夢中文庫

囚われの調教研修―壊れるほどイかされて―

miyukimiyuki02s
  • 作家深志美由紀
  • イラスト
  • 販売日2012/6/25
  • 販売価格200円

濡れるとスケスケになるトクベツの水着を着せられて、下着メーカーで働くデザイナーの私は、南の島で「女の魅力」を教え込まれていた。浅いプールに立つ私に性具を握る無数の男たちの手が。そして水着は中からも濡れ始めた!

「いやっ、何するの!」

伸ばされてくる何本もの腕から、私は逃げた。教室のように広い会議室。その中にいた二十人ほどの男たちが、私を捕えようといっせいに襲い掛かってくる。

並べられたデスクにぶつかり、阻まれながらの逃走劇はあっけないほど簡単に終わりを迎えた。

「きゃっ」

ひとりの男に右腕を取られる。

そこからはいくら暴れてもムダだった。左腕を捕まれ、背後から抱きすくめられ、足をすくわれ――私の身体は、広いデスクの上に乗せられて男たちの腕で磔にされてしまった。

「やっ、やめてぇっ」

四肢を戒めるだけではまだ終わらず、彼らの手は私のスーツへ伸びてくる。上着を開かれ、次々にブラウスのボタンを外されて――お気に入りのブラジャーに包まれた丸い乳房が露わになった。

身体じゅうを這い回るてのひらに、私はなすすべもない。

「ううっ」

私を見下ろすたくさんの顔。見知った顔もいくつかあった。そのどれもが、ニヤニヤと好奇心に歪んでいる。

「ど……、どうしてこんな……」

私は縋るように壇上を見上げた。

ホワイトボードの前に、憧れの女社長が立っている。

「これが『Alice-Tica』の社員研修よ」

赤い唇で微笑んで、社長が宣言する――。

オススメ書籍

miyukimayu01_muchu

若女将は年下御曹司に魅了される

著者深雪まゆ
イラストにそぶた

「お前がピンチのときは絶対に助けてやる」――近くに出来た新しいホテルのせいで窮地に陥っていた実家の旅館を救うため、杏奈は保育士の夢をあきらめ若女将として働く決意をする。しかし経営はさらに厳しくなる一方。そんな中、長期の宿泊客として現れたのが、爽やかな印象の那雪だった。なぜか彼は杏奈やこの旅館の現状を知っていて、どうやらこの旅館へやって来たのには特別な理由があるようだった。那雪を目にする度に、ざわりと胸が騒ぐ。そんな彼に「俺のものになればこの旅館を救ってやる」と尊大な言葉で迫られ大ピンチ。強引な行為を拒みきれずに組み敷かれ……。幼い頃に交わしたあの言葉が、再び運命を結んだと知った杏奈は――。

この作品の詳細はこちら