夢中文庫

攫われた花嫁は騎士団長の愛に真実を知る

kinomimori01_s
  • 作家木野美森
  • イラスト角砂糖
  • 販売日2017/10/03
  • 販売価格500円

継母と義妹の贅沢の末、リディアは年の離れた資産家のもとに援助のかたとして嫁ぐことになってしまう。だが、結婚式が始まる直前、教会に盗賊のような一団が押し入り、リディアは攫われてしまい――!?ようやく自由になったかと思えば、そこは船の上だった!誘拐を目論んだのはオーブランス王国の王子、実行したのは騎士団長。しかし、ここでリディアは人違いだったことが判明してしまう!王子は騎士団長に「コンラート、そなたが責任を持ってこの娘を妻にするとよい」と告げ、当のコンラートもあっさり了解。困惑のリディアは逃亡を図ろうとするが、その意図は見透かされていて……?「私の妻だということを揺るぎないものにしてあげましょう」

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

「遅いわね」
 ニナがため息をつきながら窓の外を見る。
 時刻はもうすぐ正午。
 教会の鐘が鳴り響く時間だ。
 そしてそれは、リディアの結婚式がはじまる刻限でもあった。
「そもそも家族なら、朝から花嫁に付き添うものなのに」
 ニナが振り返り、花嫁衣装を身に纏ったリディアを見つめる。そして、そっとベールの裾を整えまたため息をつく。
「いいのよ、ニナ。わたしはあなたがこうしてそばにいてくれれば」
 幼なじみのニナは、なにかとリディアのことを気にかけてくれている。彼女が付添人を買って出てくれたおかげで教会の控え室でもひとりにならずに済んだ。
「でも……」
 ニナはいつもリディアの境遇に同情してくれるし、継母と異母姉妹からの仕打ちに憤ってくれる。大事な親友だ。
「それに仕方ないわ。だって、今日は、あの……なんとかという大国の王子さまが帰国される日なんでしょう?」
「ああ、オーブランス王国のセルジュ王子ね」
 私も人から聞いたのだけど、とニナが話しはじめた。
「外遊でいろんな国をまわりながら花嫁を探してるって聞いたわ。それで今日、船でこの国を離れるらしいけど、どこかの令嬢を攫っていくつもりだって噂よ」
 その噂に色めきたって多くの貴族の娘たちが今日は港に押しよせているということだった。そして、その娘たちの中にリディアの異母妹マルグリットもいるはずで、おかげで姉の結婚式もそっちのけになっているのだ。
「まったく、あんな大国の王子がマルグリットを花嫁に選ぶわけないじゃない」
「でも、マルグリットは舞踏会で王子さまと言葉を交わしたと言ってて……」
 そう言うと、ニナが大げさに肩を上げて見せた。
「いま港に集まってる子たちはみんな言ってるわよ、そんなこと。目が合っただの、微笑んでくれただの、気のせいよ、気のせい」
「そうなの?」
 リディアも話に聞いただけでその舞踏会には行っていない。
 それどころか、もう何年もそんな華やかな場所とは縁がなかった。
 リディアが五歳の時母が亡くなり、やがて父が再婚した。その継母の連れ子がマルグリットだった。リディアは、新しい母親には戸惑ったものの、妹ができたことはうれしかったのだ、はじめは……。
「大体、結婚するならマルグリットがするべきなのよ、リディアじゃなくて」
 リディアはその言葉に曖昧に微笑んだ。
「マルグリットはまだ十六歳だから……」
 また窓の外を見ていたニナが振り返る。
「リディアとふたつしか変わらないわ。十分結婚できる歳よ」
 ニナはもうずっとそのことについて憤っている。
 リディアが今日結婚する相手は、三十歳年上のシモンという資産家だ。継母とマルグリットによる散財で、すっかりクレール家は傾いてしまい窮地に陥っていた。そこに援助を申し出てきたのが、シモン氏だった。彼は援助の見返りに、娘のどちらかと結婚させること、と条件をつけ、差し出される形になったのが、姉のリディアだったのだ。
 マルグリットの母親は、なにかにつけてリディアとマルグリットの扱いに差をつけてきた。年に何着もマルグリットのドレスを新調し、宝石を買い与え、舞踏会に送り出していたが、リディアにその機会はほとんどなくなっていった。
 そのことで父と継母は諍いが絶えなかったが、ついに父が病を理由に田舎に引っ込んでしまい、リディアはいいように蔑ろにされてきた。
 だから、ニナは怒っているのだ。
「三十歳も年上の人に嫁ぐなんて……」
「でも、ずっと亡くされた奥さまを想って再婚されなかったそうだから、愛情深い方なのかも」
 リディアの言葉に、ニナが悲しげな目を向ける。
「だとしても、やっぱり……」
 話の途中で突然ふたりの背後の扉が勢いよく開いた。
 やっと継母とマルグリットが到着したのか、と思いリディアとニナのふたりは振り返った。
 だが、そこに立っていたのは覆面で目から下の部分を隠した黒ずくめの姿の男たちで、あまりの唐突さにふたりは思わず呆然としてしまった。
「あなたたち……」
 気丈にも不審な男たちを咎めようとしたニナをリディアは止めようと立ち上がった。
 すると、覆面の男ひとりと目が合い、なぜか男がそのままつかつかとリディアに近づいてきた。
「ちょ、ちょっと、なにをするつもり!?」
 リディアをかばうように立ちはだかろうとしたニナをするりと避け、男はあっという間にリディアを肩に担ぎ上げてしまった。

オススメ書籍

婚前カルテの時間外診療 ~甘くとろける婦人科個人健診~

婚前カルテの時間外診療 ~甘くとろける婦人科個人健診~

著者加藤文果
イラスト

「せ、先生……む、無理ですっ」「奥野さん、ここは女性にとって赤ちゃんを作るときに大事な場所なんですよ。おちんちんを入れる準備は二十代で対策しておいて決して早すぎるということはない」ヌルッとしたジェルにまみれた医師の指先から、悩ましいほどの愉悦が下腹部全体に広がっていく。(……こ、これが媚薬?)ジェルを塗られた部分の感覚が鋭敏になり、成分が膣奥にも浸みこんで、一層ズキズキと内側の血流が盛んになっていく。媚薬ジェルを塗られて体の芯が疼いて仕方ない奈優。「あ……あぁんっ」この治療は一体いつまで続くの? めくるめく快楽に目覚めて妖しい背徳診療の虜に。切ない恋心に揺れる禁断の婚前診察LOVEストーリー。

この作品の詳細はこちら