夢中文庫

恋クリエーション~大人の恋って難しい!~

mitokei05_s
  • 作家水戸けい
  • イラスト夢志乃
  • 販売日2016/10/05
  • 販売価格500円

川村優羽、21歳。見た目は大人、中身は子ども…そんな自分を変えたくて中身も大人になろうと決意し、バーで出会った人にハジメテを捧げてしまおうと大胆な行動に出る優羽。そこで出会った脚本家の小野崎剛は年の差もあってか、初めての優羽を気遣いながら優しくリードしてくれる、まさに「理想の大人」だった! そんな剛から「大人の世界を教えてあげよう」と提案され喜ぶ優羽。自分の知らない世界をたくさん教えられ、少しずつ大人の女性へと近づく優羽の心は、剛に惹かれていくが──。大人の世界を教えると言った剛の本当の思惑は? 優羽は外見に見合った大人に成長できるのか? 自分の本当の気持ちと向き合うラブ・ストーリー。

1.
 これでいよいよ、私も大人の仲間入りなのね。
 ぎゅっと目を閉じた川村優羽(かわむらゆう)は、さきほど会ったばかりの男、小野崎剛(おのざきつよし)の唇を受け止めた。やわらかく唇を押しつぶされて、体の力を抜かなければと思うのに、どうしても緊張でこわばってしまう。それをあやすようなキスが、いくつもいくつも唇に降ってくる。
「ん……、う」
「怖がらなくていい」
 低くささやかれた声は艶やかに優羽の鼓膜をくすぐった。
「っは……、ぁ」
 ゾクリと背筋が震えて肌が粟立ち、わずかにあごを持ち上げると唇が薄く開いた。そこに、剛の舌がチロリと触れる。
「ふ……、ぅん」
 ヌラリと入り込んできた舌は、優羽をおびえさせないように、そっと上あごをくすぐってきた。ジワンと波紋のように広がる甘い刺激がくすぐったくて、優羽は思わず笑みを浮かべる。すると剛の目元が優しくゆるんだ。
 あ──。
 ドキリ、と優羽の心臓が跳ねる。それと同時に全身のこわばりがほぐれた。
 この人に任せていれば、大丈夫。
 どこから出てきた確信かはわからないけれど、心の底からそう思った優羽は唇の開きを大きくして、おずおずと舌を伸ばした。それを捉えた剛の唇に鋭く吸われ、腰が震える。
「ふっ、ぅん、んっ」
 舌の根元に官能の震えが走り、体中に広がった。その一瞬の出来事に、優羽の胎内がわずかにうるむ。
 私……。
 こんなふうに反応をするんだと、優羽は不思議に思った。剛の手が優羽のカットソーの中に入り、ブラジャーに指がかかる。大きくも小さくもない胸が、カットソーの中でブラジャーから解放された。やわらかい乳房は若さの張りで、下着の支えを失っても形よく盛り上がっている。それを手のひらで包まれて、やわやわと揉(も)みしだかれると妙な心地がした。
 女同士、冗談で胸を触り合ったことは幾度かある。けれど剛の指はそれとは違う感覚を、優羽に与えた。
 どこがどう、とは言いづらい。ただ、なにかが違っている。それは指が、女の細く繊細なものではなく、力強く節くれだった、大きく長い男のものだからだろうか。
「っ、ん」
 キスはまだ続いている。剛の唇は優羽の唇から完全に離れることなく、角度を変えて幾度も繰り返し触れてくる。まるで洋画のキスシーンみたいだと、優羽はぼんやり考えた。
 剛の指が胸の尖(とが)りにひっかかり、尖りの周囲を指の腹でクルクルと撫(な)でられる。くすぐったくて、けれどじゃれあいとは違う淡い熱の感覚があって、優羽は剛の腕を掴(つか)んだ。
「……は、ぁ」
 熱の塊が唇からこぼれ出る。じわじわと体内が炭火で温められているようだ。皮膚の内側がポッポッと熱を浮かべて、痺(しび)れに似た感覚の浮き上がりに包まれる。
 痺れている足をツンと突かれれば、音がウワンと広がるように刺激が走る。それとおなじ原理だろうか。剛の触れるところを中心に、不思議な感覚が全身へと広がっていく。
「んっ、ぅ……、ふ」
 濡(ぬ)れたキスの音が頭の中に響いている。ときおり漏れる音のある息。それらが重なり、優羽の思考回路はゆっくりと動きを落として、眠りの世界に入る直前のように、ボヤンとしてきた。
「は……、ふぅ、んっ」
 耳裏に唇の感触。そこから濡れた息がすべって首筋に落ち、鎖骨に触れたかと思うと離れて、乳房にかかった。ツンと尖った部分を舌先ではじかれて、色づきの周囲をなぞられて、濡れた部分にかかる息にもどかしさが募る。けれどそれをどうしていいのか、優羽はわからなかった。

ご意見・ご感想

編集部

大人っぽい外見と可愛いもの好きな中身の
ギャップに人知れず悩む優羽ちゃん…。
そんな自分を変えようと大胆な行動にでます!

そこで出会ったのはまさに「理想の大人」の剛さん。
優しくて包容力があって、細かい気遣いができて…etc
言い尽くせないほどの魅力にあふれた素敵な男性に
大人の世界を教えられながら惹かれていく優羽ちゃん。
初々しい優羽ちゃんの姿に剛さんも次第に心惹かれていきますが…

揺れ動く互いの心…果たして優羽ちゃんは理想の大人女性になれるのか?!
剛さんとのドラマチックな関係の行方は──?
ぜひご覧くださいヾ(*´∀`*)ノ

2016年10月5日 4:15 PM

オススメ書籍

katofumika09

婚前カルテの診察室 上も下も奥まで絶頂W検診

著者加藤文果
イラスト

「結婚したら、ココにおちんちんを受け入れなければならないんだよ。わかってるのかな?」OL3年目の25歳の優衣は、奥手のバージン。中学時代から通っていた歯科クリニックで同僚との婚約報告をすると、あこがれのドクター南先生が無垢な彼女には恋愛やオナニー経験が不足していることを見抜いてきた。「優衣ちゃんの体がどんなに未熟な状態か診ておこう」と冷たく微笑み悪夢のような婚前健診が始まった。貸切の診察室で、強い麻酔で体の自由を奪われ婚約者にも見せていない部分まで触診され、徐々に快楽を覚える優衣。上と下の口を満たされた姿をCCDカメラで映され、ゴムの舌技研修や男性器挿入実習が淫らなカルテに記録される。

この作品の詳細はこちら