夢中文庫

嘘つき上司の都合のいい彼女~恋人役を命じられました!~

  • 作家秋桜ヒロロ
  • イラスト欧坂ハル
  • 販売日2020/12/1
  • 販売価格500円

むぎは自他ともに認める『都合のいい女』だ。その日もむぎは友人の頼みを断りきれず、代わりに『レンタル彼女』の仕事を引き受けてしまう。依頼人として現れた海人はむぎに、付き合ってからまだ日が浅く照れ屋な恋人に代わって自分の両親に会って欲しいと言う。むぎは海人の家族に気に入られ、うっかり翌週も会う約束をしてしまうのだが、次につなげたくないむぎは海人が席を外した瞬間にその場から逃げ出すことに成功! しかしその翌日、部長として赴任してきた海人と会社で再会してしまう! むぎは海人に呼び出されると「一ヶ月、俺に付き合って欲しい。そうすれば、このことは会社に黙っておいてやる」と取引を持ち掛けられ……!?

第一章 どうも、都合のいい女です
 その日、日笠(ひかさ)むぎは浮いていた。
 正確には、自分から服装だけが浮いていた。
 着慣れないピンクのスカートに、胸元が開いた白色のニット。ヒールは高めで、足首のストラップには光り輝くジルコニアが並んでいる。髪の毛には緩くウェーブがかかっており、爪にはこれまた慣れない色のネイルと石がきらめいていた。
 彼女はショウウィンドウに映った自分の姿を見つめて、深いため息をついた。地味で平凡な容姿の自分に、こんなキラキラ女子力満載の服装はちょっと似合わない。ちぐはぐというか不釣り合いというか。
 ミスマッチで、アンバランスで、噛み合っていない……そんな感じだ。
 彼女は再びため息をつくと、鞄に入れておいたスマホを取り出し、先ほど来たメッセージを見返す。
『それじゃ、頑張ってね! 「レンタル彼女」さん』
 文章だけなのに、送り主の弾むような声が脳内で再生される。
 むぎはスマホを鞄に収めると、これから待ち受けているだろう困難を思い、肩を落とすのだった。
◆◇◆
 事の始まりは、二日前に遡る。
「レ、レンタル彼女!?」
 むぎは一人暮らしをしているマンションで、スマホを耳に当てたまま、そう叫んだ。電話の相手は、むぎの幼なじみである水戸(みと)マナミ。部署は違うものの、今でも同じ会社に勤める、いわゆる腐れ縁の友人である。
 大きな声を出すむぎをものともせず、彼女はからりと明るい声を響かせた。
『そうそう、「レンタル彼女」! 実は半年ぐらい前から副業でやってるんだけどね、これがいい感じに稼げてさー』
「うちって副業禁止のはずだよね!?」
『そんな細かいこと気にしないのよ! ……で、実は今週の土日に用事がはいちゃってさー。よかったら、むぎに代わりに行ってもらえないかなぁって思って』
「はぁ!?」
 再び大きな声が出る。あまりにも突飛な話に、一瞬聞き間違いかと思ったのだが『だから、私の代わりにレンタル彼女として働いて欲しいって言ってるの!』とダメ押しのように言われ、むぎは頭を抱えた。
「ちょ、ちょっと待って! 状況がうまく飲み込めないんだけど。そもそも『レンタル彼女』って何!?」
『何って、文字通りよ。「レンタル」出来る一時的な「彼女」。デートしたり、お話ししたり、時には悩み相談とかもしてあげたり? 仕事内容は、そんな感じ!』
「そんな、感じ……?」
 明るい声でそう言われても、なかなか「はいそうですか」とは言いづらい。そういう仕事があるというのはかろうじて理解出来たが、なにがどうしてどうなって、それをむぎがやるという話になるのだろうか。
 絶句する彼女をどう取ったのか、電話口のマナミは焦ったように口を開いた。
『あ、大丈夫よ! お触りは禁止だし、写真撮影も基本的にはNG。変なことしてくる人とかもほとんどいないから、その辺は安心して!』
「いや。確かにそこも心配は心配なんだけど……」

オススメ書籍

十年目の恋はシャボンのバスで

著者未青藍
イラスト炎かりよ

老舗の石鹸屋のひとり娘であることから『ソープ嬢』というあだ名でからかわれ続けた真央。唯一の例外だった駿とは高校時代に順調な交際をするものの、ある事件のため半年間で破局――けれど十年後、カルチャースクールで石鹸教室の講師をしていると、なんとW講師の相方として彼と再会を果たす。大手化粧品メーカー勤務の元カレに引け目と対抗心を感じた真央は、精神的な距離を縮められないままぎくしゃくと教鞭を執り続ける。ところが、最後の教室を目前にして駿のほうから近づいてきて……彼の変わらぬ優しさに終わったはずの恋心が疼き始めるのを止められない真央。でも、あのときのことは忘れられなくて……石鹸が繋ぐ十年越しの恋の行方は?

この作品の詳細はこちら