夢中文庫

ご主人様とお呼びします!

  • 作家東万里央
  • イラスト仁藤あかね
  • 販売日2020/04/10
  • 販売価格600円

男爵令嬢キャロルは四歳のとき、道端にうずくまるひとりの少年と出逢う。母に捨てられ家も名前もないという。父親に頼みこみ少年を屋敷に連れ帰ったキャロルは彼に名前を贈り、ジェイクと呼び懐いた。その恩を胸に男爵家そしてキャロルに尽くすジェイクは、賢さを認めてくれた男爵の勧めで商売を学びに王都へ。そうして久しぶりに屋敷へ戻るとキャロルの婚約が決まったと聞かされ、心乱しながらも幸せを願うしかないジェイク。しかしある夜、屋敷に火の手が上がって……。大きく変わってしまうふたりの人生。行方が分からなくなった彼女を自分の手で幸せにしたい──懸命に探すジェイクの前にキャロルはメイドとして現れて!?

プロローグ
 むかしむかし、今よりちょっとむかし。
 あるところにたいそう可愛らしい男爵家のお嬢様がおりました。髪は朝の光を紡いだ金、瞳はサファイアを嵌め込んだ青、頬はマシュマロのように真っ白でした。
 さて、ようやく四歳を迎えたクリスマスも間近の日曜日、お嬢様は男爵のお父様と一緒に街へ出かけました。お嬢様のお出かけ用の帽子の注文と、ずっと欲しかったお人形を買うためです。外では音もなく淡い雪が降っておりました。
 ところが大通りに差しかかったころ、お嬢様はお気に入りの帽子ではなく、四つ角の一つにうずくまる男の子を見つけたのです。男の子の鳶(とび)色の髪はぼさぼさで、おまけにすえたにおいのする、ボロ布で体を覆っておりました。
 お嬢様は御者に頼んで馬車を止め、男の子のそばに駆け寄りました。男の子はがりがりに痩せていて、お嬢様より五、六才ばかり年が上に見えました。
「ねえ、あなた、なまえはなぁに?」
 男の子はお嬢様の無邪気な質問には答えません。ぎらぎらと光る目でお嬢様を睨むばかり。通りがかりのおせっかいが、お父様とお嬢様に声を掛けます。
「お嬢さん、そのガキには近付かないほうがいいぜ。ひどいにおいも卑しい言葉づかいも移っちまう。そいつはジプシーとのあいの子さ。母親の旅芸人の踊り子が三日前に、口減らしだって幌馬車から放り出していったんだ」
「まあ、じゃあ、それからずっとなにもたべていないの?」
 お嬢様はジプシーが何かを知りませんでした。ただ、街の人に嫌われているのだとはわかりました。けれども、お嬢様には男の子が何であろうとどうでもよいことでした。
 伸び放題な前髪のすき間から見え隠れする金の目が、聖夜の夜空に光る星よりもきれいだと思ったからです。
 お嬢様は顔をしかめるお父様を振り返り、愛らしい笑顔でおねだりをしました。
「おとうさま、わたし、ぼうしも、おにんぎょうもいらないわ。かわりにこのこをちょうだい?」
第一章「お嬢様と小間使い」
 ヘンリー・ウォード男爵の住まいは、繁華街から馬車で二時間の丘の上にあった。領地に暮らす人々が「萌黄(もえぎ)の館」と呼ぶ若草色の屋敷だ。二階建てで横広がりの造りになっており、こぢんまりとしているのもあるからか、豪華というよりは可愛らしい印象だった。
 馬車がゆっくりと萌黄の館の扉の前に到着する。
「まったく、お前は不思議な子だね。そんなところはお母様そっくりだよ」
 ヘンリーは馬車から降りた娘のキャロルを抱き上げ、続いておずおずと降りてきた少年を振り返った。
「ほら、君も来なさい。ああ、そうだ。ところで名前は? 年はいくつだい?」
 キャロルが顔を輝かせ、ヘンリーの腕の中から少年を見下ろす。
「わたしもききたい! あなたのなまえをよびたいわ!」
 すると、少年は恥じ入るように顔を伏せ、拳を握り締めて「名前は……ない」と答えた。
「母さんは、いつもおれを“あれ”か“おい”って呼んでいた……。だから、ないんだ。年は……多分十歳くらいだ。でも、九歳かもしれねえ。生まれた年も誕生日も知らねえ……」
「……それはひどい。親のすることじゃない」
 ヘンリーは少年の髪に手を埋めた。少年は身じろぎをして一歩後ずさる。
「だっ、男爵様、おれは乞食で汚い。触っちゃいけねえよ」
「汚いなんてことはないよ。それに、乞食である前に人間だろう」
 ヘンリーの言葉に少年が目を見開く。ヘンリーは特別なことを言ったつもりはないのだろう。「なら、名前を付けなくちゃな」と頷いていた。

オススメ書籍

仕掛けられた背徳~蜜に囚われた艷な華~

著者逢見るい
イラスト夢志乃

紳士的で優しい大好きな夫・潤一。夫とは正反対の、無礼で自由奔放な義弟の耀司。ひょんなことから居候をすることになった耀司に、ある夜秘密を握られてしまった桃香は、脅され、拘束され、強引に身体を奪われてしまう。「兄さんが可愛いアンタを弟に取られたって知ったら、どんな顔、するんだろうね」苦手で、関わりたくないと思っていたのに、こんなこと最低なのに……!いやらしい命令をされるたびにドキドキしてしまう。「俺が欲しいもの、兄さんは全部手に入れてるんだ。全部……」強引で大嫌いなはずの義弟を、いつからか男として意識するようになってしまう桃香。その夜、いつものように脅され、リビングで桃香が下着を脱いだとき――

この作品の詳細はこちら