夢中文庫

出会って5分で偽装婚!~彼としっとり生活はじめます~

  • 作家黒田美優
  • イラストキグナステルコ
  • 販売日2017/10/20
  • 販売価格300円

広喜には想い人がいる。それは大切にしてくれた人への純粋な思慕。彼を想い続け、いつまでも前に進めずにいた広喜に母がお見合いを勧めてきて…? 自分の身を案じてのこととは、わかっている。わかっているけど! 思わず家を飛び出してしまう広喜! 行きつけのショットバーで飲んだくれ潰れてしまったところを介抱してくれたのはマスターの息子の唯一だった。「帰りたくないなら、俺と結婚を前提に付き合っているフリしない?」と、とんでもない提案を! だってまだ出会って5分ほどしか経ってないし。そう思いつつも、広喜の想い人を知っているという言葉にほろっとしてしまい、偽装婚と同棲を了解してしまうのだが……。

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

彼が私の頬を撫でる。
 それだけでグッと感度が増していく気がする。
 私が体を動かすだけで、シーツの衣擦れの音がやたら耳についた。
 体には何も纏っていないから、シーツが冷たくて気持ちいい。
 私と同様に何も纏っていない彼が私を見下ろして目を細めた。
 彼と体を重ねるのは何度目だろう。
 多分両手で数えられるくらいのはずなのに、私たちはぴったりと馴染む。彼の言葉を借りるなら『相性がいい』んだろうな。私は彼以外男性を知らないけど。
 頬を撫でていた彼の手がスッと首元を撫でた。
「んっ……」
 小さな私の反応も、彼は見逃さない。
 首元を撫でていた手はそのまま胸へ降りてくる。
「感度上がってきてるね……」
 向かい合って、手で表情を隠そうとする私の手を彼が掴んだ。
 私が彼を見上げると、フッと笑って「そろそろ大丈夫かな」と言った。
 秘部の割れ目に彼の陰茎の先をあてがう。そのまま擦りつけると、私の蜜でじゅぷじゅぷと淫猥な水音を立てた。
「や……やぁ……」
 羞恥から身をよじるけれど、彼は陰茎をグッと押し当てる。その勢いで、秘部の口が開いた。
 ゆっくり、ゆっくりと彼が侵入してくる。
 今日が初めてじゃないから、もうそんなにキツいわけではない。むしろ、幾度となく繰り返される愛撫とキスに秘部から溢れ出す蜜はシーツをぐっしょりと濡らしていた。
 彼は掴んでいた私の手をほどき、シーツの上に腰を下ろすと、私の腰を両手で掴み、またゆっくり押し進めた。
 もどかしくて、頭がおかしくなりそうになる。
 彼はいつも、こんな風にゆっくり、じっくり私を愛する。
 初めてのときも、そうだった。
「全部入ったよ」
 彼がそう言って私のお腹を撫でるときには、ぐったりしていて……。
 疲れた私を抱き上げて、彼の上へ座らせる。
「んぁあ……」
 抱きかかえられる体勢になると、彼がもっと奥深くに刺さる。
「動くよ?」
 優しく揺り動かされて、膣肉を撫でるように快感を与えられる。そのたびに「ぁっ……ぁ」と声が漏れるけれど、疲れすぎて羞恥も感じなくなってくる。
 私は彼の首に腕を回し、しがみつくような形になった。
 けれど彼は私の腰を両手でしっかりと掴み、幾度となくゆっくりと貫き、最奥に陰茎の頭を擦りつける。
 膣から陰茎が引き抜かれ、押し込まれるとじゅぷじゅぷと音を立て、泡立っているのがわかった。
「ぁあ……だめ……そこ、やなの……」
「うん、ここ、好きだよね」
 膣内の奥、そのくぼみに彼の硬くて熱い先を押し当てられると快感が一気に押し寄せてくる。快楽で伸縮する膣肉を感じても、彼の陰茎は動きを止めないし、速めもしない。何度も私のいいところを攻めて苦しそうに首筋にキスするのだ。
「あ……だめ……私もうっ……」
「何度でも、イっていいよ」
 苦しそうに、彼の声が上ずる。
 彼の言葉を最後まで聞かずに、足のつま先からビリビリと快感が駆け抜けていった。本日何度目かの絶頂を迎えたのだ。
 力なく私が彼に寄りかかる。
 それでも、彼は陰茎を抜かず、ただ静かに抱きしめるだけだ。
 私は、まだ私の中で熱を失っていない彼の硬く熱いものに、ああ、今日も明け方までしてしまうんだ……と思いながらもどこか静かに興奮していた。
 疲れ切った私に、何度も彼はキスを落とす。
 それが深くなって、舌を絡め合い、ついばみ合うとまたそろそろと彼の腰が揺れ動いていく。

オススメ書籍

いじっぱりな眠り姫は恋に素直になれなくて

著者黒羽緋翠
イラスト中田恵

「逸人なんか、だいっきらい!」――強気で意地っ張りな性格が災いしてケンカ別れをした高校時代の同級生である逸人と会社で再会した奈津美。ひそかに逸人のことを好きだった奈津美は、最後の最後まで素直になれなかったことを後悔していた。再会しても素直になれず、気がつくと高校時代からまったく変わらない関係に。おまけに逸人が思いを寄せていたのは素直でかわいらしい親友の透子で、逸人はいまでも彼女のことが気になっている様子……。ある日、思わぬ形で秘密を知られた奈津美は逸人からある条件を突きつけられる。傲慢な口調で命令する逸人を腹立たしく思うのに、好きな気持ちは止められなくて……。意地っ張り同士の遠回りな恋物語。

この作品の詳細はこちら