夢中文庫

密室に囚われ、前後からオモチャにされて ―泣いても叫んでも聞こえない―

miyukimiyuki08s
  • 作家深志美由紀
  • イラスト土屋衿華
  • 販売日2012/10/26
  • 販売価格200円

助けに来てくれたとばかり思っていた双子の美形兄弟、鷺宮来栖と、弟の有珠…高校の体育館に設えられた放送室で、卒業間近の男子生徒たちに監禁され、乱暴される直前に飛び込んできてくれた生徒と教師の美緒子は、再び密室と化した冷たい部屋で一晩を明かすことに―寒さが三人を次第に近づけ、触れ合い、若い二匹の獣欲が同時に伸びる。そしてついに羞恥の壁を越えて!

「いやぁっ……!」

抑え付けられる手足。

伸びてくる腕。

放送室の冷たい床に押し付けられて、私の身体を何本もの少年たちの手がい回る。

(信じられない、こんなこと―誰か助けて!)

「やめてぇっ!」

泣いても叫んでも私の願いは空しく、誰にも届かない―。

校庭には小雪がちらついている。

私は男子校の英語教師になって二年めの冬を迎えていた。

まだクラス担任は受け持っていなかったけれど学校にも慣れて、最近はなかなかうまくやれていると自信も付いてきたところだ。

「なぁに? 相談って」

運動部の練習を横目に、活気ある掛け声にかき消されないよう少し大きな声で私はそう聞いた。

バスケ部にバレー部、放課後の体育館は部活動の生徒で溢れている。私は副顧問を務める放送部の部長、多嶋たじま君から体育館放送室へと呼び出されていた。

校舎内にある放送室とは別に、体育館には放送室がしつらえられている。ステージと館内全体を見渡せる、二階の一室だ。すぐ隣は廃材置き場になっていて、一般の生徒は滅多なことで近付かない場所だった。

放送室のドアを閉めると、急に生徒たちの声が遠のく。さすが防音が効いている。

室内には放送部員の生徒たちが数人集まっていた。みんな、卒業を控えた三年生の男の子たちだ。

「? どうしたの、一体―」

私のあとに続けて入ってきた多嶋くんが、カチャリと部屋の鍵を閉めた。

それを合図にしたように―。

「きゃっ……!」

男の子たちが一斉に私へ襲い掛かってきて、私は彼らに羽交はがめにされてしまった。

一瞬、何が起こったのか分からなかった。多数の手に床に引き倒されて初めて、私は自分がどういう状況に陥っているかに気付く。

―もしかしてこの子たち、私を襲おうとしているの?

信じられなかった。

どの生徒もみんな素直でいい子で、仲良く今までやってきたのに。

「う、嘘……嘘でしょ? 何の冗談?」

私は手足を掴まれ、床に抑え付けられながらみんなの顔を見渡した。

私の上に馬乗りになった多嶋君が、上擦った声で言う。

「せ、先生っ……! 俺たち、ずっと先生のことが好きだったんだ。もうすぐ卒業だから、だからっ……」

にきびの浮いた頬を興奮で真っ赤に上気させて、彼は私の首元へ顔を埋めた。

「い、いやぁっ……やめてぇ!」

厚い唇でむちゅっと首筋に吸い付かれて、ぞっと寒気が走る。

(うそ……ほ、本気なの……?)

オススメ書籍

miyanagaren03_muchu

不幸なメイドと魔女の鏡~呪いを解くには殿下の××が必要です!?~

著者宮永レン
イラストにそぶた

仕えた主人をことごとく不幸にしてしまう謎の力(?)を持つフロイデの次の働き口は王城のメイド!?国の存続すら危ういかもしれないと怯える彼女だったが、掃除を任された部屋で呪いの鏡を覗いてしまい、真っ白な三角の耳が頭に生えてくる。ジェレオン王太子殿下のキスで一時的に元に戻ったけれど、動物になるという呪いの解き方がわからず城仕えが辞めらない…。申し訳ないと思うのにジェレオンに「好きだ」と言われ就寝中も仕事中も甘く淫らに迫られ感じてしまう日々。凛々しくて麗しいジェレオンに惹かれる一方、婚約者がいる事を知ったフロイデは、彼と国の将来の為に身を引かなければと決心するが、再び体の獣化が始まってしまい…!?

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

この作品の詳細はこちら