夢中文庫

期間限定の契約フィアンセ

  • 作家粟生慧
  • イラストえだじまさくら
  • 販売日2016/03/14
  • 販売価格300円

「君のことを、俺は気に入ったんだ。短い間でも、俺と君は婚約者だ。俺のことだけを考えて欲しい。」――地味で真面目な絵里子は、野暮ったい服装と黒縁眼鏡で女子力低めなOL。その見た目から手が早いと有名な社長の秘書として入社できたものの、なんとその本人、社長の真田貴也に一目惚れしてしまった。好きになってはいけない人……叶わない恋だと諦め、4年間想いを秘めてきた。ところが、ある日、真田にお見合い話が持ち上がり、結婚したくない真田から、期間限定の契約婚約者になってくれと頼まれてしまう。そばにいたい気持ちのから了承するものの期間限定の関係に苦悩する絵里子。一方、一途な絵里子の姿勢に真田の気持ちにも変化が……

 地味で真面目でお固いのが、進藤絵里子しんどうえりこのトレードマークだ。
 秘書の面接の時の合格理由がそれだった。
「とにかく、真面目で地味な子。長く勤めてくれる子ならいいの。それと、社長を好きになっちゃいけないわよ。可愛いと社長が手を出しちゃうのよ……。その後、社長がすぐに辞めさせちゃうの。困ったものだわ。でも、あなたなら、そんなことも起こりそうにないわね」
 絵里子は大学を卒業後、すぐに、スマホのアプリを制作するIT企業に就職した。合格して初出勤した日に、古株の女上司が絵里子に言った言葉がそれだった。
 真面目で地味だけれど、可愛くないと遠回しに言われてちょっと傷ついたが、社長と初めて会った時、自分が可愛いと思われないことがどれだけありがたいことか身にしみた。
 社長室に呼ばれて挨拶した時に、絵里子は初めて社長を間近で見た。
 三十代とは思えないほど若々しく、はつらつとした面差し。爽やかとも言える口元。整った目鼻立ちに、清潔感のある髪は茶色く、ふわりと額にかかっている。
 生まれて二十一年間恋をしたことがない絵里子は、恋してはいけない相手……、社長である真田貴也さなだたかやに一目惚れしてしまったのだった。
 クビになったら、もう二度と真田に会えなくなる。そばにいるためにはひたすら地味でいるしかなかった。
 黒縁眼鏡にひっつめの髪。化粧もせず、おばさんが着るような灰色のスーツ。見ただけで苦笑しそうなほどの真面目で野暮ったい女。それが絵里子だった。
 私生活でもそれほど派手ではない。普段から化粧っけがないし、化粧は苦手だった。服も派手なものよりもシンプルなものが好きで、色も明るめよりも暗いものが好きだ。
 長いクセのある黒髪を後ろでくくっただけ。ダボダボの部屋着のままコンビニに行ったりしてしまうくらい、外見には無頓着だった。だらしないほどではないが、二十一歳には見えなかった。
 そういう絵里子だからこそ、真田は絵里子には無関心でいてくれた。そうやって四年間、ずっとそばにいられたのだ。
 きっと真田は絵里子の年齢も知らないかもしれない。おばさんみたいな格好の真面目な絵里子のことを、見た目の通りの年齢で見ているだろう。真田好みの、派手で可愛い女ではなかったからだ。
 真田の好みは就職してすぐに分かった。真田と付き合う女は一ヶ月も続けば長い方だった。スマホに女性の画像を送られて、プレゼント用のネックレスやリングを買いに行かされることもしばしばだった。
 そんなことまで真田は無神経に絵里子にやってもらっていた。絵里子はそのたびに悲しい思いに駆られたが、そばにいるために我慢した。好きという気持ちを伝えられなくてもいい。真田のそばにいるだけでいいのだ。
 いつか真田も結婚してしまうだろう。そうしたら、恋は終わるだけだ。それまでは大切に胸にしまっておこう、と絵里子は思っていた。
 儚はかない雪のような、降ってしまえばすぐに溶けてしまうような恋だけど、それでも、この恋は絵里子にとって大切なモノなのだ。

ご意見・ご感想

編集部

「契約でもいいからそばにいたい」という絵里子さんの気持ちが切ない作品です。愛を知らない真田さんへささげる、もはや母性すら感じてしまうほどの絵里子さんの無償の愛!尊敬してしまいます!
そんな愛情溢れる毎日に、徐々に変化していく真田さんの気持ち……。絵里子さんのずっと心に秘めてきた恋心の行方をお楽しみくださいっ★

2016年3月14日 5:55 PM

オススメ書籍

傷を舐めあう閨の共犯者~身体からはじまる恋愛事情~

著者逢見るい
イラスト乃里やな

「奪おう。奪えるものなら、俺たちふたりで――」職場の店長に失恋したイケメン女子な巴菜と、店長の恋人に失恋した中性的な美青年の彰良。男の人はみんな、わたしとは正反対の、小さくて、可愛くて、守ってあげたくなるような子が好きになるんだ……と落ち込む巴菜は、彰良と互いの傷を舐めあうかのように身体の関係を結んでしまう。それでも店長の事が忘れられない巴菜と、複雑そうな彰良。イケ女だって、好きな人に可愛いねって言われたい!切実な乙女心は巴菜に火をつけるものの……?卑屈で虚しいはずの秘めやかな傷の舐めあいは、二人に愛をもたらすのか?

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら