夢中文庫

雇われプリンセスは今日も激忙

  • 作家朝陽ゆりね
  • イラスト杉本ふぁりな
  • 販売日2018/4/13
  • 販売価格300円

孤児院育ちのリリーは独り立ちを目前に控え、身の振り方を思案する毎日。そんな時、自分にぴったりな条件の求人が舞い込む…しかも王宮勤め! あっさりと採用され歓喜するも、仕事内容は、『家出した王女の替え玉となって大お見合いパーティに参加すること』だった。「そんなの無理ー!!」とリリーはパニック。そしてパーティまでの2週間、替え玉になるべく数々の厳しいレッスンに耐えるものの、さすがにめげそうになるリリー。しかし正体不明の麗しい青年アンドリューから煽られ、ついやり遂げることを約束してしまう。替え玉作戦は無事に成功するのか!?しかしリリーはアンドリューのことで頭がいっぱいで…?

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

「うーむ」
 リリーは腕を組んで、さらに続けて「むー!」っと唸った。
 半月後、十八歳の誕生日を迎える。十八になればこの施設を出なければいけない。ここオーバラン王国では子どもを大切にする習慣から、親を亡くした子ども、事情で親が育てられない子どもが問題なく生活できるよう孤児院が充実している。孤児院と呼ぶよりも居住学校と言ったほうが適切かもしれない。実際にここでは日々の生活だけではなく、学業や職業訓練も行っているからだ。
 そんな院の決まり事は「十八歳の大人になったら独立すること」であった。ここを出たあとの道筋は男女によって若干差があるが、女子の場合は、
一、修道院に入る
二、どこかに就職する
三、自ら店を開く
四、結婚する
 であった。ちなみにこれが男子の場合は、四が「軍に入る」に変わる。
 そういうわけでリリーは卒院を二週間後に控え、どの道を選ぶか思案していたのだ。
(神さまには申し訳ないけど、修道院はイヤだわ。子どもが好きだから、好きな人と結婚してその人との子どもを産んで育てたいもの。自分で店を開くのも難しいわよね。ここで習ったことは基本中の基本だから、どこかに弟子入りして、本格的に鍛えてもらわないと。商売はちょっと向いてないと思うし。ってことは、就職するか結婚するか……就活か婚活か、どっちの活動をすべきかってことよね)
 そこまで考えて、はぁ、とため息を落とす。
(就職はしてから合わないと思えば辞めることはできるけど、結婚はそうはいかない。生涯をともにする人は慌てずじっくり選びたい。でもわたしには時間がない)
 となると、答えはおのずと一つに絞られる。
(やっぱりどんなに考えても就職活動をして、勤め先で自分に合った素敵な男性を見つけるしかないわね)
 こんなことをこのひと月、ふた月思案し続けていた。ちなみにその都度同じ結論に至るのではあるが。
「リリー」
「あ、はいっ」
 廊下から院長の呼び声がする。リリーは慌てて立ち上がり、扉に駆け寄って開けた。
「なんでしょうか?」
「あなた、卒院後のこと、まだ悩んでいるでしょ?」
「はい」
「さきほど、王宮の人事院の方が来られたのだけど、新しい求人募集がなされたのですって。これがその内容なのだけど、あなたにちょうどいいみたいだからどうかと思って」
 渡された紙を受け取って見てみると、以下の条件が書かれていた。
一、年齢──十六歳~二十歳くらい
二、性別──女
三、外見──金髪直毛、緑眼
四、体格──身長一六〇センチ前後、体重四十五~五〇キロ内
「ぴったり」
「でしょ? どんなお仕事の内容かは面接しないと教えてもらえないようなのだけど、王宮で働けるなんて名誉だわ。それにどんな仕事に従事していても充実した福利厚生は平等に受けられるし、衣食住は保障されているから安心よね。急いでいるようなので、今すぐにでも応募してきたらどうかしら」
「はい! 行ってきます!」
 紙を握りしめながらリリーは駆け出した。

オススメ書籍

お嬢様の仰せのままに!

著者三木若菜
イラスト中田恵

「わたくし、お婿様は自分で探しますわ!」爆弾発言で祖父を凍り付かせたのは、大財閥・四天王寺家の一人娘・彩華(いろは)。彼女は『時代ズレ』した祖父に育てられた箱入りお嬢様。短大卒業後は『家事手伝い』『花嫁修業』をして暮らしている。二十歳で許嫁・神谷健剛が決まっていたが、恋愛小説を読んで影響を受け「今は自由恋愛で結婚する時代よ!」と息巻く。やけに協力的な健剛を巻き込んで、彩華の『珍・オフィスラブライフ』が始まるが、『ラブ』も『仕事』も思い通りにはいかず、仕事でのミスやトラブルに見舞われてしまい……!?彩華は無事にお婿様を見つけることができるのか!?そして許嫁の恋人探しを手伝う健剛の意外な心意とは?

この作品の詳細はこちら