夢中文庫

もっと、あなたのことを教えて?~契約結婚から始まった恋~

  • 作家あゆざき悠
  • イラスト乃里やな
  • 販売日2018/8/22
  • 販売価格400円

「俺と結婚してほしいんだけど」──同期で仕事のライバル、社内でも大人気のイケメン・浅井怜人からお互い仕事に打ち込むために、と契約結婚を持ち掛けられた遠山梢。ふたりが勤める会社では社内婚活推進ということもあり毎月婚活パーティーが行われ、独身者は強制的に参加させられる。お互いに仕事優先、自分のことは自分でする──仕事に集中したいと思っている梢にとっても悪くない条件の「契約結婚」に乗ることにしたのだが……。気をつかわない結婚生活だったはずなのに梢の気持ちに大きな変化が。彼に恋愛感情を抱いたらこの関係が終わってしまう? 契約結婚なのに彼に愛されたいなんて……。結婚してから始まるラブストーリー!

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

第一章 利害一致
 四月の第三金曜日、その衝撃な言葉が響いてきた。
「遠山(とおやま)、俺と結婚してほしいんだけど」
 遠山梢(こずえ)は真正面に立つ男から、真剣な顔でプロポーズをされた。
(浅井(あさい)くん、いったい何を言っているんだろう?)
 梢の前に立っている男は、彼女と同期の浅井怜人(れいと)だ。彼は社内一の爽やかイケメンで髪は少し茶色く、毛先を遊ばせていることから、某男性アイドルグループにいそうな人といわれている。もちろん、容姿がいいだけではなく、仕事もできる。それでいて独身、彼女ナシで常に女性から執拗なアプローチを受けている。
 怜人と梢は付き合っているというわけではない。
「ダメかな?」
 彼は照れ笑いを浮かべ、梢は不可解な気持ちを募らせていた。
 梢と怜人は大手広告代理店フジヤマの企画部だ。フジヤマはそもそも藤山と漢字で書くのだが、創設者が日本一の広告代理店になろうと富士山とかけてカタカナ表記にしたらしい。
 四月一日、会社は新体制を迎えた。社長が世代交代し、息子の代になったのをきっかけに社内ルールが大幅に見直された。
 残業の見直し、出勤時間の見直しなどを含めた働き方の改革。そして何よりも社内恋愛禁止の排除だ。社内婚活を推進し、少子化を少しでも軽減したいというものらしい。
 そしてその迷惑な『社内婚活』パーティーは毎月行われるらしく、第一回目の四月は新入社員歓迎会を兼ねた独身者の集まりだ。
 独身者は恋人がいる、いない関係なく強制参加となっている。
(こんな集まりをしているくらいなら、さっさとプレゼンの資料をまとめたい)
 梢は仕事で頭がいっぱいのまま参加していた。声を掛けられても気のない返事はいつものことだ。梢は黙っていれば美人に入る。女性からも慕われるような格好いい女性で、男性が声を掛けにくいタイプだ。黒く長いストレートヘアのように性格もまっすぐ。時折、気の強い一面を見せる姉御肌だ。
「クールで仕事ができて、その上綺麗だもんなぁ。遠山さんを落とせる男なんていないだろ」
「あしらい方もうまいよな。さすが美人で男慣れしているだけあるよな」
 婚活パーティーでそんなことを囁かれていた梢だが、本人の耳に入っていない。もっとも彼女がその噂を耳にしたら、笑い飛ばすだろう。梢はこの五年ほど彼氏に恵まれず、仕事一筋の枯れ女街道まっしぐらだ。
 パーティー中、怜人が次から次へと女性から声を掛けられているのが、梢の目の端に映っていた。
(モテる人って大変よねぇ。あぁ、それよりも月曜日のプレゼン、絶対に浅井くんに負けたくない! 浅井くん、余裕そうだからきっといいものを引っ提げてきているんだろうな)
 そんなことを思っていた矢先、彼に声を掛けられた。
「遠山、ちょっと話がしたいんだけど」
 店の外に連れ出され、梢は深々と頭を下げた。
「浅井くん、ありがとう。これで帰れる」
「ちょーっと待った! 話があるんだよ」
 怜人に引き止められ、梢は頷いた。
「うん、月曜のプレゼンのことだよね?」
「違うから」
 そして結婚しようと言われた梢だった。
「俺も抜けてくるからさ、詳しい話は別の店でしようか」
「わかった」
 怜人に言われた通り、梢はゆっくりと歩き始める。
(結婚とか言っておいて、きっと仕事の話よね)
 梢はそんなことを思っていた。
「やっと追いついたっ! 遠山は歩くのが早いな」
「あ、ごめん」
 息を切らす怜人に梢は頭を下げる。
「気にするなよ。こっちの店にしよう」
 落ち着いた雰囲気のバーに入り、梢は怜人と奥のテーブル席に座った。

オススメ書籍

ひねくれ領主は無欲な乙女にくびったけ!

著者水戸けい
イラストにそぶた

孤児院で生活をしているシーラは、クッキーを売り歩いた帰りにみすぼらしい男を見つける。「元気を出して」と売れ残りのクッキーを与え励ますシーラだったが、その男は変装をした領主の息子テルシオだった。そうとは知らないシーラは、領主様のご子息の話し相手として屋敷へ呼ばれるが──そこで求められたのは、キス以上の行為だった!話し相手ではなく慰め役として雇われたのだと考えたシーラは、困惑しながらも孤児院のためだと思い、テルシオを受け入れる。しかし、なぜか彼はすがるような瞳で、愛おしげにシーラの名を呼び、一途に求めてくる……。愛を知らない子どものようなテルシオに、シーラは次第に心惹かれていくが──。

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら