夢中文庫

恥辱の通学電車痴漢―憧れの先生に弄られて―

miyukimiyuki03s
  • 作家深志美由紀
  • イラスト
  • 販売日2012/7/2
  • 販売価格200円

あ、い、いやっ……十八歳になったばかりの夏、アリコは大胆に乳首まで捏ねあげる痴漢に初めて遭遇する。恋人が出来たばかりなのに、クリをパンティの上から擦り上げられ処女のままイかされてしまった。水無月先生!? 後ろを向くと…。

あっ……い、いやっ)

漏れそうな声を必死に抑えた。

乳房を覆う大きな手のひら。男の人の無骨な指に敏感な蕾を抓み上げられ、くりくりと弄ばれて――。

「はっ……! あ……!」

ガタン、と電車が揺れた。

車内をぎっしりと埋め尽くす人々の息遣いが妙に耳に響く。私は肩から提げたスクールバッグの紐をぎゅっと握り締めた。

満員電車の中。こんな場所で、知らない人に、無理やりエッチなことをされている――。

もの凄く嫌なのに、怖いのに、ゾクゾクした快感が湧き上がってくる。

(も、もうやめて……)

そんな必死の懇願が卑劣な痴漢に届くわけもない。私は唇を噛み、俯いて、ただ耐えるしかなかった――。

オススメ書籍

tamakinao01_muchu

身代わりの甘い吐息

著者玉紀直
イラスト中田恵

「こんにちは。はじめまして」──引っ越しの手伝いに訪れた姉の恋人、龍田隆行。優しく無邪気な笑みを浮かべる彼を一目見て恋に落ちた真依子だったが、実ることのない恋だと諦めようとしていた矢先……二人が別れたという事実を知る。しかし、別れても気軽に遊びにやってくる隆行の姿に、まだ姉が好きなのだと悟った真依子は、二人の邪魔にならないようにと外出する日々が増えていく。「どうして俺を避ける?」ある日そんな真依子の態度を不満に思った隆行に問い詰められ、勢いのまま彼に抱かれてしまう。姉の身代わりでもいい……彼の腕の中で泣きたいほどの切なさに襲われながらも、心と身体は愛しい人を求め……

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら