夢中文庫

【the実録人妻3】溢れるほど感じて

  • 作家藤崎淳美
  • イラスト
  • 販売日2012/11/9
  • 販売価格100円

某スポーツ紙の連載ルポ「風俗*人妻本音がたり」がついに電子書籍化!「溢れるほど濡れちゃった……」。妻たちの婚外性愛事情はここまで大胆に!?大量潮吹きするカーセックス好きの貞淑妻、募集告知でセックス相手を探す美人妻、恥ずかしがりやのデリヘル嬢の放尿サービス、露出オナニーに燃える痴漢願望妻、淫乱オナニー癖のアナル快感妻、乱交パーティーに参加する迷走妻、3Pを求められる便利屋妻、遠距離交際に燃える巨乳妻など、生身の彼女たちのアブノーマルな欲求をリアルに伝える渾身のレポート。取材から実話を元に構成した人気シリーズで奔放人妻エロスに大接近!

Vol.1 コンビニ駐車場で大量潮吹きするカーセックス好きの清楚妻

ラブホテルよりも車内のエッチが燃えるのは、スケベ妻の熟した肉体がより強く刺激を求めているからなのかもしれない。婚外交際のカーセックスにはまっているのは、ご近所でも評判の子供好きな美人ママだ。

取材場所のシティホテルロビーに現れた彼女は長い黒髪に人懐っこい笑顔を浮かべたチャーミングな女性だった。

取材から実話をもとに構成するこのシリーズ、まずは今岡真由美さん(仮名=45)のケースを紹介しよう。

*********

家庭と子供で手一杯だった真由美が変わったのは、パソコンの友達作りネットワークに登録してからだ。個人プロフィールや日々の出来事を綴り共有する交流サイトで同窓生を通じて橋田知彦と知り合い、メールでやり取りするようになった。アパレル勤務の彼に、真由美が学校行事用スーツを注文したことをきっかけに、二人は急速に親しくなる。平日休みの橋田は、子育てに忙しい彼女に合せて車で迎えに来てくれた。

「今日は約束通りノーパンで来てくれたのかな」

橋田は貞淑な人妻である真由美を困らせるような課題を出してくる。

「意地悪なんだから」

「その方が真由美の顔が色っぽくなってくるから」

そう言ってふとももを撫でられるだけで、彼女が昂ぶるのを彼は見越しているようだった。橋田との交際によって、真由美の中で何かが変わり始めている。

オススメ書籍

花舞い 雅狼2 ~祠☆闘士シリーズ~

著者朝陽ゆりね
イラストもなか知弘

「抱ければどこでもいいと思っていたが、これからは時間に余裕もできるから、行きたいところに連れていってやる」矢代征一朗は矢代地所の取締役社長だが、六月末で退職する。魔を祓う『破魔矢』一族束ねの務めを果たし、興味のある経営学研究に時間を費やしたいからだ。そんな冷徹無情と恐れられる男の心を虜にした九条舞。白蛇の力を持つ彼女だが、実は『魔』を魅せる「負」が本質であると発覚する。高級ホテルで樺山友里と名乗る女性に操られた舞は、真っ赤なドレスと装飾品に飾られ、バラのような痣を胸元に付けられてしまう――。捨てられることを恐れる舞と、孤独が当たり前だった征一朗、相手を愛しく想い強い絆で結ばれる二人の運命が絡まり合う――。

この作品の詳細はこちら