夢中文庫

毒舌王子の恋愛相談室~シンデレラと秘密のカウンセリング~

ichimonjirin03_s
  • 作家一文字鈴
  • イラストまろ
  • 販売日2016/9/7
  • 販売価格300円

会社に、自分のことを尋ねる電話がかかってきたOLの佐奈は、兄の親友・陽一に相談を持ち掛ける。匿名の相手は元カレではないかと思っており、かつて「お前は不感症だ」と言われたことが佐奈のトラウマになっていた。それを知った陽一は「俺が不感症かどうか調べてやる。いいか、俺に全てを一任しろ。抵抗するなよ」と動揺する佐奈を抱き寄せ、二人だけの秘密の『治療』が始まった。ベッドの上で愛撫されるうちに、初めての甘い快感を覚え、口は悪いものの根は優しい陽一に強く惹かれていく佐奈。しかし彼には頻繁に電話をかけてくる女性がおり、板挟みの乙女心は激しく揺れ動く……。そこに元カレの亮太が、会社帰りの佐奈を待ち伏せて――!?

ベッドの上に組み伏せられて、私……橘佐奈(たちばなさな)は、目の前の男を呆然(ぼうぜん)と見つめていた。
(どうして……?)
 兄の親友で、小さな頃から私を可愛がってくれている竜崎陽一(りゆうざきよういち)に身体を強引に押さえつけられてしまい、かすれた声を出す。
「あ、の……陽一さ……っ」
 すでに、現実なのか夢なのかさえ、定かではなく、頭の中が真っ白になっていた。
 陽一さんは、眉をしかめて低く呟いた。
「余計なことを考えるな、佐奈。おい、暴れるなって」
「ど、どうして……こんなことを……?」
 押し退けようと手足をばたつかせるが、彼はびくともしない。
「俺に相談したということは、全てを任せる気があるということだ。なぜ抵抗するんだ?」
「で、でも……陽一さん……こ、こんなことは……頼んでなんか……っ」
「治療中は先生と呼べと言ったはずだ。今度間違えたら本気で怒るぞ」
「ま、待っ……で、でも……っ」
「とりあえず、どこまで不感症なのか、見せてもらおうか」
「……え……?」
「余計なことを考えず、俺に意識を集中させろ」
 低い声が聞こえた後、ため息まじりの囁(ささや)きが唇をかすった。
 陽一さんの端整な顔が近づき、あたたかいものが唇に触れる。
「ん、ん……ぁあっ」
 顔を背けることもできないほど強く唇が塞がれ、熱い舌が唇を強引にこじ開けた。
 濡(ぬ)れた舌が口腔(こうこう)を探り、舌を絡めとられ、彼は角度を変えながらさらに口づけを深めていく。
「んんぅ! はぁっ……あ、ふ……っ」
 震える舌先が強く吸い上げられ、クチュクチュと水音が響いた。
 逃れることも顔を背けることもできないまま、呼吸さえも忘れて私は大きく肩を上下させる。
「ふぁ……っ、んぅ……ぁ……っ、や……あぁ」
 何度も繰り返し、熱く濡れた舌を絡められ、身悶(みもだ)えるように背中をシーツに擦りつけると、下肢の付け根がジンジンと疼(うず)き、肌がざわめいた。
 口腔内で縦横無尽に動き回る舌に身体の体温が上昇し、胸の内側が熱くなるのを止められない。
「ん、ん……ぁあっ」
 淫らな水音が大きくなり、彼はさらに深く口づけながら、舌で口腔内を責めてくる。
 喘(あえ)ぎながら、懸命に彼の身体を押し返そうとすると、彼の手がキャミソールの内側に滑り込み、そのままブラのホックを外して床へ落とした。
「んんっ……陽……せ、せんせ……っ」
 ブラを外された驚きに声がくぐもり、思わず足をばたつかせる。
「抵抗するなと言っただろう?」
「だ、だって……あの……し、下着が……っ」
「これから、胸で感じるかどうかを調べる」
「……っ、や……ぁ……っ」
 彼の言葉にさらに手足を大きくばたつかせるが、太ももを押さえられ、動けなくされてしまう。
 百八十センチを軽く超える長身の彼の力は強固で、いくら抵抗しても振り払うことはできないのだと思い知らされ、眦(まなじり)がじわりと熱くなる。
「お前の胸は小さめだが、形が整ってきれいだ。それに肌も美しい……」
「……い、言わな……でっ……」
 羞恥で頬が熱くなり、唇をきゅっと噛(か)みしめると、彼は小さく笑った。
「ああ、恥ずかしいのか。悪かった。俺も治療に専念する」
 彼の大きな手に胸の膨らみが揉(も)み上げられ、彼の手の力に合わせて、乳房が淫らに形を変えていく。
 神経の集中する胸の先端が彼の指で擦り上げられた刹那、身震いするほどの快感が湧き上がった。

ご意見・ご感想

編集部

「佐奈は不感症だからつまらないよ」
初めて付き合った彼に言い放たれ、恋愛に対し臆病になってしまった佐奈ちゃん。
4年後、その元カレがかけてきた電話から、物語は始まります……!

動揺する佐奈ちゃんを心配する陽一さん。
普段は口が悪いのに、いざという時に本気で心配してくれる陽一さんの姿にキュンキュンしてしまいます( *´艸`)

ヒロインの佐奈ちゃんも、そんな陽一さんに支えられながら奮闘していきます!
かわいいだけじゃない!守られるだけじゃない!
健気で一生懸命な姿は、もう、本当に、「がんばれ~っ」と応援したくなります☆

ずっと忘れられなかった人はいませんか?

笑いあり、切なさありのラブストーリー!
是非お楽しみください!!

2016年9月7日 1:44 PM

オススメ書籍

hanabusakannon04

呉服屋の兄弟に脱がされて ~誘惑の着付け教室~

著者花房観音
イラスト雨野森

「布の中に隠された女性の美しさ、それを教えてさしあげましょう」―浴衣の色っぽさと着物姿の上品さを身にまとうため、青井由真が向かった着付け教室は「綾乃川呉服店」。雪彦と明彦のイケメン兄弟が手とり足取り教えてくれ始めたのだが…「綺麗な足ですね」雪彦はそう言って由真のぎゅっと閉じられた足の膝に唇を寄せる。明彦の両手は蜘蛛が這うように、膝から太ももへとあがっていく…恋人を見返すハズの教室には淫香が充満して―

この作品の詳細はこちら