夢中文庫

お見合い結婚ですが!?~旦那さま、私は愛されていますか?~

  • 作家朝陽ゆりね
  • イラスト蜂不二子
  • 販売日2020/2/14
  • 販売価格400円

尚美は恋人を作らず、仕事で忙しい毎日を送っていた。そんなある日、お節介な伯母から突然見合い話をされる。相手は伯母の友人の甥・晴嘉(はるよし)。伯母に顔を立ててほしいと言われ、渋々写真を見てみると……そこに写っていたのはかなりのイケメン。この容姿で見合いだなんて性格に問題があるに違いないと、断る気満々の尚美だったが、実際に会った彼は容姿だけでなく身のこなしも素敵な男性だった。……ところが文芸の編集者である彼は、二人になった途端、言葉の誤用を指摘してくるし会話は小難しい話ばかり! 上手くいくはずないと思っていた尚美だが、相手はそうではないみたいで……? 三回会ったら、結婚……!?

「尚美(なおみ)、ちょっと」
 下から呼ぶ声がする。
 コーラスをやってる母の声は、普段はキンキンと甲高くてあまり好きじゃない。歌っている時の声はものすごくきれいだから真逆で大好きなのだけど。
「尚美ーーー。ちょっと下りてきて」
 うーん、土曜日の朝っぱらから、なによ、面倒くさいなぁ。
 胸中でぼやきながら時計を見ると九時だった。
 九時! もうちょっと寝させてよ。昨日も残業で遅かったんだから。
「尚美ってば!」
「はーーーいっ!」
 ン、もう!
 根負けして起きることにした。というか、ここまでしつこく呼ぶってことは、ホントになにか用事があるのだろう。
 パジャマのまま下りていき、すぐさま後悔した。
「まぁ、尚美ちゃん、そんなかっこで!」
 口うるさい伯母が来ていたなんて……先に言ってよっ。……って、無理か。
「ごめんなさい。着替えてくるからもうちょっと待ってて」
「いいえ、服はいいから顔を洗っていらっしゃい」
「はい……」
 ごもっともだ。
 急いで洗面所に向かい、歯を磨いて顔を洗う。基礎化粧品を塗れば、リビングに取って返した。そして伯母さんの前に座る。
「今日はね、尚美ちゃんにこれを渡したくて来たのよ。私の顔を立ててちょうだい」
 差し出された茶封筒に視線を落とし、イヤな予感を抱きつつ中身を確認する。
「なによ、これ」
「お見合い相手の写真と釣書よ」
「お見合い~!? 伯母さん、今の時代ないわよ」
「あるわよ」
「ないって。どこにあるのよ」
「ここにあるわよ」
 茶封筒を指さしながら力のこもった口調で言われて絶句する。
 そんな屁理屈……ないって。だけど伯母さんにひどい口をきくことはできないのでここは我慢。
「尚美ちゃん、もう二十八でしょ。しかも交際している人もいないなら、お見合いも出会いの一つと思って会ってみなさい」
「そんな言い方ないんじゃない?」
「それこそ今の時代、結婚がすべてだとは私だって思ってないわよ。だけどねぇ、若いのに休日にいつまでも家でゴロゴロしてるのは空気の無駄遣いでしょ」
 空気の無駄遣いって!
「こういうのってね、吸引力なのよ。縁という輪の中に入ることが大事で、入り方はとにかく接することなのよね。今の尚美ちゃんは仕事ばっかりやってるから仕事関係の縁が吸引力で寄ってきて、あなたの周りを回っているの。これを打開して恋愛運を呼び込むには、異性と会って交流することが最善なの」
「…………正論に聞こえるからこわい」
「正論よ。でね」
 ぐいっと伯母さんが身を乗り出してきたので、こちらは同じ分だけ引いてしまう。
 クリップで留められた写真二枚をバラし、私のほうに向けて並べた。
「私の親友の甥っ子さんで、現在三十五歳。光苑社(こうえんしゃ)にお勤めなんだって」
「光苑社って大手の出版社じゃない」
 改めて写真を手に取って、写っている男性の顔を見ると、え? と思うほどのイケメンだった。
 頬から顎までがシャープなのは痩せ気味だから? 鼻筋もすっと通っていて一見ワイルドだけど、目が大きめなので全体としては優しげに感じる。
 俳優張り、とまではさすがに言わないけど、こんなイケメンが三十五まで独身って……それはそれで問題ありそうな気がするんだけど。考えすぎかな。

オススメ書籍

イケメン漫才師のいけないツッコミ!

著者花房観音
イラスト雨野森

客席の皆が、いやらしい姿を見ているよ。下から突かれて、じゅるじゅるにお汁を垂らして腰をふってよがりながら、男を咥えて離さない、どスケベなマネージャーを―奈由は二十四歳になる新進のお笑い兄弟コンビ、ナルオとトキオのマネージャーだ。ある日、テレビのレギュラーをちらつかせるディレクターに身体を奪われそうになる。そこを、救ってくれたナルオとトキオ…俺たちはそんなことをマネージャーにしてもらいたくないから…

この作品の詳細はこちら