夢中文庫

美貌の子爵はときどき淫らに専属乙女を誘惑する

kumanomayu04_s
  • 作家熊野まゆ
  • イラスト炎かりよ
  • 販売日2017/03/03
  • 販売価格600円

きみのすべてを僕にさらして鎮めて欲しい。この、どうしようもない部分を――
私設美術館で働くダリア。実家は郊外の農家で幼い弟妹のために仕送りが欠かせない。
家族のために、そして誰にも教えていないある目標のために身を粉にして働かなくてはと思っている。
そんなダリアは館長のアルヴァンが少し苦手。美貌の子爵でもある彼はダリアと正反対で、遠い世界の住人だからだ。
ある日、アルヴァンは磨けば催淫作用がもたらされるといういわくつきの宝石を手入れする。
その場に居合わせたダリアは目の色を変えた彼から淫らな要求をされてしまい――!?
宝石の効果は本物なのか?
真面目な学芸員と美貌の子爵様のじれ甘ラブストーリー。
【挿絵入り!】

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

序 章 困惑(パジル)
「──きみのすべてを僕にさらして鎮めて欲しい。この、どうしようもない部分を」
 なにを言われたのかわからなかった。言語は理解できるがその真意がまったくわからない。
 真面目で温厚な唯一の上司が発した一言の解釈に困り、ダリア・マクアードルは身を硬くしていた。ふだんよりもあからさまに近くに彼の顔があるせいもある。
「どういう、意味でしょうか」
 事務室の角に囲い込まれているので視界は暗い。そんななかで彼を見上げても、その表情は暗く陰があり、なにを考えているのか読み取れない。
「ここ……くすぶってるんだ。苦しいくらいに」
「……っ! あ、の」
 太ももに押し当てられているコレはなんだろう。使い込んだ紫色のドレス越しにその硬い感覚がありありと伝わってくる。いったいなんなのかわからないけれど、そこがふだんは秘められた箇所で性的なものだというのは確かだ。
「館長……? えっと……」
 恋人でもない、ただの上司には「欲情しているのですか」とは訊くにきけない。
 磨けば催淫作用があるなどといういわくつきの宝石を、この私設美術館の館長でありいま目の前にいる麗しい男──アルヴァン・ニューウェイ子爵が手入れをしたのはほんの数分前のことだ。
(まさか……本当にそんな効果が?)
 冷静にアルヴァンを観察する。息遣いはいつもより荒い気がするが、そもそもこれほどまで近くに寄ったことがいままでになかったので比べようがない。
 彼のまわりにはいつも女性の人だかりがある。ユマノマクシティから認証および資金援助を受けているこの美術館はニューウェイ子爵家が代々経営をしてきた私設のミュージアムで、宝石を中心に絵画や彫刻など数十点をこぢんまりと展示している。そうしてある程度のあいだ展示したあとは販売を行うこともある。
 規模は小さくとも、各国の名品珍品がそろうニューウェイ美術館はそれだけで非常に魅力的なのだが、アルヴァンが館長になってからはさらに利用客が増えた。
「……ダリア」
 かすれ声で呼ばれ、びくっと肩を震わせる。芸術品のような、現実味を感じないほどに端正な顔が間近にせまっている。
「館、長……っ」
 彼の胸を押しながら、意味もなく呼び返す。ここ数年で増えた利用客の目当てはほとんどがアルヴァンだ。
「……っ、ん!?」
 アルヴァンはダリアの頬にちゅっと唇を押し付けた。両肩を押さえる彼の手にはさほど力が込められていないように思えるのだが、身じろぎすらできない。
(くすぐったい)
 ウェーブがかった白金の髪が肌に触れている。ツヤのあるそれは事務室の天井に吊り下がる傘つきの白熱球が放つ光に照らされていてまばゆい。
(どうして、こんなこと)
 アルヴァンの胸を押す両手に力が入らなくなってきた。
 頬に吸い付いているのは柔らかな唇。肌の感触を確かめるように小刻みにちゅ、ちゅっとみずみずしい唇が表皮をたどっている。
「っ、ぅ」
 ダリアは栗色の長いポニーテールをユラユラと揺らして身をよじった。腰とわき腹のあたりをすうっと探るように撫でられ、しかもその手がゆっくりと往復している。くすぐったくてたまらない。
「や、めて……ください」
 上司の麗しい顔を下からのぞき込む恰好で言った。
 潤いのある琥珀色の瞳が迷うことなく一直線にダリアの碧いそれを見据える。見つめ合っているだけなのに、体がどんどん硬くなって動きが鈍くなる。
 なぜ自分がそんな反応をしてしまうのか、さっぱりわからない。
 どうして、拒めないのだろう──。
 声もなくクイッとあごを引かれると、ますます顔の距離が縮まった。アルヴァンの表情は依然として無に近く、造り物のように淡々としている。
 琥珀色の瞳が細くなっていく。
 白金の髪が額に触れる。
 熱い吐息を、それまで以上に近くで感じた。

ご意見・ご感想

編集部

キラキラと光をふりまき歩くような……
蠱惑的で甘い香りを漂わせ呼吸するような……

息を飲む美しさのアルヴァンは誰もが振り向いてしまうほどの容姿と佇まい。
な、の、に……!
ダリアは無関心。全く惹かれてません、彼に(笑)
いやいやいやいや、笑い事ではないんです、彼にとっては。
地位、能力、美貌全てを兼ね備えたアルヴァンがたった一つ手に入れられないもの、
それがダリア。

住む世界が違う、見ている景色が違う。
育ってきた環境が違う、考え方が違い過ぎる。

そんな二人は放っておけばまったく接点がありません、心情的な意味で。
(お仕事は一緒なのですけれども)

現状を打破するためにアルヴァンが選択した方法とは――?
ダリアの興味を引き付けて止まない××なやり方で彼はダリアにアプローチします。
この上なくセクシーに、ビューティフルに、
紳士的に。そして野獣のように。

柔らかくも熱く滾る愛と官能の世界に、
ぜひ皆様もいざなわれて下さいませ!!
物語の盛り上がりドコロで、素敵な挿絵が2枚入ってます♪♪

2017年3月3日 9:33 AM

熊野まゆ

こんにちは、熊野まゆです。
作品に関しては編集部さまからとっても素敵なコメントをいただいておりますので私からは「ぜひ読んでいただけると嬉しいです!」とだけ申し上げたいと思います。
今作のタイトルはほぼ編集部さまに付けていただきました。『専属乙女』に萌えております!
編集部さまをはじめ制作に携わってくださった皆さま、いまこのコメントをお読みいただいている皆さまに心から感謝申し上げます。
『美貌の子爵はときどき淫らに専属乙女を誘惑する』よろしくお願いいたします!

2017年3月3日 10:34 AM

オススメ書籍

chiharayumi02_muchu

もう一度、恋をはじめます

著者茅原ゆみ
イラスト中田恵

高校生の頃、平本理央は初めての恋を知った。相手は、駅のホームの向かい側に立つ青年、榊春朋。些細なことで言葉を交わすようになった二人は、春朋からの告白を機に付き合うように。しかし二人は、気持ちのすれ違いから別れてしまう。それから八年後、出版社の文芸部編集者となった理央は、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気作家、坂井晴の担当を任される。梅雨空の中、坂井に会いに行った理央の前に現れたのは、なんと春朋だった。未だに春朋を愛していた理央は、突然の再会に激しく戸惑う。しかし春朋は人が変わったように冷淡で、酷薄な人物となっていた。そんな彼に、同居人の幼馴染みを今彼だと誤解された理央は、春朋に抱かれてしまうが――。

この作品の詳細はこちら