夢中文庫

恥辱の通学電車痴漢―憧れの先生に弄られて―

  • 作家深志美由紀
  • イラスト
  • 販売日2012/7/2
  • 販売価格200円

あ、い、いやっ……十八歳になったばかりの夏、アリコは大胆に乳首まで捏ねあげる痴漢に初めて遭遇する。恋人が出来たばかりなのに、クリをパンティの上から擦り上げられ処女のままイかされてしまった。水無月先生!? 後ろを向くと…。

あっ……い、いやっ)

漏れそうな声を必死に抑えた。

乳房を覆う大きな手のひら。男の人の無骨な指に敏感な蕾を抓み上げられ、くりくりと弄ばれて――。

「はっ……! あ……!」

ガタン、と電車が揺れた。

車内をぎっしりと埋め尽くす人々の息遣いが妙に耳に響く。私は肩から提げたスクールバッグの紐をぎゅっと握り締めた。

満員電車の中。こんな場所で、知らない人に、無理やりエッチなことをされている――。

もの凄く嫌なのに、怖いのに、ゾクゾクした快感が湧き上がってくる。

(も、もうやめて……)

そんな必死の懇願が卑劣な痴漢に届くわけもない。私は唇を噛み、俯いて、ただ耐えるしかなかった――。

オススメ書籍

三日間の恋人だったハズですが?~いつしか、甘い罠に落ちて~

著者乃村寧音
イラスト炎かりよ

ストレスと過労で体調を崩し退社、婚活も失敗した29歳の美玖。「東京にいるのはもうムリ、田舎に帰ろう」と決心し引っ越しをすることに。引っ越しの四日前、友人が開いてくれたお別れ会に飛び入り参加してきた男、エリート商社マンの隆介と意気投合し、つい一線を越えてしまう。それきりかと思いきや、残りの三日間を一緒に過ごすことになって!? 昼間は甘い時間を過ごし、夜は激しく求められ、いつの間にか縮む距離に戸惑う美玖。気持ちがわからないまま、ペットのカメを連れて田舎に帰り一軒家で一人暮らしを始めるが、思っていた以上の不便さと、おまけに気の進まない縁談がやってきて……。困り果てた美玖の脳裏に浮かんだのは……。

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら