夢中文庫

恥辱の通学電車痴漢―憧れの先生に弄られて―

miyukimiyuki03s
  • 作家深志美由紀
  • イラスト
  • 販売日2012/7/2
  • 販売価格200円

あ、い、いやっ……十八歳になったばかりの夏、アリコは大胆に乳首まで捏ねあげる痴漢に初めて遭遇する。恋人が出来たばかりなのに、クリをパンティの上から擦り上げられ処女のままイかされてしまった。水無月先生!? 後ろを向くと…。

あっ……い、いやっ)

漏れそうな声を必死に抑えた。

乳房を覆う大きな手のひら。男の人の無骨な指に敏感な蕾を抓み上げられ、くりくりと弄ばれて――。

「はっ……! あ……!」

ガタン、と電車が揺れた。

車内をぎっしりと埋め尽くす人々の息遣いが妙に耳に響く。私は肩から提げたスクールバッグの紐をぎゅっと握り締めた。

満員電車の中。こんな場所で、知らない人に、無理やりエッチなことをされている――。

もの凄く嫌なのに、怖いのに、ゾクゾクした快感が湧き上がってくる。

(も、もうやめて……)

そんな必死の懇願が卑劣な痴漢に届くわけもない。私は唇を噛み、俯いて、ただ耐えるしかなかった――。

オススメ書籍

samejimareiko02_2

ご主人様に狂おしく抱かれて

著者鮫島礼子
イラストnira.

遊びか本気かわからないまま私は愛川さんと体を重ねた。パン屋の店員として働く私とIT企業で活躍する愛川さんとでは住んでいる世界が違う。私以外にも付き合っている女性がいる事は薄々気が付いているけれど私のカラダが愛川さんを求めてしまう。いつも会うまでは不安でたまらないのにベッドの中に入ると大きな安心感に包まれて満たされて……。高校を卒業後にいくつかの職場を転々とした私が足裏マッサージの学校に通い始めたのは、
パン屋でアルバイトを始めたのがキッカケだった。マッサージ師の資格を取って就職をして今度こそ仕事を続けていこうと決めたのにこのままじゃ愛川さんにカラダも心も囚われてしまう。今度こそハッキリさせなくちゃ。

この作品の詳細はこちら