夢中文庫

囚われの調教研修―壊れるほどイかされて―

miyukimiyuki02s
  • 作家深志美由紀
  • イラスト
  • 販売日2012/6/25
  • 販売価格200円

濡れるとスケスケになるトクベツの水着を着せられて、下着メーカーで働くデザイナーの私は、南の島で「女の魅力」を教え込まれていた。浅いプールに立つ私に性具を握る無数の男たちの手が。そして水着は中からも濡れ始めた!

「いやっ、何するの!」

伸ばされてくる何本もの腕から、私は逃げた。教室のように広い会議室。その中にいた二十人ほどの男たちが、私を捕えようといっせいに襲い掛かってくる。

並べられたデスクにぶつかり、阻まれながらの逃走劇はあっけないほど簡単に終わりを迎えた。

「きゃっ」

ひとりの男に右腕を取られる。

そこからはいくら暴れてもムダだった。左腕を捕まれ、背後から抱きすくめられ、足をすくわれ――私の身体は、広いデスクの上に乗せられて男たちの腕で磔にされてしまった。

「やっ、やめてぇっ」

四肢を戒めるだけではまだ終わらず、彼らの手は私のスーツへ伸びてくる。上着を開かれ、次々にブラウスのボタンを外されて――お気に入りのブラジャーに包まれた丸い乳房が露わになった。

身体じゅうを這い回るてのひらに、私はなすすべもない。

「ううっ」

私を見下ろすたくさんの顔。見知った顔もいくつかあった。そのどれもが、ニヤニヤと好奇心に歪んでいる。

「ど……、どうしてこんな……」

私は縋るように壇上を見上げた。

ホワイトボードの前に、憧れの女社長が立っている。

「これが『Alice-Tica』の社員研修よ」

赤い唇で微笑んで、社長が宣言する――。

オススメ書籍

kumanomayu04_muchu

美貌の子爵はときどき淫らに専属乙女を誘惑する

著者熊野まゆ
イラスト炎かりよ

きみのすべてを僕にさらして鎮めて欲しい。この、どうしようもない部分を――
私設美術館で働くダリア。実家は郊外の農家で幼い弟妹のために仕送りが欠かせない。
家族のために、そして誰にも教えていないある目標のために身を粉にして働かなくてはと思っている。
そんなダリアは館長のアルヴァンが少し苦手。美貌の子爵でもある彼はダリアと正反対で、遠い世界の住人だからだ。
ある日、アルヴァンは磨けば催淫作用がもたらされるといういわくつきの宝石を手入れする。
その場に居合わせたダリアは目の色を変えた彼から淫らな要求をされてしまい――!?
宝石の効果は本物なのか?
真面目な学芸員と美貌の子爵様のじれ甘ラブストーリー。
【挿絵入り!】

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら