夢中文庫

野獣後輩の危険な恋愛条件

  • 作家藍川せりか
  • イラスト夜咲こん
  • 販売日2020/04/17
  • 販売価格300円

瑠衣は三歳年下の貴成に片思い中。意を決して告白したら、なんとすんなりOK! でも一つだけ条件があるという。ドキドキしながら聞けば、「僕は性欲が他の男性に比べて強いほうだと思います。僕が求めたときに、嫌がらずに応じてくれますか?」と。え? 性欲が強い? 驚く瑠衣だが、好きな人に求められて嫌なわけがない。二つ返事で了解。ところが、いざ付き合い始めたらとにかくすごくて! 濃厚なスキンシップばかりでコミュニケーションが取れないことにつらくなってきた瑠衣は、なんとか気持ちを伝えようとするけど、貴成は体を求めるばかりで瑠衣の話を聞いてくれなくて――「野獣先輩」「野獣王子」に続く、野獣シリーズ第三弾。


──瀧沢(たきざわ)くん、好きです。付き合ってください。
 そう言うだけでいいんだ。回りくどいことは言わず、思っていることをストレートに伝えるだけでいい。
 よしっと気合を入れて、約束の場所へ向かう。
 私──春日(かすが)瑠衣(るい)は、オフィス文具用品を取り扱う【V‐office】という会社に勤めていて、MDと呼ばれる媒体作成部署に所属している。簡単に言うとオフィスに置いてもらうカタログを作っている人だ。
 部署には六人ほどのメンバーがいて、その中に瀧沢貴成(たかなり)という入社二年目の男性がいる。彼は学生時代にモデルをしていたそうで、一八〇センチを超える長身のすらっとした体型をしている。そして顔は小さく、ハーフのような顔立ちで、肌は白くて髪の色も瞳の色もライトブラウン。本物のハーフかと思いきや、両親は日本人らしい。
 いつも一定のテンションで嬉しいときも悲しいときも落ち着いている。彼から漂っているアンニュイな雰囲気が独特な魅力を放っていて、周りの女性は掴みどころのない瀧沢くんに夢中になっていく。
 他の男性とは違う空気感は独特で、一緒にいると彼のペースになって癖になっていく感じ。
 無表情で女性に対して興味なさそうな素振りなのに、落ち込んでいると、さり気なく励まそうとしてくれる。飲み会で酔いすぎるとちゃんと介抱してくれて、手を繋いで家まで送ってくれたこともある。
 そんなギャップにやられてしまって、まんまと恋に落ちた。
 私は今年で二十八歳。彼は今年で二十五歳。三歳も年の差があるし、私のほうが年上だし、先輩だし。
 会社の先輩だから優しくされている可能性だって充分に考えられるのに、その優しさを全部真に受けて好きになるなんて、空気の読めない女になっているんだけど、好きな気持ちを止められない。
 瀧沢くんが他の女の子から好意を持たれているところを見るたびに嫉妬してしまう。彼の恋人になれたら、独占できるのに……と何度も考えてしまう。
 だから思い切って、後先考えずに告白しようと決意したのだ。
 誰かに取られる前に、自分からいかなきゃ。ぐずぐずしていると、誰かに取られてしまう。
 プライベートの連絡先にメッセージを送って、会社帰りに食事に行くことになった。先日、私の抱えている仕事を手伝ってくれたお礼だと言って誘い出すことに成功。
 目の前にいる彼は、「フランス料理のコースなんて、初めてです」と喜んでくれている。照明が暗めのムード満点のレストランの窓際に私たちは座った。
 夜景を見ながら食事をして、いつもと違う私を演出するべく、セミロングの髪を緩く巻いて右側に寄せて左側の首のラインを出している。
 首筋を出して女性らしさをアピールするんだ。いつもと雰囲気を変えて色っぽいところを見せて意識してもらわなければ。
 ゆらゆらと揺れるピアスをつけて、彼の目線をこちらに向ける作戦だ。

オススメ書籍

寵愛姫は今宵とろけて甘く濡らす

著者鮫島礼子
イラストnira.

カラダの関係から始まった二人。カラダを重ねる度に心が揺れて私は淳也さんを好きになってゆく。地味なOLの私が父親の借金返済のために会社に内緒で始めたアルバイトは交際クラブのコンパニオンだった。毎週決まって土曜日に現れる淳也さんは店の大切なお客様なのに気がつくと私は彼の事ばかりを考えている。ホテルの部屋のベッドで彼と肌を合わせている時だけは嫌な現実を忘れられる。気がつくとお金だけでは割り切れない感情を私は抱えていた。本気で好きになってはいけないと頭の中では理解しているつもりなのに心は乱れてカラダは彼を求めてしまう。彼は私のことをどう思っているのだろう。そんな事ばかりを考えてしまい……。

この作品の詳細はこちら