首に巻きついた冷たいベルトの金具が、カチャッと高い音を鳴らした。
ベッドの上に浅く腰をおろして、わたしはわずかに膝を開く。太ももに置いた指先を、ゆっくりとソコへ運んでいく。
黒い総レースのパンティ越し、縦溝に沿い指を這わせると、掠(かす)れた甘い声が喉の奥から漏れた。
「――アッ」
焦らして、焦らして。少しずつ。もったいぶるように。パンティの上から、柔らかな肉の山を撫でていく。じっとりと湿った生地が秘裂(ひれつ)に食い込み、下腹部がじんっと疼(うず)いた。
腰がくねり、指の動きは自然と速くなっていく。体温が上昇し、両手足に力が入る。
片手に握りしめたベルトの端を、ぐっと強く引っ張った。
「くっ」
幅の広いベルトが、喉元をきつく締めつける。息が苦しくてたまらない。首の表面にはおそらく、締めつけられた赤い痕が残るだろうと想像できる。それでもわたしは、ベルトを引く手を緩めなかった。
「あっ、はぁっ……っ」
誰か、誰か来て――。
心の中で、願う。わたしの代わりに、このベルトの端を握り締めて、強く引いて欲しい。
汚らわしい雌だと嘲笑って、わたしの自慰行為を冷めた目で見下ろして。
それでもいい。それでもいいから。誰かわたしを、わたしだけを支配して、必要として――。
堪えきれず、わたしはパンティの隙間から直接指を侵入させると、ぬかるんだ温かな窪みの中へと、中指と人差し指を突き挿(さ)した。
腰が跳ねる。狭苦しいヌメヌメとした膣壁を擦って、奥へと突き進む。
「あっ、あっ」
素早く抽送(ちゅうそう)作業を始めると、みっともなくわたしの腰はかくかくと揺れた。
発情期の雌猫のように、嬌声(きょうせい)が零(こぼ)れる。粘膜が指に吸いついてくる。離すまいと深く、のみこもうとする。
早くも、イッてしまいそうだった。
それなのに―――。
「さや姉―」
自室のドアの向こう、突然廊下から、くぐもった優太(ゆうた)の声が響いて聞こえた。次の瞬間、驚き硬直してしまったわたしの目の前で、ガチャリとドアが開く。
「―――さや、姉?」
卑猥(ひわい)な格好のまま固まっているわたしを見据えると、優太は大きく目を見開き、そうして震える唇を開いた。
「さや姉……、そういうのが、好き、だったの?」
その恐ろしいほど美しく整った顔に、心なしか薄らと、微笑みを浮かべて――。

オススメ書籍

ドSマネージャーの甘いご褒美

著者粟生慧
イラスト不破希海

「今日のトレーニングはいつも以上に頑張ったじゃないか。ご褒美をやるよ」一流のモデルを目指す有栖は、毎日のストレスから一日一粒のチョコレートがやめられない。そんなある日、社長が「あと五キロ痩せろ」と連れてきたのは、ボサボサ頭に黒縁眼鏡、無精髭の長身の専属マネージャー。手がけたモデルで成功しなかった女性はいないと言われる凄腕マネージャーらしいが、渡されたダイエットメニューは超ハード! それでもチョコをやめられない有栖に「言うとおりに頑張ったらご褒美をやる」というマネージャー。ご褒美のために努力する有栖だが、マネージャーからのご褒美はチョコじゃなくて……チョコ以上に甘いご褒美に痺れちゃう!

この作品の詳細はこちら