夢中文庫

訳あり専務の溺愛~寝取られた私でいいのでしょうか?~

  • 作家あかし瑞穂
  • イラスト川野タニシ
  • 販売日2020/11/27
  • 販売価格800円

私達結婚するの。──ある日恋人に呼び出された綾音は、彼の隣で腕を絡めて立つ女性にそう告げられた。恋人を奪われた挙句、退職にまで追い込まれた綾音だったが、ひょんなことから大企業の専務秘書として新たな生活をスタートさせることに。専務の春彦はもさっとした長い前髪に、色のついた眼鏡をかけ、なぜかいつもネクタイが曲がっている。これまで何人も秘書を替えてきた癖のある人物らしいのだが、綾音には可愛く思えてしまうのだ。仕事にも慣れてきた頃、綾音は春彦から「付き合ってもらえないだろうか」と告白される。恋愛なんてと思っていた綾音だったけど、春彦の真剣な眼差しに見つめられ……──それは、俺に抱かれてもいいってこと?

1.寝取られた私
「だからね、都築(つづき)さん。私達結婚するの。そうよね、渉(わたる)?」
「あ、ああ」
 ──いきなり会議室に呼び出されて、何を言われたんだろう、私は。
 私、都築綾音(あやね)の目の前でそう言ったのは、丸華(まるか)杏奈(あんな)。小柄でふわふわとした茶色の髪にくりっとした大きな瞳、白い肌に薔薇色の唇の彼女は、まるでフランス人形のようだと社内でも評判だ。薄ピンクのワンピースを着た彼女は、正にいいところのお嬢様という雰囲気を醸し出している。
 そして、彼女が右腕を絡めているのが、長谷部(はせべ)渉。若手営業マンの中でトップの成績を収めている彼は、同期の中の出世頭。グレースーツがよく似合う長身の渉は、茶色がかった癖のある髪にやや垂れ目の、優し気なマスクが人気の男性だ。腕を組んでいる彼女との身長差は、私が横に並んだ時よりもある。
 ……だけど、何故。
 頭の中が真っ白になって事態を理解できない私に、杏奈さんが憐れんだような視線を投げてきた。
「金輪際、渉に近付かないでね? 社長令嬢の私の婚約者に手を出しただなんて知られたら……あなたも辛いでしょ?」
 ……何を言ってるんだろう、この人は。だって渉は、私の恋人で。
「……渉?」
 私がそう呼びかけても、渉は私と目を合わそうとしなかった。いつも優しい笑顔を浮かべていた彼は、口元を引き攣らせ硬い笑顔を杏奈さんに向けている。
「それに……」
 くすりと笑った彼女が、左手を自分のお腹に当てた。
「私、渉の子を妊娠してるの。だから結婚式もなるべく早く挙げる予定よ」
 声が、出ない。世界が色を失い、グレーアウトする。
 ──妊娠? 杏奈さんが……渉の子を?
 ……それはつまり。二人がそういう関係だったってこと……?
 あまりにも生々しい衝撃。ひゅ、ひゅと息が途切れる。
「じゃあね、都築さん。私が言ったこと、忘れないで」
 杏奈さんが渉の腕を引き、会議室から出ていく。ちらと私の方を見た渉の瞳には、罪悪感が浮かんでいる──ように見えた。
 ぱたんとドアが閉まり、私はようやく我に返った。
「一体……」
 呆然と会議室に立ちすくんだ私は、しばらくその場から動くことができなかった。
***
 何も考えられなくなった私は、ふらふらと洗面所に来ていた。
「結婚……する? 渉が? それに子ども……?」
 洗面台の鏡に映る自分に話し掛ける。癖の無いワンレングスの黒髪を肩まで垂らした私の、ノーメイクに近い顔は真っ青になっていた。さっきの華やかな彼女と比べるとごく普通の顔立ちで、オフホワイトのブラウスに紺色のタイトスカートという服装の私は、とても地味に見える。
(どうして、こんな突然)
 大体、渉との付き合いはもう四年になる。短大卒で入社した私と四大卒で入社した渉は同期で、配属先が同じ営業一部だったことから親しくなった。営業の渉の事務処理を営業補佐の私がやっていて、自然と話す回数が増えて……そして。

オススメ書籍

お嬢様の仰せのままに!

著者三木若菜
イラスト中田恵

「わたくし、お婿様は自分で探しますわ!」爆弾発言で祖父を凍り付かせたのは、大財閥・四天王寺家の一人娘・彩華(いろは)。彼女は『時代ズレ』した祖父に育てられた箱入りお嬢様。短大卒業後は『家事手伝い』『花嫁修業』をして暮らしている。二十歳で許嫁・神谷健剛が決まっていたが、恋愛小説を読んで影響を受け「今は自由恋愛で結婚する時代よ!」と息巻く。やけに協力的な健剛を巻き込んで、彩華の『珍・オフィスラブライフ』が始まるが、『ラブ』も『仕事』も思い通りにはいかず、仕事でのミスやトラブルに見舞われてしまい……!?彩華は無事にお婿様を見つけることができるのか!?そして許嫁の恋人探しを手伝う健剛の意外な心意とは?

この作品の詳細はこちら