夢中文庫

疾走愛~スーツを着た恩人の色に染められてしまいました!~

  • 作家ぐるもり
  • イラスト竹輪つぼみ
  • 販売日2020/10/20
  • 販売価格500円

スーツ販売員の梨央は、意図せずオーダーメイド専門店に異動になり仕事への意欲を失いかけていた。ところがある日、大切な仕事道具が入った鞄をひったくられてしまう! 仕事も鞄も全て諦めかけたその瞬間、屈強な男性・向田に助けられて――「俺は元々諦めの悪い性質(タチ)だったなって思い出したんだ」熱っぽい視線とともに投げかけられた言葉を皮切りに、恩人からの猛アタックが始まる。遠慮なく触れてくる向田の指は熱を帯び、のぼせる寸前! ときめく胸を抑えられない梨央だったが、彼に深く傷を残している後悔を知って――? 一目惚れから始まる爽快感MAXな溺甘ラブストーリー!

①ひったくり、のち、運命?
 誰しも一度は仕事を辞めたいと思ったことがあるはずだ。『岩本(いわもと)梨央(りお)』と書かれた社員証を揺らしながら、そんなことをふと考える。なぜなら、梨央も先ほどまで今の仕事を『辞めたい』と思っていた。昼食を食べに出かけた帰りに、こんな目にあうなんて。自身の考えを後悔し、不幸を嘆いた。
 梨央は、スーツとカジュアルウエア専門店SUIT KINGDOMに勤務している。以前は都内有数の売り上げを誇る店舗に勤務し、年間売り上げのトップとなった。来店した客をとにかく捌くことを目標とし、忙しくも充実した日々を送っていた。しかし、この春、社内にオーダーメイドスーツ部門が設立され、それに伴い店舗が異動となった。オーダーメイドスーツ専門店は、一日に客が数組あるかないか。客を回し、一度に数着のスーツを売り上げ、見たことのないセールス記録を叩きだす。そんな風に忙しくしてきた梨央にとって、今の職場はとても退屈だった。
 そう思っていたからだろうか。だからこんな目にあってしまったのか。梨央は自分の浅はかな考えを後悔していた。
 ──返して!
 荒くなった息と、もつれる足。そう叫びたくても、漏れ出るのは短い呼吸のみ。まっすぐに手を伸ばすが、もちろん相手には届かない。呼吸をするだけで、肺がはち切れそうなほど苦しい。
 そして、追いかける相手はドラマや漫画のような愛しい人などではない。追いつきたくても追いつけない、犯罪者。自分が肩にかけていたバッグを奪い取ったひったくり犯だ。今は夜道でも、人気のない道でもない。目抜き通りのど真ん中で、しかも人通りの多い昼時だ。そんな時間にひったくりに遭うなど誰が考えただろうか。少なくとも、自分はその危険性を全く考えていなかった。
「かえ、し……」
 懲(こ)りもせず、ひったくり犯に手を伸ばす。しかし、当の犯罪者は人ごみの中をすいすいと駆け抜けていく。人通りが多く、すぐに犯行に気づいてくれるだろうと思っていた。しかし、裏を返せば、相手は人ごみにまぎれることもできるのだ。誰も自分の異常に気づいてくれない。警察に通報したくとも、スマートフォンはバッグの中だ。誰かに通報を頼む間に、犯人は逃げ去ってしまうだろう。
 財布の中の現金は多くない。クレジットカードも今日は持ち合わせてない。銀行キャッシュカードは、あとで連絡すればいい。そう思えば、バッグを諦めてしまってもいいかもしれない。
 しかし、どうしても。どうしても諦めきれない理由がある。
 盗まれたバッグは、勤続五年の際に貰ったセミオーダーのものだ。色、素材、形をカタログから選び、組み合わせて作った思い入れの深いバッグだ。その中には先ほど頭に浮かんだ貴重品のほかに、大切なものが入っている。
 退屈な仕事を辞めて、全てを捨ててしまおうかと思っていた。けれども、実際手元から離れると、大切さを改めて理解する。人間だれしも、当たり前にあるものを大切に思えないのと同じように。

オススメ書籍

双鬼と暁の囚われ姫~吸血の悦楽に惑う純真~

著者熊野まゆ
イラストルシヴィオ

「おまえのすべてが欲しい。血も肉も、心もすべて俺のものだ」――
山奥の村で平穏に暮らす光瑠はある日、兄に連れられて絢爛な城へ上がることに。
わけがわからないまま暁光一族の跡を継げと言われて戸惑う。
反発した光瑠は暁光の当主の怒りを買って地下牢に入れられてしまう。
囚われた光瑠のもとへやってきたのは、残虐非道な紅い瞳の吸血鬼、哉詫。
双鬼一族の城へとさらわれた光瑠は無理やり体をもてあそばれる。
そんなとき、哉詫とそっくりな男、遥我に遭遇する。彼らは双子だった。
初めは双鬼の城から逃げ出そうとしていた光瑠だが、しだいに気持ちが変化する。
囚われの姫と双子の吸血鬼――想いが交錯する和風ラブファンタジー。
☆★挿絵入り★☆

この作品の詳細はこちら