夢中文庫

絶倫魔王は新妻聖女の秘蜜に夢中!?

  • 作家冬島六花
  • イラストルシヴィオ
  • 販売日2021/1/15
  • 販売価格500円

「君の蜜を、夜ごと俺に吸わせてくれ!」――王女として育ち婚約も決まって幸せだったヘンリエッタ。しかし突如、魔王に生贄として捧げる聖女に選ばれてしまう。泣く泣く嫁いだヘンリエッタだが、魔王コンラッドは寡黙ながらも優しく、夜ごと極上の愛撫で蕩かされて!? 次第に魔界での新婚生活にも慣れ、コンラッドを慕い始めていくヘンリエッタ。彼の本心を知りたい──相棒の魔法鳥から渡された薬を使うと、コンラッドの心の声が聞こえるように! 「愛している」そんな彼の本音を聞けば、恋心はますます燃え上がるばかりで……。ヘンリエッタに隠された秘密と、魔王の花嫁に選ばれた真の理由とは──。

プロローグ
 逞しい胸板、筋肉のついた二の腕、人を射抜くような冷たい紫色の瞳──。
 恐ろしいほどに存在感のある魔王に、聖女ヘンリエッタは抱かれていた。
(ああ、また今日も……)
 大きな掌(てのひら)が、ヘンリエッタの白い胸を包む。
 ゴツゴツとした手が滑らかな肌を這い回ると、それだけで全身が粟立つような感覚に襲われる。白銀色の長い髪を揺らして、ヘンリエッタは息を呑んだ。
(駄目よ、感じてしまうわ)
 魔王の手は、思いのほか優しい。まるで大切なものを扱うような仕草に、ヘンリエッタの心にさざ波が立つ。
『なんて可愛いんだ。食べてしまいたい……愛している!』
 突然、魔王の声が上から降ってきた。
(コンラッド様……!)
 熱烈な言葉に驚いて、ヘンリエッタは魔王を見つめる。
 しかし彼は、いつものように険しい表情をしているだけだ。
 その声の調子は、普段の彼とは違う。彼自身の声ではなく、洞窟の奥で響くような、不思議な声音……。
『ヘンリエッタ、なんて美しくて可愛らしくて……そしていやらしい姫だ!』
 ふたたび、声が降り注ぐ。
(そんな、コンラッド様! いやらしいだなんて……)
 恥ずかしさと喜びのあまり、ヘンリエッタは目をしばたたかせて魔王を見る。
 魔王は、少し切なそうな表情でヘンリエッタを抱き締めている。
(コンラッド様の本音を聞けるなんて、嬉しくてたまらないわ)
 ヘンリエッタは思い出す。
 この城へやってきてからすっかりヘンリエッタの良き相談役となっている、極彩色の魔法鳥のことを。
(パティがこの薬を教えてくれたおかげね)
 陶然とした表情で、ヘンリエッタは彼を見つめる。
『そんなに可愛い瞳で、俺を見ないでくれ』
 魔王はヘンリエッタをぎゅっと抱き寄せた。
「コ……コンラッド様?」
 その動きに、ヘンリエッタは戸惑ってしまう。
『ヘンリエッタよ、どうか怖がらないでくれ』
 無言のまま、魔王はヘンリエッタをぎゅっと抱き寄せる。背中に触れる大きな手は、優しくヘンリエッタを撫でる。
(コンラッド様、違います、私は決して、怖がってなどおりません)
 大柄な男がふとした合間に見せるその弱い姿に、ヘンリエッタの胸はときめく。
 魔王コンラッドは実は人間と変わらないのかもしれない──そんな風に思ってしまう。
(ああ、良かった。パティに相談して。パティの言葉は、間違いではなかったようね)
 魔王の胸に顔をうずめて、ヘンリエッタは独りごちる。
 魔法鳥パティが差し出してきた秘密の薬。それはたしかに、恋人たちの夜に効果を発揮するようだった──。
第一章 王女は聖女に選ばれて
 ブライトフィールズ王国は、大きな島の東側に位置する国である。高い山がなく開けた土地に草原の広がる温暖で多湿な農業国であり、大陸との間での交易も盛んだ。島国のため他国から攻められることもなく、ここ数百年の間は平和を維持してきた。

オススメ書籍

友達宣言から始まる恋~スパダリDr.は私の脚に魅せられる~

著者連城寺のあ
イラスト夢志乃

「葉さん、キスしてもいい?」キスって、脚?唇?どっちに!?――高野葉は、仕事に集中するあまり、突然彼氏に振られてしまった! 失恋に落ち込む葉は、友人と訪れた店で魅力的な男性を見かける。葉の好みド真ん中な人だったが、縁はないだろうと思っていたそんなある日。いなくなった飼い猫の捜索中に大けがをし、搬送先の病院で医師をしているあの時の男性・園田に再会する! しかし運命的な再会に喜んだのも束の間、彼が素敵な女性と歩くのを目にし、二度目の失恋に落ち込む葉だったが……またも運命的な再・再会で、失恋した者同士だと発覚し意気投合! 友達関係になった二人だけど……園田の挙動に、葉はドキドキしっぱなしで……!?

この作品の詳細はこちら